【必読】12月の「ポケモンGOコミュニティ・デイ」で覚える特別なわざ一覧とオススメ優先順位度

未分類
この記事は約7分で読めます。

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 道具箱の上限は解放したかな? ぶっちゃけお兄さんは「道具箱は別にいいかな?」なんて思ってたんだけど、ふとした瞬間に2500まで一気に解放しちゃったよ!! 完全に勢いィィイイイイッ! でも勢いって大切じゃん?

それはさておき、2019年12月のポケモンGOコミュニティ・デイは、昨年同様「スーパーコミュニティ・デイ」となっている。出現するポケモンはもちろんのこと、中でもアツいのが2日間だけ覚えられる「特別なわざ」だ。そこで今回は各ポケモンが覚える特別なわざと、オススメ順位をご紹介しよう。

・1年に1度のチャンス

2019年12月14日(土曜日)と12月15日(日曜日)の2日間に渡って開催される12月のポケモンGOコミュニティ・デイ。概要については改めてお伝えするが、少々早めに知っておいて欲しいのが2日間だけ覚えられる「特別なわざ」である。

特別なわざは強力なものが多く、また1度タイミングを逃すとそう簡単には習得できない。元々のステータスが高いポケモンでも「特別なわざを覚えてないからイマイチ」なんてことは多いので、この機会に絶対に習得するようにしよう。なお、ジャッジはお兄さんの独断なので、後からの文句はなしだぜ☆

・ピカチュウ(なみのり)

貴重なみずタイプのわざではあるが、ぶっちゃけ優先順位度は低い。また他のポケモンと違い捕まえた時点で なみのりを覚えているので、イベント当日に頑張ろう。

・カイリュー(りゅうせいぐん)

りゅうせいぐん自体は強力なわざだが、カイリューが普通に覚えられる「げきりん」もかなり強力なので、そこまでムキになって覚えさせるほどではない。どちらか迷ったら、個人的には迷わず使い勝手のイイげきりんにする。

・フシギバナ(ハードプラント)

絶対に覚えさせるべき。レイド用とスーパーリーグ用、さらにはハイパーリーグ用と3体に覚えさせるべき。それくらい「ハードプラントフシギダネ」は強力だ。ロケット団戦でも大活躍するので、作っておいて絶対に後悔はしない……ハズだ。

・デンリュウ(りゅうのはどう)

現状、PVPで活躍の場がなく、ハッキリ言えば微妙。レイドでもデンリュウより強力なでんきタイプ、ドラゴンタイプのポケモンは多いため、無理することはない。

・リザードン(ブラストバーン)

PVPでほのおタイプがほとんど活躍できない現状では、レイド用に1体覚えさせればいいかなー、といった感じ。ただし、ほのおタイプには他にも優秀なポケモンが多いので、高個体値のヒトカゲがいたら、とりあえず覚えさせておく程度でいいだろう。

・バンギラス(うちおとす)

メチャメチャ使えるから絶対に覚えさせるべき。バンギラスは「いわタイプ」としても「あくタイプ」としても優秀なので「かみつきバンギラス」と「うちおとすバンギラス」の2体を育てたい。対ロケット団でも大活躍間違いなしだ。

・カメックス(ハイドロカノン)

スーパーリーグ、マスターリーグ用に覚えさせたい。レイドでも使えないことはないが、みずタイプには優秀なポケモンが多いので、無理をするほどでもない。それよりは特にスーパーリーグ、ハイパーリーグ用のカメックスにハイドロカノンは必須だ。

・イーブイ(とっておき)

スーパーリーグ用のブラッキーにはマストで覚えさせたい。その他のシャワーズやサンダースはスルーでもOKだが、あく技しか覚えないブラッキーにノーマル技の「とっておき」は超貴重だ。進化先が多くて迷ったら、スーパーリーグ用のブラッキーが断トツでオススメ。

・メガニウム(ハードプラント)

スーパーリーグ、ハイパーリーグ用に覚えさせたい。特にスーパーリーグではかなり活躍できるので、優先順位は上位である。逆にハードプラントを覚えていないとそこまで強くないので、やはり習得は必須だ。

・メタグロス(コメットパンチ)

レイド用にマストで覚えさせたい。強力で発動も早いコメットパンチは、まさに特別なわざの極み、とでも言うほど強烈。コメットパンチを覚えてるかどうかで、メタグロス自体の価値まで変わってくるほど習得は必須だ。

・バクフーン

PVPでの活躍が難しいほのおタイプだからスルーでOK……と言いたいところだが、バクフーンに関してはやや違う。というのも、バクフーンはノーマルアタックでゴースト技の「シャドークロウ」を使えるため、今度大化けする可能性がある……らしいのだ。スーパーリーグ用に作っておくと、今後もしかしたら活躍するかもしれない。

・オーダイル(ハイドロカノン)

PVPで活躍する みずタイプなので、とりあえず作っておいてイイだろう。また、レイドでも使えなくはない。ただし、同じくハイドロカノンを覚えるカメックスやラグラージと比べると、やや優先順位は下がる。

・マンムー(げんしのちから)

ステータスが高いので、レイドやマスタリーグでは活躍できるが、その際の技は「こなゆき+ゆきなだれ」がスタンダードだ。げんしのちからは10 %の確率で自分の攻撃力と防御力を上げる効果があるが、ハッキリ言って使いづらい。ゆえに優先順位は低め。

・ジュカイン(ハードプラント)

フシギダネと比べると運用は難しいが、ジュカインもスーパーリーグで活躍できる。打たれ弱いのが難点だが、技の構成次第ではデオキシスやブラッキー対策も可能だ。その際、スペシャルアタックの1枠はハードプラントが必須。それくらいハードプラントは優秀なのだ。

・ボーマンダ(げきりん)

レイド用にマストで覚えさせたい。カイリューとは逆で、普通に「りゅうせいぐん」は覚えられるが、発動の早さなどをトータルで考えると「げきりん」の方が使い勝手は上。げきりんを覚えていてこそ、ドラゴン軍団の一員にふさわしい。

・バシャーモ(ブラストバーン)

バシャーモは攻撃力が高いので、レイド用に覚えさせておいてもいい。かくとうタイプとして使う場合は「きあいだま」で、ほのおタイプで使う際は「ブラストバーン」が理想的だ。

・ケッキング(のしかかり)

ジムの防衛でケッキングを使う人は覚えさせておくといいかなぁ、程度。高個体値のナマケロがいれば覚えさせておこう。

・ラグラージ(ハイドロカノン)

スーパーリーグ、ハイパーリーグ用にマストで覚えさせたい。特にスーパーリーグの「ハイドロカノンラグラージ」は、スペシャルアタックの発動が最速クラスである。逆にハイドロカノンを覚えていないラグラージは価値がグッと落ちてしまうほど、ハイドロカノンは絶対だ。

・サーナイト / エルレイド(シンクロノイズ)

余裕があれば両方に覚えさせておきたいが、優先順位が上なのは攻撃力が高いサーナイトの方。どちらの場合もレイド用の一択だ。フェアリーとしても優秀なサーナイトだが、エスパータイプとして使う際のスペシャルアタックは「シンクロノイズ」が使いやすい。

・ドダイトス(ハードプラント)

くさタイプはトレーナーバトルで活躍できるので、スーパーリーグ、ハイパーリーグ用に覚えさせておいてもいい。ただし、フシギダネほど優先順位は高くないかな~? といったところ。良個体値のナエトルがいれば。

・フライゴン(だいちのちから)

スーパーリーグ、ハイパーリーグ用に覚えさせたい。とはいえ、普通に覚える「じしん」が優秀なので、無理なら無理でもあきらめがつくレベルである。良個体値のナックラーがいたら覚えさせておこう。

・ゴウカザル(ブラストバーン)

ほのおタイプはPVPでの活躍が現状厳しいため、無理をするほどではない。またレイドで活躍するほのおタイプの中では、超強力とは言い難いのでこちらも優先順位は低め。とはいえ、ブラストバーン自体は強力なので余裕があれば覚えさせておいていいハズだ。

整理すると、絶対に特別なわざを覚えさせたいのは「フシギバナ」「バンギラス」「カメックス」「ブラッキー」「メガニウム」「メタグロス」「ボーマンダ」「ラグラージ」「サーナイト」あたりだろうか。いずれにせよ、どこで使うのかを見極めて、最適な個体値のポケモンを用意しておくといいハズだ。

とは言いつつも、12月のコミュニティ・デイまでの残り時間は意外と少ない。お手持ちのボックスを確認しつつ良個体値がいなければ、巣に出かけることも視野に入れておくといいだろう。なにせ、特別なわざを覚えられる機会は滅多にないのだから。

とにもかくにも、コミュニティ・デイ当日までに最善を尽くして、特別なわざを覚えさせる準備をしておこう。それではトレーナー諸君の健闘を祈る!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. c1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)

コメント

タイトルとURLをコピーしました