作業着屋「無法松」で見つけた防水防寒スーツが超あったけえ! 九州の作業用品店いうたら男前すぎる無法松!

未分類
この記事は約3分で読めます。

最近オシャレな「ワークマン」が大人気だが、九州で最も馴染み深い & 気合いが入っている作業着屋といえば、やはり「無法松」だ。名前から放たれる圧倒的な迫力と無骨な店構えは、九州男児を中心に多くのファンに支持されている。とにかくスゲー強そうなのがイイ。

もちろん九州にもワークマンはあるが、なんとなく寒い冬は男前な無法松さんに温めてもらいたい。というわけで自宅近くの店舗を訪ねてみたところ、コスパ最高レベルの防水防寒スーツを見つけてしまった。上下セットで4300円だと……? これは買いかも!

・無法松へ

ガテン系な現場仕事に必要な作業服、作業用品がズラリと揃っている無法松の店内。ちなみに無法松のオリジナル商品といえば「軍手」だ。現場作業において最も重要なアイテムである「軍手」にフォーカスを当てるとは……。さすが、ザ・作業着屋の無法松である。

さて、軍手コーナーをチェックした後に見つけたのが、冒頭でお伝えした税込み4300円の防水防寒スーツだ。こちらレインウェアメーカー・マックが作った「サーモセイバーⅡ」なる防寒レインスーツとのこと。簡単に言えば、ガチの “雨がっぱ” である。

値札を見ると通常5800円だが、期間限定の特別価格で4300円とのこと。ガテン系のブ厚い雨がっぱなら、過酷な冬でも耐えられるハズ。外作業も余裕だろう。ということで購入することにした。

なお、ワークマンでは同商品の取り扱いはないという。無法松に選ばれた防寒スーツの実力とは……。

・サーモセイバーⅡ

結論から言うと、上下真っ黒のレインスーツはかなり地味な見た目……だが、防寒装備はかなり優秀だった。まず上着・ズボンともに、裏地は肉厚な中綿がキルティング加工されていて保温性抜群。

そして、リストガード機能で手首のスキマを完全にシャットアウト。外で作業をする際には、この上から軍手をすればOK。機能性は十分高いと言えるのではなかろうか。では、実際の着心地や動きやすさはどうだろう。

・超あったけー

ってことで、実際に着てみると……なかなか重い。ズシッとくる重さだが、その分スゲーあったけぇぇ。首元部分はマフラーを巻いているような温かさである。んで、ズボンのゴムがキツめで調節ヒモもあるため、ズレ落ちの心配がない。なかなか動きやすいぞ。

また、脇が突っ張らない構造なので、肩回りもまったく苦しくない。ただ、ズボンにポケットがないのは少し不便かも。でもまあ気になった点は、そのくらいだ。防寒機能はもちろん耐久性と動きやすさも十分。コスパに優れた防寒スーツと言えるだろう。

快進撃を続けるワークマンの作業服とアウトドアウェアばかりが注目されがちだが、無法松にも頑丈かつ高機能で使い勝手抜群のアイテムがたくさん並んでいる。ツウ好みの渋い作業服も揃っているので、機会があれば無法松にもぜひ足を運んでみてほしい。

参考リンク:無法松マック
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

タイトルとURLをコピーしました