【ポケモンGO】トレーナーバトルの鬼がオススメする「スーパーリーグ用に育てたいポケモン」その16~20

未分類
この記事は約5分で読めます。

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 12月のコミュニティ・デイに向けての準備はしているかな? お兄さんはハイパーボールを溜め込むために「パイルのみ」を全捨てしたところだよ! とりあえず、最低1500個は目指したいよね!!

その12月のコミュニティ・デイでは様々なボーナスが発生するが、最大級の目玉はやはり「特別なわざの習得」だろう。言うまでもなく2020年から開始が予告されている “GOバトルリーグ” を勝ち抜くためには「特別なわざ」と「PVP用ポケモンの育成」が必須だからだ。ただし、それ以外にも育てるべきポケモンはまだいるぞ!

・トレーナーバトルの鬼がオススメ

これまで3回に分けて合計15種類の「スーパーリーグ用に育てたいポケモン」をご紹介してきたが、まだまだスーパーリーグで活躍するポケモンは存在する。普段はなかなかスポットライトが当たらないポケモンが大活躍するのも、PVPのイイところであろう。

さて、今回も話を聞かせてくれたのは “トレーナーバトルの鬼” ことAさんである。自ら全ポケモンのデータを作成し、昼夜PVPの研究にいそしむAさんだが「立ち回りが下手なので、僕はそんなに強くないんですよ。ガチ勢はヤバいです」と語っていた。鬼すら恐れるガチ勢の凄まじさ……怖すぎ☆

それはどうでもいいとして、今回紹介してくれた5種類のポケモンも、Aさんの話を聞いたら育てたくなること間違いなし! もしかしたらあなたのポケモンBOXに “ベスト個体値” のポケモンが眠っているかもしれないぞ。それでは以下をご覧あれ。

チャーレム

「チャーレムの防御面のステータスは、デオキシスなどと比べるとやや見劣りします。ただ、現在のスーパーリーグでは最強のかくとうポケモンと言っていいでしょう。最大の魅力はやはり “グロウパンチ” が打てるところですね。とにかく発動が早く、攻撃力が25%アップすることはもちろんのこと、相手にシールドを使わせるブラフとしても使えます。

ただし、最近になってグロウパンチの威力が下方修正されてしまいました。とはいえ、スペシャルアタックは “ばくれつパンチ” か “グロウパンチ” を軸に “れいとうパンチ” か “サイコキネシス” を入れるといいでしょう。ノーマルアタックは “カウンター” が基本です。またチャーレムのベスト個体値は100%なので、意外と持っている人も多いかもしれません」

ヤミラミ

「ヤミラミの防御面のステータスはチャーレムよりさらに劣ります。シールドを使わないと厳しい戦いになるでしょう。ただし “あく / ゴーストタイプ” なので、弱点がフェアリーしかないんですね。しかも かくとう技に耐性があり、さらにエスパー技には2重耐性があるところが最高です。

それだけではなく、ヤミラミは技の構成が本当に優秀です。ノーマルアタック最強の“シャドークロー” が使えますし、スペシャルアタックの “イカサマ” と “パワージェム” も強力です。多くのトレーナーが使用するデオキシスを余裕で倒せますので “デオキシスキラー” と言っていいでしょう。ヤミラミもベスト個体値は100%です」

ナマズン

「PVP初心者こそナマズンを育てるべきでしょう。というのも、至るところに湧くため厳選が容易で、なおかつスペシャルアタックの解放がほしのすな1万で済むのは大きいです。そして何よりナマズンは、あんなのんびりした顔をしているのにメチャメチャ強いんですよ。

ステータス的にはHPが高く、“みず / じめんタイプ” なので、でんき・いわ・どく・はがね・ほのおに耐性を持っています。つまり、最強の一角 “レジスチル” を筆頭に、多くの はがねタイプ対策になるんですね。ただし、くさタイプは2重弱点のため瞬殺されますのでご注意ください」

ランターン

「ランターンは非常にステータスが優秀です。“みず / でんきタイプ” なので、多くのトレーナー使用するみずタイプ対策になりますし、こちらも多くのトレーナーが利用する “エアームド対策” としては、最強の性能と言っていいでしょう。

厄介なのはそこまで湧かないので厳選が難しいところですね。また、スペシャルアタックの発動がやや遅いのも難点です。ランターンに関しては、次にご紹介するポワルン(あまみずのすがた)と比較して、どちらかを育てるのがオススメです」

ポワルン(あまみずのすがた)

「ランターンと比べると、ステータス的には みずポワルンの方が劣ります。ただし、ランターンよりも回転が早いんですね。ノーマルアタックをみずでっぽう、スペシャルアタックをウェザーボールにしておくと、スペシャルアタックをバンバン打てます。

また “かみなり” が打てますので、こちらもエアームド対策としては十分な性能です。基本的には雨天時に出現するのでブーストがかかってしまっていますが、雨上がりの曇り判定時に積極的に狙いたいところです。ランターンもみずポワルンも、みず対策で使えるのがいいですね」

いかがだろうか? 今回も育てたくなるポケモンばかりだが、チャーレムとヤミラミは個体値100%がベストなので、もしかしたらポケモンBOXに眠っているトレーナーも多いかもしれない。とはいえフル強化が必要だから、大量のほしのすながかかることも覚悟しておこう。

というわけで、来るべき「GOバトルリーグ」に向け、各自着々と準備を進めていただきたい。またそれぞれのベスト個体値については、ロケニューポケモンGO部の公式Twitterで発表しているぞ。ドジョッチをアメにしてる場合じゃない! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. c1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)

タイトルとURLをコピーしました