【全面喫煙可】昔ながらの喫茶店で頼んだ「ハンバーグスパゲッティ」が昭和世代ドストライクの美味しさだった! 福岡県小倉駅『グリーングラス』

未分類
この記事は約3分で読めます。

福岡県北九州市の小倉駅といえば、南口側が繁華街として賑わっている一方、北口(新幹線口)側は静かで落ち着いた雰囲気である。そんな北口から歩いてスグの場所にあるのが『グリーングラス』という名の喫茶店。いかにも昭和な佇まいの名物店だ。

なかでもファンが多い人気メニューとされているのが、鉄板ナポリタンの上に手作りハンバーグをドンッとのせた「ハンバーグスパゲッティ」らしい。純喫茶のナポリタンという時点ですでに美味しそうだが……ハンバーグがONとなれば無敵だろう。これは食べるしかねえッ!

・全面喫煙可

グリーングラスは、小倉駅北口を出て左手に進むと見えてくる。年季の入った「キーコーヒー」の青い看板が目印だ。ちなみに、お店は小倉駅に新幹線が開通した1975年に創業。つまり40年以上の長きにわたって営業していることになる。

やや遅めのランチで14時過ぎに入店すると、店内は今どき珍しく全面喫煙可。各テーブルには灰皿がバッチリ置かれている。喫煙者にとっては “聖地” と呼ぶにふさわしい場所だが、苦手な人もいるだろう。昼時ピークの時間はモクモクとのことだ。まあ個人的には問題なし。

・ハンバーグスパゲッティ

さて、喫茶メニュー・食事メニューともに充実しているが、注文したのはもちろん「ハンバーグスパゲッティ(750円)」だ。私はタバコを吸ったことがないが、タバコを吸いながらのんびり料理を待つのも良い気がする。そう思っていると、熱々のやつが運ばれてきた……。

ハンバーグの迫力ハンパじゃねぇぇ!!

なんて挑発的なビジュアルなんだ。空から降ってきた隕石のようなオーラを放つハンバーグ。こ、これが噂の名物グルメか……とりあえず、湧き上がる湯気とジューッというサウンドが食欲をそそりまくるな。マジでテンション上がるぜぇぇえええ!

ってことで、まずはハンバーグにナイフを入れると……おおお~スッゲーふんわり切れる! 隕石かと思いきやマシュマロのような柔らかさ。そんでフォークで上から押すと肉汁がじゅわっとあふれ出るゥゥウウウウー!! これは絶対に美味しいやつです!

食べてみると、フワッと柔らかい食感でガッツリ濃い目の味付け。昭和世代ド真ん中の美味しさである。そしてマジかよ……スパゲッティも超濃いなおい! 食べ応えがあるから、たとえば、午後から気合いを入れたいビジネスマンはランチに食べておくといいだろう。

・リピーターが多いのも納得

とにかくハンバーグもスパゲッティも具材は極端にシンプルだが、ソースの濃さがヤミツキ必至。記憶に焼き付くビジュアルも相まって、リピーターが多いのも納得である。完全に「腹が減った時に思い出すやつ」だなこれは。

なお、同店は朝8時から営業しているので、地元の方はもちろん出張などの用事で小倉駅周辺に泊まる方にもオススメだ。落ち着いた喫茶店だから、打ち合わせなどにも使えるだろう。小倉を訪れることがあればぜひ一度お試しあれ。

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

店名 グリーングラス
住所 福岡県北九州市小倉北区浅野1-2-6
時間 8:00~21:00
休日 不定休

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

タイトルとURLをコピーしました