【第4弾】『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』特別Wインタビュー!「俺たちだからできたフィンとポー」

未分類
この記事は約7分で読めます。

2019年12月20日、いよいよ映画『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』が公開される。今年も多くの話題作が公開されてきたものの、やはり最後のスター・ウォーズとなる今作以上の注目作品はないだろう。

ロケットニュース24では映画公開を記念して、監督やキャストの5連続インタビューを公開中だが、今回は第4弾! フィン役の「ジョン・ヴォイエガ」と、ポー・ダメロン役の「オスカー・アイザック」のWインタビューをお届けする。

・欠かせないキャラクターたち

エピソード7「スター・ウォーズ / フォースの覚醒」から始まった新3部作の主役がレイならば、フィンとポーは準主役級の立ち位置だ。両者の存在抜きに新3部作を語ることはできず、当然今作でもそれぞれに見せ場があるものと予測される。

魅力的なキャラクターが多く登場することもスター・ウォーズの魅力の1つだが、果たして2人はどんなことを心がけながらフィンとポーに命を吹き込んだのだろうか?

──お二人はすでに作品をご覧になっていると思いますが、まずは率直な感想をお聞かせください。

ヴォイエガ「そうだね、とても楽しめたよ。これから2回目を観るのが楽しみだね。僕も1度だけで全てを理解したワケじゃないから、ファンのみんなも何度も観て楽しんで欲しいな」

──なるほど。

ヴォイエガ「役者としても、とても多くのことを経験させてもらった。だってこれは最後のスター・ウォーズだからね。みんなに観てもらえるのが本当に楽しみさ」

──アイザックさんはどうですか?

アイザック「とにかく圧倒されたよ。スケール感もそうだし、様々なストーリーが複雑に絡み合っているんだ。スター・ウォーズの最終章となる作品だっていうのもあるし、あとは自分の芝居がちゃんと出来ているかも気になったね(笑)」

──ふむふむ。

アイザック「ヴォイエガと一緒で僕も早く2回目が観たいよ。やっぱり自分が出ている作品だから、1回目の上映じゃなかなか客観視できないからね」

──そうですか。予告を見る限りだと、今回はあなたたち2人にレイを加えた3人で行動することが多そうですよね?

ヴォイエガ「そうだね、3人とも毎日が冒険だったよ。一緒にいて……そうだな、僕は自分がこんなにもアイザックを愛しているのかと毎日思っていたよね(笑)」

──ハハハ。

ヴォイエガ「それは冗談として、今回はダークな部分もあれば明るい部分もある。そういう意味ではスター・ウォーズの王道みたいな作品になったんじゃないかな」

──なるほど。アイザックさんはいかがでしょうか?

アイザック「彼の言う通り、今回は3人で行動する時間が本当に多かったんだ。エピソード9はこの3人が冒険する物語でもあるから、2人とは本当に多くの時間を共有したよ。和気あいあいとやれたし、2人との友情も深まったんじゃないかな」

・俺たちがキャラクターに与えた影響

──ふむふむ。さわりはコレくらいにして、今回お聞きしたかったことをお伺いしますね。それぞれのキャラクターがあなたたちに与えたもの、逆にあなたたちだからこそキャラクターに吹き込めた命はなんですか?

ヴォイエガ & アイザック「うーーーーん」

──ディープな質問ですので、ゆっくり考えてください。

アイザック「そうだな……。僕とポー、どちらがどちらに影響を与えているのかは非常に難しいね。やっぱり単なる役者とキャラクターの関係じゃなくて、相互作用があると思うんだ」

View this post on Instagram

"We are the spark that'll light the fire that'll burn the First Order down.” #MondayMotivation from the Resistance’s ace pilot.

A post shared by Star Wars (@starwars) on

──なるほど。

アイザック「僕たち俳優の仕事は、与えられたストーリーの中でキャラクターを演じていくことなんだけど、今まで演じてきた役と比べてもポーはやっぱり難しかったよ」

──具体的にはどのあたりが難しかったのでしょうか?

アイザック「最初から3部作ってことは決まっていたんだけど、2番目の作品、3番目の作品でポーがどうなるかわからないからね。そこは挑戦が必要な部分だったんじゃないかな」

──なるほど。

アイザック「フォースの覚醒はJJが、最後のジェダイはライアンが、そして今回はまたJJが脚本を手掛けているよね。物語の中で時間が経っていることも当然あるんだけど、それぞれポーの性格もやや違うんだ。今回は今までになく明るいポーが見られると思うよ」

──明るいポーですか。

アイザック「そうだね、ユーモアにあふれているポーとでも言うべきかな? そのユーモアが時にピンチを脱するときに役立つんだけど、そのユーモアも僕がポーに与えたものなのか、それともポーが元々持っていたものなのか? 自分で判断するのは難しいね」

──ふむふむ。ではヴォイエガさんはどうですか?

ヴォイエガ「実は僕も君の質問と同じ内容について考えたことがあるんだ」

──おおお。

View this post on Instagram

#SpotlightOfTheWeek – Finn: A new hero whose awakening of conscience became a call to adventure. #StarWars #SpotlightOfTheWeek

A post shared by Star Wars (@starwars) on

ヴォイエガ「考えてみると、僕とフィンは共通する部分が多いと気付いたんだよね。元々フィンはファースト・オーダーにいたトルーパーだった。つまり決まった体制に属していたワケだ」

──そうですね。

ヴォイエガ「トルーパーの1日は結構大変で、みんなと同じようにしなくちゃならない。足並みを揃えること、誰かより目立たないようにすることが求められているんだ。ほら、あの息苦しいヘルメットも被り続けなきゃならないしね(笑)」

──ですね。

ヴォイエガ「僕のキャリアを思い返してみると、自分としては全くみんなと同じ道ってどうなのかって疑問は常にあったんだ。……だけじゃなく、みんなが同じ方向に進むなら、僕は反対に進みたくなる性質(タチ)なんだよ」

──なるほど。

「フィンは命がけレジスタンスの道へ進んだけど、なんとなく僕と重なり合う部分があると感じたよ。そういう意味では僕自身がナチュラルな形で、フィンというキャラクターに影響を与えられたのかもしれないね」

・今回特に気を付けたこと

──なるほど。お二人ともそれだけキャラクターとシンクロしてたってことですね。でも今回はスター・ウォーズの最終作ですし、多くの期待がかかる一方でプレッシャーも大きかったんじゃないですか?

アイザック「それはあるけど、とにかく今回はイキイキと演技することを心がけたよ。確かにスター・ウォーズの最終作で、ファンが内容をとても気にしていることは知っている。だけど、それに委縮してちゃファンの期待を上回ることはできないよ」

View this post on Instagram

#Repost via @jjabramsofficial ・・・ It feels impossible, but today wrapped photography on Episode IX. There is no adequate way to thank this truly magical crew and cast. I’m forever indebted to you all.

A post shared by Star Wars (@starwars) on

──そうかもしれませんね。

アイザック「映画の中でポーとレイが出会ったのは、エピソード8の終盤なんだ。でも時間は流れているわけで、2人にも友情が芽生えているハズだよね。そういうところも含めて、イキイキとしているポーを見て欲しいな」

──ヴォイエガさんはどうですか?

ヴォイエガ「僕もアイザックと同じで、リラックスして演じることを心がけたよ。最後のジェダイからフィンも成長しているし、きっとガチガチだった当初と比べて肩の力が抜けていると思ったんだ」

──たしかに。

ヴォイエガ「ストーリー的にもきっと多くのファンが納得できる結末になっているし、フィンもポーも大きく成長している。みんなに観てもらえるのが本当に待ち遠しいよ」

終始仲が良く、和気あいあいとした雰囲気でインタビューに応じてくれたジョン・ヴォイエガとオスカー・アイザック。2人が言うように、成長したフィンとポーの姿にも期待だ。

なお、インタビューの最終回はレイ役の「デイジー・リドリー」が登場する。ついに、ついに公開される『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』ともども心して待たれよ。

参考リンク:映画「スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け」公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:(C)2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. / RocketNews24.

タイトルとURLをコピーしました