5年間ドイツ人の彼女と遠距離恋愛して気づいた「一番大切な習慣」

未分類
この記事は約3分で読めます。

本日12月21日は遠距離恋愛の日。遠距離恋愛をしている人、もしくはこれから始める人にとって一番気になることは「どうしたら遠距離という壁を乗り越え、ラブラブな関係を続けられるのか」ということではないだろうか。

そう悩んでいる時点、つまり相手といい関係を築いていきたいと思っている時点で、気持ちの面での準備はバッチリだ。なんならそれが遠距離恋愛において一番大事なことである。だから「遠距離恋愛を上手くやっていきたい」という気持ちはこれからも忘れないでほしい。

では、習慣の面で何かできることはないのだろうか? ドイツ人の彼女と5年間 遠距離恋愛をし、結婚に至った私が一番効果があったと思った習慣はズバリ「毎日話すこと」である。

・どんなに忙しくても相手と言葉を交わす

私たちは毎日Skypeを使って話した。ドイツ時間の夜9時から、日本時間でいうと朝5時から1時間ほどその日・前日に起きたことや将来一緒にしたいことなど他愛のないことを語り合った。

課題や仕事で忙しいときでも5分や10分、少しでもいいから話すことにした。とにかく毎日(パソコンの画面上だが)相手の顔を見て話すことを大切にした。そのおかげもあってか、ドイツという遠い国にいても彼女の存在をいつもすぐ近くに感じることができた。

何か面白いことが起こると「明日のSkypeで伝えたい!」、何か可愛いグッズやイベントを見つけると「明日のSkypeで教えたい!」と考えるようになり、ますます彼女のことを考えるようになる。

彼女との定期的な会話が、彼女への興味関心そして愛を育んでいった。

・行動が愛情を高めてくれる

「毎日じゃなくて、話したいときに話せばいいんじゃないか」と考えることもできる。「話す時間を決めることでお互い窮屈になり、2人の関係がギクシャクしてしまうんじゃないか」と考えることもできる。確かにどちらも一理ある。

ただ私は相手をさらに愛する努力、たとえやる気がまだ生じていなくても相手のために行動する努力がある程度必要だと思っている。なぜなら行動が愛情を引っ張り上げてくれることがあるからだ。

相手にプレゼントを贈ったり、疲れている相手をマッサージしてあげたり、相手の好きな料理を作ってあげたり、そういう “大切な人だからこそしたい行動” をおこなうことにより、愛情が高まることは往々にしてある。たとえそこに、相手をもっと愛したいという気持ちがまだ生じていなかったとしてもだ。

だから相手への愛情を高めてくれる行動を定期的におこなう試みは、非常に大切なのだ。そして遠距離恋愛において相手への愛を深めてくれる一番の定期的な行動が毎日話すことであるというのが、5年間の遠距離恋愛から導いた私の結論である。

・まずはやってみるべし!

もし毎日が多すぎると感じるのなら、2日に1回もしくは3日に1回の頻度から始めてみるといいかもしれない。一番大事なのは、相手への愛を高める行動を定期的にとるということだ。

その行動をとろうとする気持ちは必ず相手への愛情を高め、そして相手に伝わる。伝われば相手もあなたの気持ちに応えようときっと努力してくれる。そういったお互いがお互いのために努力する関係は、この上ない幸せをもたらしてくれるだろう。

好きな相手となかなか会えない遠距離恋愛はとてもつらい。だが昔から言うように、相手に会えない時間が必ずや愛を育んでくれる。だから信じて行動してほしい。その一歩が、そのどうにか愛を育もうとする行動が何よりも輝くキラキラした未来をもたらしてくれるはずだ。

執筆:愛評論家・田代大一朗
Photo:RocketNews24.

タイトルとURLをコピーしました