【2019年】私的「ポケモンGO五大トピック」を振り返る

未分類
この記事は約5分で読めます。

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! そろそろ2019年も終わるけど、みんなはどんなポケ活を送った1年だっただろうか? 図鑑は埋まってきたかな? 欲しい色違いポケモンは捕れたかな? きっと1年前よりはそれぞれ充実していることだろう。

お兄さん的にはかなりポケモンGOをやり込んだ1年で、ゲームの楽しみ方もこれまでとはだいぶ違ってきたように思う。そこで今回は「私的ポケモンGO五大トピック」を紹介しつつ、今年1年のポケ活を振り返ってみたのでご覧いただきたい。

・222本の記事を公開

ロケットニュース24では2019年、合計222本のポケモンGO記事を公開している。そのうち8割くらいはお兄さんが執筆しているから、もはや肩書を “ポケモンGOライター” にした方がいいレベルでポケモンGOの記事を書きまくっていた。

View this post on Instagram

ポケモンGO初のオフィシャルショップに行ってきましたよ。大人なのに並んだ!

A post shared by P.K.サンジュン (@p.k.sanjun) on

さて、約1年前は7kmタマゴから「リーシャン」や「タマンタ」が出てキャッキャ言ってたくらいだから、本当に時の流れは早い。また、1年前はまだキラフレンドは実装されておらず、伝説ポケモンも数をこなしてキラらせる必要があった。そういう意味では、かなりポケ活しやすくなった1年でもあるかもしれない。

んでもって、今回紹介する『ポケモンGO5大トピック』はあくまで “個人的なトピック” である。「知らねーわ」「興味なし」と言われたらそこまでなのだが、ご覧になってくださるトレーナー諸君においては、どうか優しい気持ちで見守っていただきたい。それではどうぞ。

・海外イベントに参戦

この1年で……いや、ポケモンGOリリース時から振り返ってみても「シカゴ」でのイベントは過去最高に楽しい1日であった。冷静に考えれば、海外旅行の浮かれモードで大好きなポケモンGO、しかも色違いポケモン出まくりなんて楽しいに決まっている。

また台湾のイベントもかなり楽しかった。ポケモンGOはもちろんのこと、その土地のグルメや観光も含め、海外イベントは最高だ。来年も行ける限り海外イベントに足を運びたい。お金貯めなきゃ。

・色違いポケモンが超充実

しばらくポケモンGOを放置していたので、実はそこまで色違いポケモンを持っていなかったのだが、この1年で色違いポケモンはかなり充実した。いやらしい話、現段階で95%くらいの色違いポケモンは所持している。

というのも、シカゴで捕ってきたパチリスを元手に色違いポケモンを交換してもらいまくったからである。シカゴから帰国して3カ月くらいは毎日のように特別な交換をしていたので、いわばお兄さんは “パチリス成金” だ。パチリスと人並み外れたマメさで、お兄さんの色違いポケモンはできている。

・キラ図鑑がほぼコンプ

キラポケモン実装当初から原田たかしお兄さんと毎日のように交換しまくっていた関係で、人よりはかなり早いペースで図鑑はキラっていた。難関はズバリ「伝説ポケモン」だったのだが、それもキラフレンドの実装でズバズバと埋まっていくことに。

現段階でキラッていないのは「アグノム」と「クイタラン」くらいなので、キラ図鑑に関してはトップレベルの完成度と言っていいのではなかろうか? 交換してくれるフレンドのみなさん、本当にありがとうございます。

・トレーナーバトルにハマる

実装当初からできる限りスルーしてきたトレーナーバトルだが、交換で「トレーナーバトルの鬼」と出会ったことにより、一気に興味が出てきた。そして個人的にいま最も楽しいのがこの機能で、ここ最近は毎日のようにスーパーリーグでフレンドさんと対戦している。

もちろん2020年初頭に実装される「GOバトルリーグ」もやる気満々だ。まだ準備していないトレーナーも今から準備すれば余裕で間に合う……ハズ。本当に楽しいから、みんなもぜひやってみてね!

・リアルイベント開催

「実際に会えること」が、より重要になった2019年のフレンド機能。その流れでロケニューポケモンGO部では「会えるフレンドを作る会」を2度開催し、いずれのイベントにも多くのトレーナーにご参加いただいた。

何より嬉しいのは、その場で出会ったトレーナーさん同士が、今でも仲良くポケ活していること。我々の不慣れでまだまだ改善点は多いが、来年も3回くらいはイベントを開催したいなー、と思っております。

View this post on Instagram

3人でポケモンのイベントに来ております!

A post shared by P.K.サンジュン (@p.k.sanjun) on

というわけで、ポケモンGOそのものはもちろんのこと、ゲームから派生する各種イベントも充実した1年であった。また言うまでもなく、私が仕事中に堂々とポケモンGOをプレイできるのは、全て読者のみなさんのおかげです。本当にありがとうございます。

来年もみなさんのポケ活ライフが少しでも充実するような情報をお届けできるよう、ロケニューポケモンGO部一同、より一層楽しんでプレイしたいと思います。来年は動画にも手を出すよ! それではトレーナー諸君、よいお年を!!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
執筆:P.K.サンジュン
Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. c1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)

タイトルとURLをコピーしました