【2020年福袋特集】お値段スタバの半分! タリーズの福袋(3500円)をひと足先に入手したので徹底検証したら「思わぬ伏兵」がいた

未分類

もうすぐ発売されるスタバの福袋は税込7000円だから、今回紹介するタリーズの福袋はちょうど半分だ。お値段3500円(税込)。タリーズが2020年に発売する福袋3種の中で、もっともリーズナブルなタイプである。

正式には1月1日から販売開始されるのだが、当編集部では発売前に現物を入手することに成功。なぜそんなことが出来たかといえば、タリーズにお願いしたら特別に送ってくれたのである。では、その中身はどうなっていたのか? じっくり見ていこう。

【タリーズ福袋(3500円)の中身】

・コーヒー豆1種(粉 / コロンビア)
・ドリップバッグ1箱
・ドリンクチケット5枚
・干支ミニテディ(2種のうちいずれか1つ)
・カフェラテキャンディ
・オリジナルトートバッグ(グレー&マゼンダ もしくは オリーブ&ゴールド)

──中身をざっくりお伝えすると、こんな感じ。みんな大好きドリンクチケットは5枚入っており、有効期限は2020年6月25日まで。チケット1枚につきショートサイズのドリンク1杯と交換可能だ。ショートサイズがないドリンクに関しては、プラス50円でトールサイズのドリンクが購入できるぞ。

そして例年通り、干支ミニテディは2種のうち1つが入っている。どっちが入っているかは開けた時のお楽しみ! なのだが、今回は2種類とも入手できたので、じっくり見ていたら……

見れば……

見るほど……

前は当然として……

後ろもコレ……

「かわいい」以外の表現を2時間探したけど、結局「かわいい」が1番しっくりくるから困ったヤツだなお前は……でも全然OKOK! だってかわいいんだもんねー! っんねーーー! っんねーーー!! ……となること必至のかわいさである。ちなみに、身長は……

だいたいじゅうにせんちめーとるでちたぁ〜!

ついつい、こう言ってしまいたくなる可愛さなのだ。干支ミニテディを2時間見つめた人は共感してくれるかと思う。ただ、ファンシー気分を引きずっていると検証に支障をきたすから元に戻そう。

・伏兵とは?

さて、上のラインナップで私がもっとも心をわしづかみにされたのは、ドリンクチケットでもなければ干支ミニテディでもない(相当つかまれたけれど)。もっとも心惹かれたのは、『カフェラテキャンディ』だ。

ドリンクチケットの影に隠れたサブキャラ的存在かと思いきや、これが美味いんだ。コーヒー感がちょうど良く、1度なめ出したら止まらなくなる。

・一瞬で消えた

どれくらい病みつきにさせるかと言うと、私がなめながら写真を撮っていたら、近くを通った当編集部の田代が「すごく美味しいそうなコーヒーの香りがしますね。飴かなんかですか?」と聞いてきたので、その存在を教えたところ……

2人でなめ合っているうちに、30分ほどで食べ尽くしてしまったレベル。なお1箱7個入りで、タリーズに確認すると「基本的に福袋限定の商品」らしい。

・結論=アリ

つくづく思うのだが、こういう発見こそが福袋の醍醐味ではないだろうか。金銭的に得がどうかも大事だろうけれど、「こんな商品があったんだ〜」という気づきがあることも個人的にはめちゃくちゃ大事。そういう意味で、今回の検証は楽しい時間だった。

それから毎年言われることだけど、トートバッグがいい。見た目はオシャレだし、ポケットが多くて収納しやすそう。そこに、ドリンクチケットやら他にも色々ついてくるのだから、元が取れるかどうかは言うまでもない。結論を言うと、タリーズ福袋(3500)円は「アリ」。以上である。

参考リンク:タリーズ
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ! →「2020年福袋特集」

タイトルとURLをコピーしました