2019-12

未分類

「このウィスキーとボディウォッシュの容器は逆に見えるのだけど…」違和感を覚える比較写真

ウィスキーはブランドにもよりますが、大半はぽっちゃりしたガラスのボトルに入っています。 片や、クリーナー(洗剤類)やソープの容器はプラスチックや缶など、アルコール類に比べると丈夫で安価なものがほとんどです。 普通なら見間違えることはないのですが、海外のあるウィスキーとボディウォッシュの容器が「反対に思える」と紹介されていました。 続きを読む
未分類

【私的ベスト】記者が厳選する2019年のお気に入り記事5選 ~原田たかし編~

元号が令和となり、歴史的な1年となった2019年。みなさんにとってこの1年はどのような年だっただろうか。私は一言でいうなら地獄。事の始まりは1月、自分の異常なズボラさが原因で100万円オーバーの負債を抱えたまま呑気に生きていたことに気づいたから他ならない。 断崖絶壁から突き落とされた1月から奈落の1年……と思いきや、捨てる神あれば拾う神ありとはこのことで、今年は新たな出会いがあれば自分の積み重ねてきたことが形になった。ひょんなことからテレビに出演することもできて、最終的には尻上がりな1年だったように感じる。 書いてきた記事を振り返ってもポケモンGO、冷凍食品、ボートレース、ドラクエウォーク、餃子、ラグビーW杯……からの餃子と下半期はハマった餃子ばかりだったが、いろいろと挑戦できたように思う。そんな1年で自分の印象に残ったのは以下の5本だ。 ・【実話】リボ専用クレカで「支払い残高100万円」の地獄を見た これまで「リボってヤバいよね(笑)」と思って生きてきた私だったが、リボ専用カードという存在を知らずにドップリ沼に浸かっていた……というなんともメシウマな実話である。正直なところ恥でしかないので記事にするのをためらったものの、誰か1人でも救われることを願って筆をとった。私の屍を越え、リボ地獄にハマらない人がいてくれたら幸いだ。 ・10万握りしめて「人生初の競艇」に行ったら奇跡が起きた! 3連単を的中できたのは予想屋と渡辺直美の… リボ地獄で100万という大金が消し飛んだことで自暴自棄。ビギナーズラックを狙ってボートレースに挑戦したところ……大幅プラスのウハウハ展開が待っていた。気を良くして勝ち額は減らしたけど神様はいる!! ・【直撃インタビュー 】艇王・植木通彦に聞いた「ボートレースを楽しむ方法」が目からウロコ! レジェンドの意外な真実まで明らかに…!! 泣きなくなるような(というか泣いた)悲劇からV字回復を遂げてから数カ月……なんと夏にはボートレース界のレジェンド・植木通彦さんにインタビューする機会に恵まれた。リボで地獄に落ちなかったら会えなかったかも……そう考えると人生っておもしろい。 ・【直撃インタビュー】こうして「松屋のうな丼」は完成した! 監修した「小満津」のうな重を実食 → 伝説のお店と呼ばれる理由が分かり、高いプロ意識に感服 近年、土用..
未分類

ケーキなのに「おむすび」を食べているような感覚に陥る『おむすびケーキ』が面白い! 大阪発のスイーツやで~!!

『おむすびころりん』のおとぎ話は、多くの日本人が知るところだろう。転がるおむすびを追いかけるとネズミの穴に行き当たり、財宝が入ったつづらをもらうというアレである。まずもって、おむすびころりんという字面が可愛いよな。おにぎりころりんではなく、おむすびころりんであるところが良い。 それはさて置き、今回は全国にいるおむすびラバーたちに、一風変わったおむすびを紹介したいと思う。見た目はしっかりと “おむすび ”であるが、封を開けると甘い香りがふわりと漂う不思議な逸品。実は……ケーキであり「おむすびケーキ」という名が付いている。そのままやん!!  ・おむすび以外の何モノでもない こちらの「おむすびケーキ(OMUSUBI Cake)」は大阪の人気パティスリー「TSUKIICHI(ツキイチ)」がプロデュースしているもので、SNSを通じて人気に火が付いたようだ。そう言われると、ユニークな発想が大阪っぽいな。 各地の催事でも頻繁(ひんぱん)に販売されているようだが、記者はオンラインでポチっと購入。人気であるからか、注文して約1週間後に手元にやって来たぞ。三角フィルムに包まれたソレは、どこからどう見てもおむすび! むしろ、おむすび以外に何に見えるというのか。 ・本当にケーキだった コンビニのおにぎりと同じように、赤色のテープを引っ張りながらフィルムを剥がしていく。するとそこに現れたのは……やっぱりおむすび! 若干、海苔の部分がへにゃっとはしているが、遠目にはおむすびにしか見えない。 しかし嗅覚はしっかりと、スイーツらしさをキャッチ。封を開けたとたんに、甘い香りが一面に広がる。どうやら本当に、正体はケーキのようである。包丁で切ってみると、中からスポンジやクリームが登場だ。 ひとつの面にだけパイ生地がはいっており、皿に乗せると自立するようになっている。実際に食べてみると、海苔と思われたソレは、クレープ生地であることが判明。ブラックココアを使い、海苔のような色つやを出しているとのことだ。 記者は “クッキー&クリーム(税込1296円)” と “アールグレイ(同)” を購入したのだが、中身は確かに美味しいケーキだ。冷凍された状態で届き、すぐさま食べたのだが、アイスケーキのような味わいで紅茶と相性抜群だったぞ。 ・リクエストボックスを活用してね いやはやしかし、見た目がおむすびで..
未分類

【2019年福袋特集】昨年よりも500円値下げ!『モスバーガー』の福袋(2000円)の中身はコレ!!

年明け前からすでに怒涛の公開ラッシュが始まっているロケットニュース24の福袋特集。続いてご紹介するのは、オーダー後に調理するスタイルでおなじみの『モスバーガー』だ。 2019年版に比べて500円安くなったのが印象的だが、2020年版はいったいどんな内容になっているのか。それではゲットした福袋をさっそくチェックしていこう。 【モスバーガーの福袋(2000円)】 ・PPバッグ(この福袋セットが入っているバッグ) ・ヒッコリー調バッグ ・「バラエティパックA」引換券 2000円相当(1000円×2枚) ※福袋ですので中身が違う可能性もあります 今回はバッグ2点と「バラエティパックA」引換券とかなりシンプル。グッズの数が少なめではあるものの、ヒッコリー調バッグはデザインがオシャレなうえに裏地も付いていたりと、造りがしっかりしており好印象である。 また「バラエティパックA」の内容だが、ポテトL×2とオニオンフライ×2のセット(1000円相当)だ。有効期限は3月31日までで、全国の店舗にてお持ち帰り限定で引換可能となっている。 個人的にはハンバーガーの引換券が入っていなかったのはちょっと残念だが、例年通り、グッズに魅力を感じた方にとってはお得な福袋であることに違いはない。 2019年12月26日から数量限定で販売されているので、欲しい人は早めにモスバーガー店頭へレッツゴーだ。なお、販売店舗も限られているので、確実にゲットしたい方は購入前に電話などで問い合わせてから行くといいだろう。 参考リンク:モスバーガー「モス福袋」 Report:K.ナガハシ Photo:Rocketnews24. ★こちらもどうぞ → 「2020年福袋特集」
未分類

「プレゼントは現金がいいと甥っ子が言うので『夢のある現金』を贈ることにした…」叔父さんのアイデアがすばらしい!

海外の男性が「クリスマスプレゼントは何が欲しい?」と甥っ子に尋ねたところ、「おもちゃより現金が欲しい」と身もフタもない返事が返ってきたそうです。 その願いは理解できるし希望を叶えてあげたい気持ちはあるけれど、何か人間性が失われてしまうと悩んだ叔父さんは……。 「現金だけど夢のあるプレゼント」を贈ることにしました。 続きを読む
未分類

【代打4コマ】第68回「チップスターの食い方」GOGOハトリくん

漫画:マミヤ狂四郎 « 前の話へ | 第1回から読む
未分類

【2020年福袋特集】『永谷園 簡便調味料シリーズお楽しみ袋』を買ってみた! おなじみの「そうざいの素」入りでありがたい~っ!!

永谷園といえばお茶漬けのイメージが強いが、混ぜるだけで簡単に完成してしまう “そうざいの素” も人気だ。その “そうざいの素” を詰め込んでいるという、イオンの『永谷園 簡便調味料シリーズお楽しみ袋』を購入してみた。 手にしてみたところ、ズシっと重い。「これは、なかなかのモノが入っているのでは」と期待を胸に開封してみたら、ひとつとしてハズレなし! ちょっと楽してご飯を作りたい時に、間違いなく役立つ品々が入っていたぞ。 ・「永谷園 簡便調味料シリーズお楽しみ袋」(税込1080円)の中身 ・にんにくチャーハンの素 ・五目チャーハンの素 ・焼豚チャーハンの素 ・麻婆春雨 中辛 ・すき焼き風玉子とじ ・ひき肉入り麻婆豆腐の素 中辛 ・広東風かに玉 ・わが家は名酒場 まぶして焼くだけ! 炭火焼鳥 ※福袋なので中身が異なる可能性があります ・あれば嬉しい商品が盛りだくさん なんという、ありがたい面子だろうか。チャーハンの素なんてパックご飯と卵に混ぜるだけで、パラパラのチャーハンができるらしいぞ。土曜日の昼に食べたい感じである。 気になるオトク具合だが、希望小売価格を調べてみたところ、それぞれ200円前後。計算したら、合わせて税別1486円だ。めっちゃお得、という訳ではないかもしれないが、安いことは安い。なにより永谷園商品なので、味が保証されていることは言うまでもない。 「あれば嬉しい」というのが、この『永谷園 簡単調味料シリーズお楽しみ袋』に対する感想だ。数もたくさん用意されているようだったので、年始にイオンに行く機会があれば、売り場を覗いてみてほしい。さっそく記者は、今夜のご飯に活用させて頂こうと思っているぞ。 Report:K.Masami Photo:Rocketnews24. ★こちらもどうぞ! → 「2020年福袋特集」
未分類

【私的ベスト】記者が厳選する2019年のお気に入り記事5選〜伊達彩香編〜

あと数日で2019年が終わってしまう。嘘でしょ、まだ2019年始まったばかりじゃないの!? なんて思っているのは筆者だけではないと信じている。私(伊達)にとってはロケットニュース24でライターデビューしたこともあり、ジタバタしている間にマッハで時が過ぎていった感じだ。 好奇心のおもむくままに様々な記事を楽しく書いてきたが、己の未熟さを痛感してのたうち回りたくなるような時もあった。どの記事も思い入れは強いが、改めてご紹介したい記事とともに2019年を振り返りたいと思う。 ・オタマジャクシが食べられる!? 裏路地にひっそり佇む『QQタピオカ』で「オタマジャクシ牛乳」と出会った! 東京・新宿御苑 全く食欲がわかない名前をしているのに超絶美味しかった「オタマジャクシ牛乳」。ロケットニュース24の面接帰りに飲んで、それを数日後に記事にしたものだ。 私のライターデビュー記事がこの「オタマジャクシ牛乳」なのだが、今読み返しても美味しい物をご紹介できた満足感が蘇ってくる。 ・乗り物酔いがヒドい体質でも「4DX」は大丈夫? 実際に観に行ったら予想外の結果に『映画 刀剣乱舞』 実は私は、乗り物酔いが酷すぎて高校を転校したことがある。それほど乗り物に弱いため絶対酔うだろうと敬遠してきた「4DX」に、生まれて初めて挑戦してみた。 4DXが初めてのため何が何やら分からず、映画館の方から誤って配布されたメガネをかけて観たのは良い思い出。 ・『るろうに剣心』の「逆刃刀・真打」が史上初の日本刀として誕生&展示!! 見に行って、作刀したスゴ腕の刀匠に製作秘話を聞いてきたよ! 『るろうに剣心』に触れたことのある人は絶対に憧れたであろう「逆刃刀」。かつて剣心みたいになりたいと思っていた筆者も超絶欲しかった「逆刃刀」が今年、正真正銘の日本刀として誕生した。 『るろうに剣心』も日本刀も好きなため、「逆刃刀」と作刀した刀匠さんに直撃取材できて書き上げた記事だ。ちなみに、他にも日本刀に関係する記事を書いているので、興味のある方はタグ「#日本刀」をチェックしてくれると嬉しい。 ・アニメ『響け!ユーフォニアム』に登場したパンを、3度目の正直で食べてみた / 「中路ベーカリー」京都・宇治 京都アニメーションが制作した吹奏楽アニメ『響け!ユーフォニアム』。何度か聖地巡礼したほど大好きなアニメだが..
未分類

「ゲーマーだという彼女とデートしたら、期待してたのとちょっと違った…」デート現場の写真

ゲーム好きの男子からしたら「ゲーマー女子」は話を無理して合わせることもなく、同じ趣味の話ができたり、一緒に遊べたりで願ったりかなったり……。 そんな風に思っていたら、実際のデートでは少し期待とは違ったという男性がいました。 どんな状況になったのかご覧ください。 続きを読む
未分類

【餃子の達人】宇都宮の人気餃子「青源」は味噌だれ1つで味が激変 / どちらが欠けても成立しない不思議な餃子

皆さんは餃子を食べるときに何をつけるだろうか。定番どころだと醤油に酢とラー油を加えたトリオだが、お店によってスタイルはさまざま。辛子や柚子胡椒なんて飛び道具を使ったかと思えば、何なら “そのままいけちゃいます” 的なところだって存在する。 んで、今回紹介する青源という店はたまに見かける「味噌」なのだが、味がちょっとやそっとじゃない……らしい。なんでも餃子の聖地「宇都宮」でウマいと評判で、お土産の定番なんだとか。毎日のように餃子を食べるようになって数カ月、いまや「宇都宮」の名前を聞くだけで脳汁が出る体になっちゃったから気づいていた時にはポチっていた──。 ・青源の餃子をお取り寄せ そんなわけで届いたのが青源の餃子である。6人前30個でお値段1831円。どうしてもセコい考えをしてしまう性分なため計算しちゃうが、1個あたりはおよそ61円。んまぁ、個人的には高すぎないが安くもないといった感覚だ。 開けたら餃子と一緒に「餃子の達人」なる味噌だれが入っていた。パッケージに「味噌の香りとコクがミソ!」と軽くジャブを打ち込んできているが、すでにこの時から青源の餃子は…… ニンニクの匂いがすんごい (^q^) 説明書きによると、青源は1625年創業の味噌醸造元。そして1994年、その味噌で味わう餃子がJR宇都宮駅構内で販売されると人気になったらしい。餃子自体の製造は独自の規格により近隣の協力工場に委託──要するに、青源はあくまで味噌の老舗&プロといったところか。 ちなみに青源の餃子は宇都宮餃子会の準組合員。味噌で食べる餃子は何度か食べたことがあるが、どこまでミソミソしているのだろうか。その実力、見せてもらおう! ・調理スタート それでは焼いていくとしよう。まずは油を少々ひき、凍った餃子をそのまま並べる。 水を注いでフタをして強火で蒸し焼き。水気がなくなったら、油をちょっと差して焼き目がいい感じについたら…… 完成でやんす。パッと見ても、特に変わったところはない。はじめに何もつけずに食べてみたところ、正直にいうと「普通」との感想がしっくりくる。宇都宮で有名な餃子と聞いていただけに死ぬ覚悟をして食べたが、至って普通の餃子……と思いきや! ・味噌で変化 前述したように青源の本業は味噌。付属のタレ&ラー油をつけて食べると、一気に違う顔を見せてくるのだ。タレをつけて..
タイトルとURLをコピーしました