2019-12

未分類

【2020年福袋特集】毎年言ってるけど文明堂の「新春開運箱(1080円)」は年末年始の手土産にオススメ! 遠い親戚の家でも活躍する中身を大公開!!

基本的に福袋は中身がわからないから “自分用” に購入するのがベターだ。中身を確認せずに「はい、どうぞ」とプレゼントできる福袋はなかなかない。その点、文明堂の『新春開運箱』はノールックで買ってもOK! 年末年始の手土産に最適である。 なぜなら老舗ならではの安定感は抜群で、家族や親戚との集まりに持って行けば喜ばれること間違いなし。すでにオンラインショップでは受注終了しているが「毎年クリスマス後に店頭に並ぶ」という情報をキャッチしていたので買ってきたぞ。さっそく開封しよう! ・文明堂「新春開運箱(1080円)」の中身 ・ボワイヤージュ ・寿さんどら ・ふみ巻き(ゆず) ・ブッセ(ピンクグレープフルーツ) ・栗まんじゅう ・カステラ巻き(ハニー) ・カステラ巻き(抹茶) ・2020年版 干支ふきん ※中身が違う場合もあります 以上の8点が新春開運箱の中身である。冒頭で「老舗の安定感は抜群だから中身を見なくてもOK」と言ったが、実はこの開運箱……ほぼ毎年同じ商品が入っているのだ。箱を開けたらお馴染みのベテラン勢と再会。つまり予想通りのラインアップってこと。ハズレは無し! お菓子はそれぞれ個包装されていて上品。ふんわり食感の生地にピンクグレープフルーツのジャムをはさんだ「ブッセ」から、小判型の「栗まんじゅう」まで守備範囲は抜群に広い。遠い親戚の家でも十分に実力を発揮するはずだ。 そして毎年ビミョーに楽しみなのが、社内デザイナーが気合を入れて制作している「干支ふきん」。CMでお馴染みのクマを両脇に従えて踊っているのは……もちろん2020年の干支「ねずみ」である。シルクハット & 蝶ネクタイでバッチリキメているから注目だ。 さらに、ねずみが聖火ランナーを務めているパッケージにも注目。ほぼほぼ会ったことのない親戚が相手でも「今年はオリンピックですねぇ」といった感じで会話が広がっていくだろう。または「令和ってもう2年なんですね」というテーマでもイケるはずだ。 年末年始の挨拶に使える文明堂の新春開運箱は、見つけたら即買いでOKだろう。オンラインショップでは売り切れているが、店頭に出ている分は購入できるのでぜひ最寄りの店舗をチェックしてみてほしい。 Report:砂子間正貫 Photo:RocketNews24. ★こちらもどうぞ! → 「2020年福袋特集」
未分類

【私的ベスト】記者が厳選する2019年のお気に入り記事5選 ~ショーン編~

どうも、「お前誰やねんオブザイヤー」をセルフ受賞した新人外部ライターのショーンです。”ロケットニュースのバンクシー” を目指して顔も素性も隠して活動した結果、単に影の薄い奴になってしまったよハッハッハ。薄い担当(髪の方)の耕平先輩とは共生していきたい。 ともかく、そんな私のようなザコでもバズった記事が……特になかった。それでも少しはネットをざわつかせた記事……もなかった。だがしかし、これが俺のカラダの張り方だ! とばかりに人1倍丁寧な取材をしてきたつもりだ。そのうちの5本を選出したから見ていってくれ〜! ・寿司の名店「すきやばし次郎」はランチに行けば1600円で食べられるが、客に1つだけ厳しいルールが課せられる 店へ行く前から「こんな感じに書いて、こんな感じでオトす記事にするかな〜」と想定していたのが、実際に取材へ行ってみたら超特殊なルールを突き付けられパニック状態に。しかしその結果、ひとひねり効いたオチが生まれ、取材する楽しさを教えてくれた思い出深い記事がこの1本。 ちなみに私、同じ二郎でも「ラーメン二郎」が大好きなジロリアンだが、二郎違いでうっかり入っちゃったとか、二郎フェチだとか、そういうわけではない。   ・無印良品でオリジナル靴下を作ってみたら絵心なさ過ぎて泣いた → 店員になぐさめられて2度泣いた これは簡単に言うと、無印良品でクツ下を作ろうと思ったら “クソ下” が出来上がったというクソ記事です。書いた奴も御多分にもれずクソです。 取材中、ピンチに追い込まれた私はなぜか師匠(研修時代の教育係)である和才副編集長の顔を何度も思い浮かべたほど脳がバグった。おそらく無意識下で頼れる人物にすがろうとしたのだと思う。今では無印を見ると和才を、和才を見ると無印を思い出すという謎の後遺症を抱えることになった。   ・【ガチ検証】使い捨てカイロ6社の性能(速暖性・持続時間・最高温度)を比較した! いちばん優秀だったのは… 丸1日(12時間)、30分おきにカイロの温度をひたすらチェックするという鬱検証記事。カイロに軟禁された男の「苦行ドキュメンタリー」という側面もあるが、そんなことはみじんも感じさせないようポップに仕上げました。 とはいいつつも、アイリス製のカイロがドラゴンボールのヤムチャばりに爆死(2回)してくれたおかげで なんだかんだ楽しかっ..
未分類

【100均検証】2019年に使った100円グッズで、心の底から買ってよかったと思った商品ベスト5

合計レビュー数は300点を超えた当連載「100均検証」。今年のレビュー数は121! 昨年の160を大きく下回ってしまったが、3日に1度は更新されているペースなので、まずまず……といったところだろう。 ということで今回も昨年同様、毎年恒例の年末まとめ「100円グッズ2019年ベスト5」をお届けしたい。なお参考基準は、「面白いかどうか」は別として、「本当に便利」であることのみ! 【5位】8連ピンチハンガー「Ramo」 レビュー後も、我が家で地味に活躍しているのがこのハンガー。「もう干すところがない〜!」って時に重宝している。何より嬉しいのはハンガーのように「薄い」ということ。ウチの干し場、狭いから本当に助かる! 【4位】ダイソー『MINI FAN』シリーズ 今の季節は冬なので夏のグッズは忘れがちになるが、どうしても入れておきたいのがコレ。数ある「ハンディ扇風機」の中でも最高級の仕事っぷり。それなのに100円と、まさしく100円グッズの鑑のような商品だ。 【3位】ダイソー「ワイヤレスBluetoothスピーカー(防滴仕様)」 これはちょっとズルいかも。なにせ価格は600円。しかし、この価格でここまでの音質&性能を持った商品を私は未だかつて見たことがない。新しいタイプの「2」もあるが、だんぜんこちらの旧製品がオススメだ。 【2位】すね毛カッター もしもムダ毛を気にする人ならば、絶対に買ったほうが良いであろう商品がコレ。「全体的に短く」にも「少しずつ量を減らす」にも対応。この商品のおかげで、女装時のムダ毛処理が劇的に楽になった。最高の商品だ。 【1位】ダイソー「加圧式霧吹き(ペットボトル用)」 実用的でもありつつ、モノとしても面白いから、絶対に100円以上は楽しめるという今年イチの商品がコレ。掃除もできるし、水やりもできるし、水鉄砲的なオモチャとして使うのもアリだろう。見つけたら即買いだ! ──以上5つ。なお、断腸に断腸を重ねるほどの断腸の思いで選考したのだが、6〜10位は記事の下のほうにある「▼これもおすすめ(▼関連記事)」のところに入れておきたい。 今年も連載【100均検証】を読んでくださってありがとうございます。最近は “やり尽くした感” もあり、“新商品待ち” なところもありますが、来年は “待ち” ではなく “攻め” ていきたいと思っている..
未分類

【交遊関係】意外と知らない友人の一面… 四コマサボタージュ第96回「変な写真」

観光地のお土産屋さんや露店って全然土地と関係のない企業やブランドをパロッた変なTシャツ売ってるよね。 漫画:ザックKT-4 « 前の話へ | 第1回から読む
未分類

【2020年福袋特集】タリーズの5000円福袋をフライングゲット! 開けてお楽しみの「熊のぬいぐるみ」をすべて入手したぞ!!

あらかじめ言っておきたいが、タリーズの5000円福袋に入っている熊のぬいぐるみは2パターン。よって “全種類” といっても2種類である。「それだけかよ」と思う人もいるかもしれないけれど、このぬいぐるみを2種類とも手にする人間は、そこまで多くないはずだ。 なぜなら、熊のぬいぐるみは「どっちが出るかは開けてからのお楽しみ」的な感じで入っているため、2つを確実にゲットするには最低2回は同じ福袋を買う必要がある。福袋の価格(5000円)を考えたら、これはなかなかハードルが高いだろう。 にもかかわらず、その2つを私がいま手にできているのは、タリーズが当編集部に福袋を送ってくれたおかげ。転売とかで手に入れたものじゃないよ〜と説明したところで、中身の紹介といこう。 【タリーズ福袋(5000円)の中身】 ・コーヒー豆2種(粉 / コロンビア・ブラジル) ・ドリップバッグ1箱 ・ドリンクチケット8枚 ・ベアフルマント(マントを羽織ったクマのぬいぐるみ / 2種のうちいずれか1つ) ・オリジナルトートバッグ(ネイビー&サックスブルー) 個人的な印象を言わせてもらうならば、ドリンクチケットとトートバックだけで十分に元が取れるだろう。なんなら、福袋の中身がスッカラカンだったとしても、トートバッグだけのために5000円払う人だっているような気がする。 それほど、このバッグは使い勝手がいい。ポケット的なのがいっぱい付いており、ビジネス使いもできそう。そして何より、見た目がいい。「福袋の袋オシャレ選手権」があったら、最終候補にノミネートされること必至のスタイリッシュさである。ちなみに、スタバに持って行ってもしっくり来るぞ♪ というわけで、お得かどうかを論じてもあまり意味がない気がするから、ここはもう2種類の熊ちゃんをフィーチャーしまくってもいいのではないか。干支のネズミと熊ちゃんの絶妙な絡みを、みんなもっと見たいのではないか。そうだろう? ──と考えたので、以下で「熊ちゃん写真集」をお届けしたい。おっと、熊ちゃんの正式名称は「ベアフルマント」と言うようだ。 ・大きい熊ちゃん このベアフルマント、背丈は28cmで、横幅は23.5cm。本来 “ちょこんと座るタイプ” の熊ちゃんの足を伸ばしながら測ったので、多少の誤差はご勘弁いただきたいが、とにかく3500円の福袋に入っていたミニ熊ち..
未分類

【移住コラム】地方の人は排他的というのは本当か / 東京から閉鎖的と名高い地域に移住した私が感じたこと

引っ越しをする際に気になること。立地、交通の便、そして忘れちゃいけないご近所事情。近所の人と合わなかったら気も安らげないだろう。それが全く知らない土地となったら…… さて、私(沢井)は東京から北陸の方へ引っ越した。その際に言われたのがこれだ。「北陸って閉鎖的って聞くけど大丈夫~?」たしかにネットを見ると、そんな話もチラホラ……本当に地方の人は排他的で、別のコミュニティから来た人間をハブってくるのだろうか。 ・閉鎖的で排他的という地に引っ越した結果 ハブられたら嫌だなぁ……と思いながら生活してみた結果…… 特に何も感じない。 そう。県外出身だからと言って何か悪いことが起きたかというと、そんな気配は1ミリも感じないのだ。別に私がうまく地元生まれに擬態しているわけではない。私は関西弁しか話せないので、二言三言話すとイッパツで “県外から来た人”とバレてしまう。そのうえで特に何も感じていない。 地域の伝統行事などにガッツリ参加していないせいかもしれないが、県外出身だからと言ってイジワルをされたり不利益をこうむったことは今のところナシだ。むしろ核家族で子育てをしていることがわかると「しんどいときは声をかけるんだよ~。年寄りは世話好きだからね」「遠くの親戚だと思って困ったら連絡して」と心配されているくらいだ。ありがてえ!!!! ・たしかに出身地で態度を変える人はいる とはいえ、出会った人100人が100人、全てフレンドリーかというとそうではない。何度か「東京から来た」と言うと、ちょっと態度を変えられたことはあった。ただ、それは地域性というより単に個人レベルで性格に難アリな人や集団だった気がする。 他の例にあてはめてみたらわかる。学校や職場などで、「◯◯出身だから」「男だから」「女だから」「年下だから」と、本人にはどうしようもない属性に対しイチャモンつけている人がいたらどう思うだろうか? これって普通にいじめ、モラハラ案件ですよ? そうやって人にケチをつける人は地方に限らずどこにでもいる。私も東京や大阪で遭遇済みだ。そして、そもそも私自身はそういうクズい発想をする人とは付き合いたくないので、塩対応上等。自ら「あなたとは合わない人間ですよ」と申告してくれて手間が省けたというものだ。 誰も知り合いがいない場所で塩対応されるのは悲しいかもしれない。だが、そこで焦る必要..
未分類

飼い主「猫の前で初めて帽子をかぶったら…こんなことになった」

猫の前で、初めて帽子をかぶったという飼い主さん。 猫がどんな反応を示したのかというと……。 続きを読む
未分類

【C97】まだまだ行くぜ! 冬コミ2日目のコスプレレポート / コスプレ美女となかやまきんに君、そしてデカすぎるニャース

2019年12月28日から東京ビッグサイトにて開催中の、「コミックマーケット97」。2日目のコスプレエリアは大盛況。初日にはいつもよりスペースが空いている気がしていたが、ここに来て普段どおりの勢いに。 今回はまさかの人物がコミケ初参戦を果たしており、最初にして最高のクオリティのコスプレを披露する場面も。より詳細なレポートと共に、現地で見かけたコスプレをお見せするぞ! ・18万人 コミックマーケット準備会のレポートによると、2日目の来場者数は18万人。それに対して、コスプレ登録者の数は、男性が2623人。そして女性は6024人。全体の数は1日目よりもやや減ったものの、コスプレ人口は男女共にかなりの増加。 そして今回は、なかやまきんに君が唐突にコスプレエリアに登場するサプライズも。「HUNTER×HUNTER」の伝説的なシーンをパーフェクトに再現し、会場で怒涛の人だかりを作っていたぞ! それではコスプレ美女たちと、なかやまきんに君などの姿をご覧に入れよう。本日も撮影させて頂きありがとうございました! 参照元:コミックマーケット、Twitter @kinnikun0917 執筆:江川資具
未分類

「うちの猫は…ひたすらベッドメイキングを見守ってくれる」(動画)

地味に体力を使う家事といえばベッドメイキングですが、かわいい愛猫がすぐそばにいれば少しは楽しくなるかもしれません。 飼い主さんの作業をひたすら見守るニャンコをご覧ください。 続きを読む
未分類

【私的ベスト】記者が厳選する2019年のお気に入り記事5選 ~江川資具編~

早いですね。とても早い。つい昨日くらいに「今年の夏はクソ暑い」的なことを言っていた気がしますが、気がついたらもう数日で今年が終わるじゃないですか。 それはつまり、ロケットニュース24の年末恒例「記者が厳選する2019年のお気に入り記事」の時期ということ。見返すとどうにもマヌケな記事が多いですが、数少ないまともなものから良い感じのものを5つ選んでみました。 切り裂きジャックの正体解明に進展か? DNA鑑定を用いた調査論文が公開されるもまさかのオチ / 一部で誤報道も してやった感がありました。ええ。たまたま得意な分野だったので、これはカウンター決めることができた感あって最高でした。プライベートのSNSアカウントまで流れてきた記事は今のところこれだけ。あとミト友がそれなりに受けていたのも良かったです。 タイヤ公園のタイヤを数えてみた / ネットの前情報とかなりの差 需要があるのかどうか、いささかローカルすぎたのではないか……。などと思うところがなくもないですが、こういうオリジナル感あって「思いついても普通やらねぇよ」的なネタは大事にしていきたいところ。 なかなか思いつかないし、思いついても予算とか時間的に厳しかったりするんですけどね。これも体力的にかなりきつかったです。しかも、この記事の後、別の用事で江ノ島まで行ってるんですよね。とにかくハードな1日だった記憶。 原宿にタピオカ専用ゴミ箱が爆誕 / そもそも日本の都市に公共のゴミ箱が少なすぎると感じることについて 増えるまで言い続けますよ。ゴミ箱少なすぎ。別に原宿だけじゃなく、新宿も渋谷も池袋も秋葉原もどこもかしこもゴミ箱少なすぎ。1ブロックごと……とまでは言わないので、2ブロックごとくらいには置いてほしいところ。 ガチなナイジェリア料理を食べられるディープな料理店「エソギエ(esogie)」 → ウマさと興味深さで最高にブチ上がって常連化待ったなしだった オゴゴロですよ。今年飲んだあらゆる飲み物の中で、ぶっちぎりでウマかったのがこのオゴゴロ。この後1回も飲みにいけてないのが辛い。オゴゴロ飲みたい。 もうほぼ毎晩オゴゴロのことを考えながら、オゴゴロの無い悲しみをウィスキーとかラム酒で誤魔化しているレベル。年明け辺りに営業してたらそのタイミングでまた行きたい。 台風15号から1カ月…あまり報道されな..
タイトルとURLをコピーしました