2019-12

未分類

『スター・ウォーズ』をイメージしたカクテルを堪能すべくBarに行ったら仰天した / 横浜関内「カクテルバーネマニャ」

真の映画ファンの中には、映画を見に行くだけにとどまらず、グッズ収集やロケ地訪問などに労力とお金を惜しまない人がいる。私(耕平)も、その1人と言っていいかもしれない。本当にハマった映画を見た後には、映画にゆかりがある場所に出かけるのが、趣味の一環だからだ。 例えば、先日私は映画『スター・ウォーズ』をイメージしたカクテルの数々を堪能してきた。折しも、2019年12月20日に「令和元年最後のヒット作」と話題の『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』が公開されたばかり。ブーム冷め止まぬ中ということもあり、どんなカクテルか気になる人も多いだろうから、以下でレビューしていこう。 ・ツカミは「R2-D2」 今回、スター・ウォーズをイメージしたカクテルを披露してくれるのは、横浜関内にある「Cocktail Bar Nemanja(カクテルバーネマニャ)」のオーナーバーテンダー、北條智之さん。 北條さんは、日本のTOPバーテンダーの1人と言われているメチャメチャ凄い人だ。国内外で開催された数々のカクテルコンペでグランプリを獲得しているほか、現在では全日本フレア・バーテンダーズ協会の名誉会長として世界大会の審査員も務めたりしているらしい。 そんな北條さんが、ツカミとして作ってくれたカクテルは…… 「R2-D2」のカクテル!!!!!! そもそも何が凄いって、グラスのサイズに合う「R2-D2」型の器が存在するということ。味は見た目の通りフルーティーで、「R2-D2」同様、女子ウケしそうなサッパリ風味。ツカミとしては、アルコール度もちょうど良い感じだ。 ・お次は「ダースベイダーの意志を継ぐもの」 次に北條さんが作ってくれたカクテルは「ダース・ベイダーを受け継ぐ存在」として、ダークサイドに君臨する「カイロ・レン」をイメージしたカクテルだ。 グラスの蓋とストローの漆黒とカクテルの紅色の組み合わせが、ダークサイド感を十分醸し出している芸術的な作品。中でも、グラス上で存在感満載の「カイロ・レン」のインパクトが強烈すぎる! このカクテルは見てるだけで楽しいので、カウンターの隣でこのカクテルに見惚れていた女性客に声をかけて飲んでもらい、感想を聞くことにした。 ── お味はどうですか? 女性客「うん! 美味しいです!」 ── …………ですよね。 急な無茶振りだったのと、..
未分類

吉野家子会社の新業態、セルフ焼肉専門店「トノサマカルビ」でお肉を焼いてみました

「吉野家 = 牛丼」、これは誰でも潜在的に認識している方程式である。ところが、吉野家ホールディングスの子会社には、親子丼とから揚げの専門店がある。天ぷらの専門店もある。さらには、焼肉の専門店まであった! それが今回紹介する「トノサマカルビ」である。ただの焼肉店ではなく、最近流行りの1人1台ロースターのあるセルフ焼肉のお店だったのだ。 ・1人1台ロースター お店は東京・高田馬場にある。2018年4月にオープンし、現在(2019年12月)この1店舗しかない。JR高田馬場駅を出て、徒歩約3分。店前には「焼肉ランチ 1分で提供」と書かれている。実際は1分も待たず、20~30秒で料理が提供された。あまりの早さに面食らったほどだ。 メニューを見ると、肉1種の定食は690円から。もっとも高い定食でも1450円。ご飯とスープがついて、卓上のキムチとナムル2種は食べ放題とのことだ。 入店すると最初の券売機で食券を買う。今回注文したのは、ハラミと牛タンの肉2種の定食、価格は3種盛りと同じ1450円。カウンター席には1人1台ロースターがある。 紙ナプキンや割箸は引き出しのなかにある。他のセルフ焼肉のお店と同じような形態をとっている。 ・提供が早い 着席して食券をスタッフいに渡すと、速攻で定食が運ばれてきた。体感としては、30秒なかったと思う。上着を脱いで、ホッと一息ついたタイミングで出てきたので、結構ビックリした。早っ! しかもトレイの上には、食後のお口直しのガムまで付いている。実にスマートである。 あとは焼くだけ。焼いてそして食うだけだ。 肉質は値段相応、可もなく不可もない感じ。サクっと焼肉することが魅力のお店なので、提供スピードの早さでかなり満足できる。それに加えて、キムチ・ナムル食べ放題も地味に嬉しい。これらを駆使して即席のピビンバを楽しむことも可能だ。 個人的には塩葱たれ牛たんが気に入ったので、次回はオリジナルで定食を組んでみたいと思う。 ご飯とスープのセットが300円。これに単品注文の塩葱たれ牛たんが1皿390円なので、3皿にしても全部で1470円。今回のハラミ・牛たんの定食が1450円であることを考えると、単品注文した方が高い満足度を得られるのではないかと思った次第だ。 立ち食いステーキの時代は終わり、これからはセルフ焼肉の流れが来そうな予感がする。その流..
未分類

【私的ベスト】記者が厳選する2019年のお気に入り記事5選 ~西本大紀編~

2019年が終わろうとしている。私事で恐縮だが、筆者は8年間ニートの身分だった人間なので、西暦の概念に疎い。そんな私でも「2019年が終わる」と自信を持って言い切れるのは、ライターという職に就いた今年1年が特別なものだったからである。 そこでその締めくくりに際し、はなはだ浅い職歴ながら今年書いた記事の中から「お気に入りの5選」をまとめてみたので、読者の方々にぜひお読みいただければと思う。嫌だと言ってもまとめてしまったので、どうか読んでみてほしい。 ・吉野家に一度も行ったことのない男が初入店した結果 → もう一店舗ハシゴしちゃった まず1本目は、吉野家を初体験した時の記事だ。ライター業に就いてまもない頃に、ハイハイとヨチヨチの狭間くらいの姿勢で書いたものである。自分が今でも続けている「初挑戦」系記事の原点であり、かつグルメレポとしても第一歩であったので思い出深い。 見返すとつたなさが目につくものの、自分の色は出せたのではないかと思うし、ライターデビュー直後のちょっとした名刺代わりの記事になってくれたように感じる。 取材の際、付き添いに来てくれた編集部の中澤記者に「ここからは1人で行ってね」と吉野家に放り込まれた時は千尋(せんじん)の谷に突き落とされた気分だったが、それも今となっては良い思い出だ。私も機会があれば誰かしらを千尋の谷に突き落としたい。 ・プロの探偵に聞いた「今までで1番の修羅場」があまりに意外すぎて震えた / 東京・池袋の「探偵と話せるカフェ」に直撃 有益な情報量で言えば、吉野家を初体験した男に関する記事は芥子粒(けしつぶ)ほどのものでしかないが、こちらの記事は「誰もが気になるであろう知られざる世界」の情報をだいぶ盛り込むことができたのではないかと密やかに自負している。 プロの探偵にお会いするのは初めてだったし、インタビュー形式で腰を据えてお話しするのも初めてだった。タイトルにある項目もさることながら、それ以外にも探偵業にまつわる様々な疑問をぶつけ、真摯にお答えいただけたので、多くの方々にご覧になってほしい限りだ。 この記事で訪れた「探偵カフェ」で、人生で一番美味しいオムライスを食べたのも印象的だった。いっそタイトルを「探偵の作るオムライスがガチで美味しすぎる」にしようかと気の迷いに襲われたほどだったが、さすがにそこは踏みとどまった。 ..
未分類

夫「妻の寝ている似顔絵をタトゥーにしたよ…」→妻がショックを受けた理由がこちら

夫婦の愛にはいろんな形があり、欧米では家族の名前などを入れることも珍しくありません。 妻と自分の似顔絵をタトゥーにした男性がいたのですが、その出来上がったタトゥーを見て妻がショックを受けたそうです。 どんな似顔絵だったかと言うと……。 続きを読む
未分類

ヴィーガン向けの、卵も白砂糖も入ってないアイスを食ってみた / 細菌で着色したものや、炭のジェラート

肉が好きだ。そして砂糖も大好きだ。私は「野菜を食え」と言われたら、オリーブオイルをぶっ掛けて「野菜だ」と言い張るレベルの肉食主義者。人類が新たなステージを迎えるための鍵は「MAXコーヒー」にあると考えているほど甘いものが、つまりは砂糖が好きである。 そんな具合なので、ヴィーガンたちは実に味気ない食生活を送っている……そう思っていた。肉だけじゃなく、卵も白砂糖もNGだというのだから。しかし、世の中にはそんなヴィーガン向けのアイスがあるというではないか。果たしてちゃんとウマいのか食ってみることに。 ・ウマかった ぶっちゃけ最初は期待していなかった。例えば、肉を使わないハンバーグというのがある。あの手のものは結局どこかで植物チックな味がして「あ、肉じゃないわコレ」となってしまう。それと同様に、卵も白砂糖も使わないアイスなど、どこかで「何か違う」と感じるのだろうと。 そんな感じで食べてみたが……結論から言うと、ウマかった。コンセプトやフレーバーについては実に独特だと感じたものの、少なくともアイスに関しては、ヴィーガン向けでもそこまで違和感は無いなと。 ・青いソフトクリーム ちなみに、今回ヴィーガン向けのアイスを食べに行ったのは、渋谷の「Super ice Creamery」というお店。そこの「ブルーアーモンド(税込み518円)」なるソフトクリームである。 牛乳を使ってないので厳密にはソフトクリームではないのだと思うが、見た目的にはソフトクリーム。面倒なのでソフトクリームと呼ばせてもらおう。 色が青ということで、インパクトがある外見をしており、その方向で突っ込んでもいいのだが……やろうと思えば、昨今は何でも青くできる。今回は色について特にリアクションしないでおこう。 それよりも興味深いのが、青い色の出どころである。この色は、ある細菌……シアノバクテリアを使って着色したものらしい。ちまたでは「スピルリナ」とか呼ばれているヤツだ。きっと、何か青色1号とかではダメな理由があるのだろう。 ヴィーガン向けなので牛乳も白砂糖も入っていないが、看板を見るにココナッツミルク、アーモンドミルク、そしてbrown rice milk……つまり、玄米の粉乳的なものだろうか? そのあたりを使ってソフトクリーム的なものにしているらしい。 たとえヴィーガンとて、ソフトクリームが恋しくな..
未分類

【4コマ】第75回「魔王軍はホワイト企業10」脳内ポートフォリオ

漫画:スガラジカル « 前の話へ | 第1回から読む
未分類

【2020年福袋特集】カップ麺がザクザク入った『エースコックお楽しみ袋』は忙しい人にオススメ! 体にも優しいかも…?

年末年始、何かと忙しいことと思う。「おせち料理はもちろん、ご飯を作る暇がないんじゃー!」という人もいるだろう。わかる、わかるぞ。年末年始を福袋記事に費やす、ロケットニュースのライターも似たようなものである。 さて、そんなバタついている時に助かるのが、カップ麺。イオンで『エースコックお楽しみ袋』を販売していたので買ってみたところ、カップ麺のほか袋入りのインスタント麺がゴロっと入っていた。しかも定番のあの商品入りで、体にも優しい……気がするぞ!  ・「エースコック お楽しみ袋」(税込1080円)の中身 ・飲み干す一杯 味噌バター味ラーメン ・飲み干す一杯 担担麺 ・スーパーカップМAX しょうゆラーメン ・ラーメンモッチッチ ワンタン麺 ・焼そばモッチッチ ・スープはるさめ かきたま ・スープはるさめ ワンタン ・スープはるさめ 坦々味 ・ハノイのおもてなし 鶏だしフォー ・わかめラーメン ごま・しょうゆ(袋) ・ワンタンメン(袋) ※福袋なので中身が異なる可能性があります ・スープはるさめ入り なんとカップ麺が9つ、袋麺が2つ、合計11点も入っていた。ラーメンはもちろん、フォーといった変わり種が入っているところも嬉しい。なにより個人的に嬉しかったのは、 “はるさめ” 商品が3点入っていたことだ。 カロリーを控えたい際に「はるさめを食べておけば大丈夫」と思い込んでいる記者は、時折コンビニなどで同商品を購入する。コンビニでは大体、希望小売価格と同じ税抜156円くらいなので、その商品が3点も入っている時点で、この袋はポイントが高い。 その上、これらが入った箱がなんとも可愛らしいのだ。エースコックと言えば、フライパンを持った “こぶた” キャラのイメージが強い。現在のこぶたは実は4代目らしいが、その彼のイラストが箱に大きくプリントされている。 箱もしっかりしているので、しばらくは収納ボックスとしても使用できそうだ。この箱だけを販売しても売れそうな気がするが、中にカップ麺まで入っているのだからラッキーだ。価格も手ごろなので「冒険はしたくないけど福袋を買ってみたい」という人は、試してみてはいかが?  Report:K.Masami Photo:Rocketnews24. ★こちらもどうぞ! → 「2020年福袋特集」
未分類

【私的ベスト】記者が厳選する2019年のお気に入り記事5選 ~K.ナガハシ 編~

いよいよ2019年も残り数日……そして来年はオリンピックイヤーの到来である! きっと数々のドラマが生まれることだろう。ロケットニュースのライターになって4年が経過した筆者。これまでグルメのほか、ロボットやガジェットに関する記事を多く執筆してきたが、ここ数年でみられる技術の進歩には感心させられるばかりだった。 来年は次世代の移動通信システム「5G」が本格的に実用化される予定らしい。スマホの通信速度がめちゃんこ速くなるかもしれないので、今からドキドキワクワク……。というわけで、2019年に公開された記事の中から印象に残った5つを選んでみたので、ご覧いただけたら幸いです!! ・1つだけ肉汁スゴすぎ! 大手コンビニ3社の『デミグラスソースハンバーグ(220円以下)』を食べ比べてみた 2019年も色々な食べ比べの記事を書いたが、中でも印象に残っているのが、この大手コンビニ3社の『デミグラスソースハンバーグ』である。ファミマのハンバーグにナイフを入れた瞬間、溢れ出す肉汁のインパクトったらそりゃすごいのなんのって。もう、まるで噴火山のようだった。記事内のGIF動画でその様子が見られるので、気になった方はぜひ1度食べてみて欲しい。 ・コスパ高すぎ!「チャーハン」を注文するとスープとして「ラーメン」が付いてくる! 札幌市中央区の名店『こく一番』に行ってきた 爆盛り系の飲食店もいくつかレポートしたが、とびきりハイクオリティーだったのがラーメン店『こく一番』だ。チャーハンだけでもなかなかの量なのに、おまけでちゃんとしたラーメンが付いてくるのには驚いた。 また、食べきれなかったら持ち帰りOKという点も嬉しいところ。サービス精神の旺盛さもさることながら、たいへん味も良くて大満足。行列必至なのも、うなずける名店である。 ・本当に暖かい? 極寒の北海道で話題のインナー『ひだまり』と『ヒートテック』を着比べてみた結果… 近年、テレビショッピングやネットでよく見かけるようになったインナー『ひだまり』。一部のアウトドアファンの間で話題になっている商品だけあって、暖かさは確かにハイレベル。今も愛用しているが、空気の層に包まれたようなふっくらとした着心地は唯一無二である。普段着のインナーとしては少し生地が厚めなので、ウインタースポーツや登山時の防寒具ほか、部屋着として使うといいだろう。 ..
未分類

「コスプレ好きの幼い少女に最高の1枚を撮らせてあげたい…」→大人のコスレイヤーたちが協力する

ワンダーウーマン好きの小さな女の子に「最高の写真を撮らせてあげたい」と、大人たちが集結しました。 出来上がった写真をご覧ください。 続きを読む
未分類

【2020年福袋特集】「ココイチ福袋(2000円)」は100パーお得だから売り切れ前に買うべし! もし売り切れていたら第2弾を待て!

福袋といえば、新年1発目の運試し的なイメージがあるが『カレーハウスCoCo壱番屋(以下ココイチ)』の福袋は2019年12月28日から販売開始している。で、もう先に言ってしまうと、ココイチの福袋はスゲーお得。これはかなり早い段階で売り切れるぞ。 ということで、さっそく近所のココイチで福袋(2000円)をゲットしてきた。これから気になる中身をネタバレ大公開するが……なんなら続きを読まずに買いに行っても後悔しないレベル。やっぱりココイチ最高でしたァァァアアアアア! ・「ココイチ福袋(税込2000円)」の中身 ・お食事補助券2000円分(500円×4枚) ・紅白レトルトカレー(レッドキーマカレー) ・紅白レトルトカレー(ホワイトカレー) ・お弁当にもってこカレー(中辛) ・オリジナル保冷バッグ(格子柄) 毎年のことだが、とりあえず2000円の福袋に「2000円分のお食事補助券」が入っている時点で “買い” である。神である。ちなみに、店内飲食の場合は1人1回の食事で1枚(500円分)、テイクアウト・宅配なら弁当1個につき1枚利用可能って感じだ。 使用可能期間は「2020年1月1日~3月末日」で、ココイチ以外に壱番屋グループの「あんかけスパゲッティ パスタ・デ・ココ」「らーめん 麺屋ここいち」「鉄板ハンバーグ にっくい亭」でも使える。常に財布に忍ばせておいて、いざという時に使おうぜ。 ・紅白カレーは今年も健在 もちろん福袋限定の「紅白カレー」にも注目。今回の福袋には、トマトの旨味たっぷりの旨辛「レッドキーマカレー」 & カルボナーラのような濃厚チーズの「ホワイトカレー」が入っていた。あと、ミニサイズの「もってこカレー」は弁当用とのこと。カレーづくしだな。 ・オンワード製の保冷バッグ そんで、これら福袋アイテムを詰め込んだ保冷バッグは「格子柄」と「黒」から選択可能で、オンワード製だから、見た目・質感ともにカレー屋の域をはるかに超えている。 デザインも素晴らしいが、500mlのペットボトルが6本入るから普通に使えるだろう。ピクニックに持って行けば「あらオシャレで実用的」と一目置かれるはずだ。 ・2020年の営業開始日でも購入可能 なお、今回ご紹介したココイチ福袋は「2019年12月28日~」と「2020年の年始営業開始日~」の2回に分けて販売される。内容はどちらも..
タイトルとURLをコピーしました