【2020年福袋特集】「稼ぐ気ないだろ!」と突っ込みたくなる『サーティワンの福袋』が最高!! オリジナルグッズも相変わらず可愛いな~

未分類
この記事は約2分で読めます。

コタツでアイスは冬の最も贅沢(ぜいたく)な楽しみ方であると、記者は思っている。そしてその夢を、よりキラキラさせるために必要なのが『サーティワン』のアイスクリームだ。もちろんコンビニアイスも大好きだが、なんだかサーティワンって特別な感じがしない? 

ヤマザキで販売しているとは言え、やはり店で買って食べるものは格別だ。さて『サーティワンの福袋』を見てみると、わざわざ店舗に足を運ぶきっかけを作ってくれる一袋となっていることに気付く。詳しくは以下を見てくれよな! 

・「サーティワンの福袋」(税込2000円)の中身

・オリジナルきらきらブランケット
・オリジナルマグネットホワイトボード
・オリジナル折り紙メモ
・オリジナルふせん
・アイスクリームギフト券 4枚(2000円分)

※福袋なので中身が異なる可能性があります

・稼ぐ気あるのかな? 

毎度不思議でたまらないのだが、なぜ2000円で販売する福袋に、2000円分のギフト券を入れるのだろうか。全く稼ごうという気が感じられないではないか! 消費者としてはありがたい、しかしなんだか申し訳ない気持ちになるというもの。

その結果、ついついギフト券がなくなろうとも、店舗に通ってしまうことになる。これがサーティワンの策略なのか……とも思うが、そんなこと考えてもいない気もする。だって毎年、そうなんだよ? やっぱり福袋で稼ぐ気ないでしょ! 

そして相も変わらず、オリジナルグッズの可愛らしいことよ。特に文具なんて、使い勝手が良い。学校や仕事場で使うと、注目されること間違いなしだ。このポップさが良いよな~。これだけ入って、この値段なのだから、お得という言葉以外に表現のしようがないぞ。

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.
★こちらもどうぞ! → 「2020年福袋特集」

タイトルとURLをコピーしました