【2020年福袋特集】『サブウェイ』はクーポンが使いやすい! 今年はオリジナルブランケット付き!!

未分類
この記事は約2分で読めます。

みんな大好きサブウェイ! 言わずと知れたアメリカ生まれの世界最大飲食店チェーンだ。日本に上陸して初めて食べた時は、筆者のサンドウィッチの概念が根底から覆された。

例年、定番感のある福袋のようだけど、今年の中身は……2000円分のクーポンと、非売品オリジナルブランケット

・福袋の内容(税込1980円)

・200円引き券×10枚
・オリジナルブランケット

以上がシンプルにパッケージされていた。ブランケットの柄は外から見えるので、好みに合うか事前に確認できる。

・クーポンは使いやすい

特筆すべきはクーポン。例えばドリンク券のようなクーポンって「★印のドリンクからお選びください」のような縛りがあることが多いと思うんだけど、サブウェイは金券と同じで、合計金額から割引くという超シンプルなシステム。つまりどんな商品にも使える! しかも一度の会計で複数枚使える!

このシステムだと「違うんだよ……ドリンクは元からセットになるから単品では要らないんだよ……」というミスマッチがなくて良い!

ただし有効期限があること、お釣りが出ないこと、サブクラブカードのチャージには使えないこと、購入した店舗でないと使えないことに注意。いつも行く店舗で購入するようにしよう。

・ブランケットは実用的

オリジナルブランケットは軽くてふわっふわの手触り。サブウェイらしい鮮やかなイエローに、グリーン、オレンジ、ホワイトの英字が入り、元気が出るビタミンカラーのデザインだ。

サイズは筆者が測ったところ約109cm×約68cmと比較的大判。女性なら腰にぐるりと巻けるサイズで、オフィスでも使えると思う。小さい子どもならお昼寝布団にもなるだろう。

よくノベルティとして配られる紙のように薄いペラペラのブランケットではなく、それなりにしっかりした生地だ。十分に実用的!

・お得感はもう一歩

購入価格1980円に対してクーポンが2000円分だから、この部分はほぼ等価交換となっている。付加価値はブランケットの分ということになるけれど、普段からサブウェイブランドのファンという人でなければ、これを手に入れるために! とはならないかもしれない。
同額のクーポンがあるからもちろん損はしていないのだけれど、ちょっとパンチが弱い印象もある。

まぁ、筆者は基本的にサブウェイ好きで、福袋を買っただけでなく朝食を済ませて、デザートに新商品の『あんこ&マスカルポーネ』まで食べた上に、期限前にクーポンを確実に使い切る自信があるのだけれども。

多くの人にお勧めできるように、来年にさらなる期待!

参考リンク:サブウェイ
Report:冨樫さや
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ! →「2020年福袋特集」

タイトルとURLをコピーしました