【2020年福袋特集】『久世福商店の福袋』は開封と同時に「次の日の献立」が頭をよぎる万能なラインアップ

未分類
この記事は約2分で読めます。

個人的に、カルディに匹敵する便利さではないかと思っているのが『久世福商店』だ。カルディは世界各国のものが揃っているのに対し、こちらは日本に重点を置いている気がする。イオン内によく店舗を構えていて、使い勝手も良い。記者もご飯のおともなどを、時々同店で購入しているぞ。

福袋もあることは知っていたのだが、なんとなくこれまでスルーしていた。2020年になったのをきっかけに、特に理由もないが「購入してみよう」とようやく思い切った次第。結果としては大満足。もっと早く買ってみれば良かったな~。

・「久世福商店」(税込3240円)の中身

・万能だし
・万能野菜だし
・昆布だし
・黒海苔佃煮
・ごまドレッシング
・生パスタリングイネ
・パスタソース あさりとにんにくのトマトソース
・ツナマヨソース
・なめ茸
・りんごジャム
・はちみつジャム いちご
・次回の買い物10%オフクーポン

※福袋なので中身が異なる可能性があります

・白米かパンがほしくなる

手にした瞬間にズシっと重かった理由が、開封してみるとなるほどわかった。ほぼ瓶入りなのだ。福袋の中にさらに黒い袋が入っており、それを開けた途端、和洋のジャンルを越えてソースやジャム、ご飯のおとも等がお目見え。なんというボリュームだろうか。

ついつい頭の中で、次の日の献立(こんだて)を考えてしまうようなラインアップ。下手をすれば、明日の朝ごはんにペロッと食べてしまいそうなほどに、美味しそうだ。見ているだけで白米、もしくはパンが欲しくなるじゃないの。

今までスルーしていたことが悔やまれる、『久世福商店』の福袋。次回の買い物で使うことができる10%オフクーポン付きだったので、こりゃまたまんまと通いそうな勢いだ。

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.
★こちらもどうぞ! → 「2020年福袋特集」

タイトルとURLをコピーしました