【2020年福袋特集】靴下にも流行りってあるのね… 『靴下屋の福袋』には「はじめて」がいっぱい詰まっていた

未分類
この記事は約2分で読めます。

歳をとると、若い子たちのファッションにカルチャーショックを受けることが、たびたびある。最近、記者が頭を悩ませているのはシャツインをするタイミングだ。恐らく、シャツインしたほうがナウいのだろうが、いつどの服装ですべきであるか全くわからない。

こうして人って、色いろなものを諦めていくのかなと思ったりしている。いやはやしかし『靴下屋』の福袋を通して若者の服装流行問題について、考えさせられることになろうとは。実は、私の感覚ではわからないモノが2足入っていたのだ。だれか、正解を教えて! 

・「靴下屋 レディース」(税込1600円)の中身

・靴下5足

※福袋なので中身が異なる可能性があります

・折り曲げて履くのがナウいの? 

ご覧の通り、靴下が5足入っていた。1足あたり320円だ。なかなか良い買い物であることには違いないのだが、靴下って折り曲げるの? よくわからないのだが、口ゴム部分というのだろうか……足を入れる筒の入り口がクルんと折りたたんであるのだ。

最近はこのようにして履く……のか? 全く知らなかったYO! しかも1足は、イカの脚のような白いひらひらが付いているではないか。靴下の、ちょっとしたところにも流行が現れるなんて。いくらオシャレは足元からとはいえ、ファッションって難しい。

気軽に買ったはずの『靴下屋』福袋が、意外にも考えさせられる内容だった。これだから、福袋は何が起こるかわからない。そのうち、この靴下を履いて、ナウなヤングに正しい履き方を享受してもらおうと思う。

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.
★こちらもどうぞ! → 「2020年福袋特集」

タイトルとURLをコピーしました