【2020年福袋特集】令和のヴィレヴァンは一味違う! ヴィレッジヴァンガード「ブラック福袋(1万1000円)」の中身を大公開ッ!!

未分類
この記事は約3分で読めます。

ここ数年、年明けから狂ったように福袋の記事を書きまくっている私(P.K.サンジュン)が言うのもなんだが、最近の福袋にはワクワクが足りない。いや、足りなさすぎる。あらかじめ中身がわかっている良心的な福袋も嬉しいが、みんなはイチかバチかの大勝負を見届けたくはないだろうか?

そんなヒリつく感情を満たしてくれるのが、毎度おなじみ『ヴィレッジヴァンガード』の福袋である。2020年、ロケットニュース24はヴィレヴァンの福袋全10種類を購入! トップバッターは最高額の『ブラック福袋(1万1000円)』をご紹介DAッ!!

・全10種類を購入

当サイトでは毎年、価格ごとに「1万円」「5000円」「3000円」のヴィレヴァン福袋をご紹介してきた。遠慮なく言えばヴィレヴァンの福袋に入っている9割はゴミ──。3種類でも10種類でも「9割がゴミ」という事実は変わらないと判断したためだ。

だがしかし、本当にそうなのだろうか? もしかしたら超ド級のお宝が眠っている可能性もあるのではなかろうか? 平成から令和になり1発目の福袋、ヴィレヴァンも相当な気合いが入っているハズ。というわけで、総額4万7200円で全10種類の福袋を購入した。

んでもって、ブラック福袋(1万1000円)である。仮にお宝が入っているならば10種類の中でも最高額のブラック福袋である可能性は非常に高い。信じてるぜ、ヴィレヴァン……! そして気になる中身は以下の通りだッ!!

・ヴィレッジヴァンガード「ブラック福袋(1万1000円)」の中身

・マッチョカンガルーのぬいぐるみ
・岸辺露伴ペン
・メッシュのリュックサック
・チャンピオンのハーフパンツ
・ストレッチバンド
・カニのパスケース
・ライトニングケーブルアクセサリー

※福袋なので中身が違う可能性があります。

一言でいえば……悪くない。ここ2年「」「ワシ」と続いた巨大ぬいぐるみだが、今年は「マッチョカンガルー」であった。その存在感は圧倒的で、逆にどんなにいいものが入っていても巨大ぬいぐるみが入っていない時点で「ブラック福袋」の価値はないに等しい。

・悪くない内容

さらに「メッシュリュックサック」と「ハーフパンツ」の総額が1万1300円なので、この時点で元は取れている。カニのパスケースを始めとするゴミが紛れていることは否定しないが、価格的に買って損することはなさそうだ。

さらに「岸辺露伴PEN」の存在は大きい。調査によるとこのペンだけで5000円くらいするうえ、フィギュアとしての精度はかなりのものだ。……自分で使うかはさておき、仮にジョジョファンならばこの1品だけで満足するだろう。

というわけで、予想通りのワクワク感が詰まっていたヴィレヴァンのブラック福袋。とはいえ、本気のお宝とはまだ言えない。果たして残り9個の福袋に「ガチ宝」は入っているのか? 続報を待たれよ!

参考リンク:ヴィレッジヴァンガード「福袋」
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

タイトルとURLをコピーしました