【2020年福袋特集】紀ノ国屋の「食品福袋(3240円)」の中身を大公開! 豊富なラインナップだったので “紀ノ国屋デビュー” にどうぞ

未分類
この記事は約2分で読めます。

「最高の商品」を選りすぐったスーパーマーケット……だそうです。『紀ノ国屋』のホームページにそう書いてありました。高級なイメージから筆者は1度も利用したことはないのだが、そんな私にうってつけな “紀ノ国屋デビュー” のチャンスが訪れた。そうです、福袋です。

価格は税込み3240円 と 5400円 の2種。さすがにデビュー戦で高い方を買うほどチャレンジャーではないので、今回は安い方(3240円)を買ってみたぞ! 

紀ノ国屋の「食品福袋(3240円)」の中身

・国産フルーツミックスこんにゃくゼリー
・ダークチョコ ハニーコム
・たらこクリーム パスタソース
・岩手の短角牛カレー
・おつまみ歌舞伎揚
・小川プレミアムブレンド ドリップコーヒー
・ドーセットシリアルス
・蜂蜜カステラ
・フルーツサンドクッキー
・クロッカンテッレ ピザ風味

以上10品なのだが……ちょっと大人として恥ずかしくなるぐらい「初めまして」の商品ばかりだ。ただの1度も目にしたことないよ、こいつら……。だもんで、”開封の儀” において「おお~コレが入ってたか!」などとテンションが上がることは皆無だった。

ただ、コレは美味しそう! と胸が高鳴るモノはいくつかあった。例えば「ダークチョコ ハニーコム」。グレートジャンボゴリラ君(『浦安鉄筋家族』)みたいな畳みかけ方をした商品名だが、とにかく「ハチミツ味のクッキー的なやつにダークチョコがコーティング」されているんでしょう? 美味しくないワケがない!

「蜂蜜カステラ」も要チェックだ。”最高の商品” を取りそろえる『紀ノ国屋』のオリジナルカステラなので、さぞや自慢の逸品なのだろう。しかも去年までの記事を見る限り、この「蜂蜜カステラ」はここ数年 福袋メンバーから外れていない。いわば福袋の常連で「4番」的存在なのだろう。なお、同じく常連だった「パンダサブレ」はOUTしたようだ。

・紀ノ国屋デビューには良いかも

福袋を総評すると、コーヒーあり、レトルト品あり、甘い系&しょっぱい系のお菓子あり、おつまみっぽいヤツもあり、朝食に使えそうなモノもあり、そして来客に出せそうな上品なオヤツもあり……。

う~ん、実にバラエティに富んでいる! “紀ノ国屋 初心者” でもそうそう後悔しなさそうなメンツがそろっている印象だ。老若男女問わず、何かしら “刺さる” ものが入っているのではなかろうか? 余裕のある方は5400円の福袋にチャレンジしてみるのも良いかもしれない。

ちなみに紀ノ国屋のオンラインストアなどで見る限り、今回の福袋(3240円)の総額は ざっと7000円ほどありそうだ。

参考リンク:紀ノ国屋
Report:ショーン
Photo:RocketNews24.

タイトルとURLをコピーしました