【2020年福袋特集】女子が『aimerfeel(エメフィール)』の福袋をあえて勝負下着にするべき理由

未分類
この記事は約3分で読めます。

「今日が1年で1番の割引で〜す!」という元気な呼び声に導かれ、新年初売りのaimerfeel(エメフィール)店内は盛況だ。定期的にセールを行うエメフィールだが、「1番おトク」とキッパリ言い切ってもらえるのはありがたい。女子の皆さん、買いだめするなら今がチャンスよ!

店頭に山と積まれた福袋の内容は、ブラジャー3枚とパンティ4枚、さらには1000円分のクーポンも付いて、お値段なんと3500円(税込)! 安い! でも……おダサイんじゃないの……?

・ダサくはない! が……

エメフィールの福袋はピンクとパープルの2種類から選ぶことができる。それぞれピンクorパープルの上下セットが確定で入っており、あとはランダムという寸法だ。もちろんサイズも選べるのでご安心!

なんとなくピンクは恥ずかしいのでパープルを購入してみた。

内訳は以下の通り。

・2900円(税抜)のブラジャー ×1

・2600円(税抜)のブラジャー ×1

・2500円(税抜)のブラジャー ×1

・800円(税抜)のパンティ ×4

・1000円オフクーポン ×1

しめて税込1万2300円相当が8800円割引。下着は消耗品なのでこれは嬉しい。が……女子が最も気になる「ある問題」をクリアしているかどうかが、購入の分かれ道となることは言うまでもない。その問題とは……

『上下のデザインが揃っているかどうか』

残念ながら今回の福袋の中で、上下セットで入っていたのは、もとから確定のパープルの下着だけであった。

・考えを変えるきっかけになれば

「女子が最も気になる問題」と書いたが、“本当に気にしているのは、実は男性” とする説がある。上下が不揃いの下着を見ると、「雑な感じがして萎える」と主張する男性が一定数いるというのだ。

面と向かって女性に「その下着、萎えるわ〜」と切り捨てる男性はそう多くないかもしれない。しかし「万が一にも萎えられては困る」との思いから、女性側も勝負下着の絶対条件として “少なくとも上下セット” を常識とする風潮になっていることは紛れもない事実。

その風潮……変えてみないか?

・よく見て!

今回バラバラに入れられていたブラジャーとパンティの中で、なんとなく色合いの近いものを組み合わせてみた。薄いブルー系同士で合うかと思いきや……

微妙な違いが逆に目立つ結果になった。「ごまかし感」が出てしまい、これはあまりよくない。それならば……

同じブルーのブラジャーに、あえて明らかに違うガラモノのパンティを合わせてみる。……うん! コレは悪くないんじゃないか? 「こういうセットです」と言われれば信じてしまう気がする!

思い切って色合いすら完全に変えてみたらどうだろう? 幾何学模様の黒いブラジャーにサーモンピンクのパンティ! ……コレもカワイイ! 当サイトの男性記者に意見を求めたところ、「 “上下の色が違うなぁ” とは思うけど、萎えるとかはない」とのことだ!

・あとは各自の判断

だいたい女性に上下セットの下着を求めるのなら、男性のパンツと靴下が不揃いな件をどう説明するのか? ……というのは、強い女の言い分である。そう思ってはいても、なかなか言えない女性が多いのは当然だ。

「女性の下着は上下セットが望ましい」とする文化が、我が国に根強くあるのは紛れもない事実。この福袋の内容を見て「セットでないなら買わない」のか、「普段使いならアリ」とするか。……あるいは「あえてこれで勝負」と奮い立つのか? 世の女性たちの判断を待ちたい。

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ! → 「2020年福袋特集」

タイトルとURLをコピーしました