【2020年福袋特集】釣りをしない私が「つり具の上州屋」で購入した福袋はコレです

未分類
この記事は約2分で読めます。

私(佐藤)は釣りをしない。釣り具も持っていない。しかし「つり具の上州屋」に行くことがある。それは冬の時期に使えそうな防寒具を売っているからだ。それも、ファストファッションのお店では出会わないような、優秀なウェアが多数取り揃えられている。

年明け早々に、最寄りの店舗に行ってみたところ、福袋を販売しているのを見かけた。これはせっかくなので何か1つ買って行こう。そう思ったのだが、釣りをしない……。そんな私でも唯一買って使えそうなものがあったので紹介したい。その福袋とは……。

・釣りをしなくても使えるモノ

「大漁福袋! 干物作っちゃえ!」である。販売価格は税別3400円だ。

これ以外の福袋はちょっと手が出なかった。というのも、リールやワーム、ルアーやクーラーボックスの類であり、釣りの現場で生きる品々ばかり。内心、ウェアや手袋類の福袋に期待して行ったのだが、それらを見つけることができなかった。そこで釣り抜きでも使えそうなものとして、これを選んだのである。中身は次の通りだ。

うろこが飛散しない「うろこ収納ボックス」付きのうろこ取り。

包丁ブランド「貝印」の出刃包丁、関孫六。

株式会社ベルモントの美粧魚骨抜き(西型)。

そして脱水シート「ピチット」である。

幸い、干物干し網は当編集部にある。それらを駆使すれば、すぐにでも干物の仕込みが出来てしまう。最高じゃないか!

だが、しかし! ひとつ問題がある……

干物にする魚がない!

誰か釣ってきてくれ。よろしく頼む……

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

★こちらもどうぞ! →「2020年福袋特集

タイトルとURLをコピーしました