【2020年福袋特集】高級洋菓子メーカー「モロゾフ」の福袋がたったの1000円! ゴディバの福袋と中身を比べてみた

未分類
この記事は約3分で読めます。

高級洋菓子メーカーというと「ゴディバ」が真っ先に浮かぶかもしれないが、神戸発の「モロゾフ」を忘れてはならない。プリンもケーキも焼き菓子も、モロゾフなら間違いないというイメージを持っている人は私以外にも多いかと思う。そんなモロゾフの福袋を買ってみた。

……ってことを去年の福袋記事「高級洋菓子メーカー『モロゾフ』の福袋がたったの1000円! ゴディバの福袋と比べてみた」で書いたのだが……覚えておられるだろうか? あの勝負「モロゾフ福袋 VS ゴディバ福袋」を今年もまたやってみたところ、じんわりとゲーム差が広がっていたので報告したい。

まず、先日取り上げた今年のゴディバ福袋(税込3500円)の中身を確認しておこう。

【2020年のゴディバ福袋(税込3500円)の中身】

・ニューイヤーアソートメント(6粒入)
・パールチョコレートダーク
・カレアソート(9枚入り)
・プレステージ ビスキュイコレクション レディゴディバ ノア ダークチョコレート(12枚入)

※福袋なので中身が異なる可能性があります

──上の内容について、記事を執筆したK.Masami は「2019年のゴディバ福袋(3000円)に比べてニューイヤーアソートメントの個数が減少(8個 → 6個)していること」や「今年はカレアソートが入っている点」などを指摘しつつも、「例年と比べて大きな変化がない」としている。

ただし、昨年2019年にK.Masamiが購入したゴディバ福袋は3000円。今年は3500円なので、内容に関して大きな変化がなくても価格が上がっていることは事実

もう少し詳しく言おう。食品産業新聞社によれば、百貨店や専門店で買える今年のゴディバ福袋の中で、もっとも安いのが3500円のタイプだそうだ(ただしアウトレットでの購入をのぞく)。

では一方、今年のモロゾフ福袋はというと……今年も去年と同じ1000円(税抜)。ややこしいので税込み表記にするならば、1080円であった。では、中身の方はどうなったのか? 結論を言ってしまおう。ほぼ同じである! 変化したポイントを挙げるならば、アルカディアの「ミックスナッツ」が「カシューナッツ」になったくらい。

いちおう、商品ラインアップを紹介しておくならば……

【2020年のモロゾフ福袋(税込3500円)の中身】

・ラウンドプレーン(ミルクチョコレート / 70g)
・ラウンドプレーン(セミスイートチョコレート / 70g)
・アルカディア(アーモンド ※焼き菓子 / 70g)
・アルカディア(カシューナッツ※焼き菓子/ 70g)
・ココアピーナッツ(8g×10袋)

──こんな感じなのだが、モロゾフの場合は福袋の裏を見ればいい。

バッチリ中身が書いてあり、2019年とほぼ同じであることが一目瞭然。もちろん、余裕でモトが取れる点も同じ。普通に商品を買ったら2倍近くしてしまう点も同じである。

・去年はモロゾフに軍配

ちなみに、去年の記事では「結局のところ好みの問題だろうが、私は「この内容で1000円はヤバイ」という理由でモロゾフに軍配」としている。

そして今年だ。ゴディバは「内容に大きな変化がない」なかで価格は500円アップ。一方のモロゾフは、内容・価格ともにほぼ変化なし。これはつまり、福袋のコスパ面においてモロゾフはリードを広げている……と言えるのではないか。何も変わってないように見えるが、実は変わっている……と言えるのではないか。

そもそも、昨年2019年の10月には消費税が上がり、様々なメーカーが値上げに踏みきっている。そのなかで、「変えない」ことは決してラクではないはず。時として、変わらないことも1つの大きな決断なのだ。

──福袋の話なのに、何でこんなカタいことを言うのかって? 本音を言うと、タイトルを去年の記事からコピペしたことに対して、ひとこと言い訳がしたいんだ。

参考リンク:食品産業新聞社
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

タイトルとURLをコピーしました