【2020年福袋特集】ACTUSのリビング福袋『LEVANDE(1万5400円)』を初めて開封! ほとばしる意識の高さに魂が震えた…!!

未分類
この記事は約3分で読めます。

店に入ったその瞬間、自分がとてつもなくオシャレ意識の高い人間に思えてくるのが『ACTUS(アクタス)』である。家具に照明に食器にアパレル、それらすべてが……意識高すぎィッ! 毎日のように通っていたら、そのうち意識が飛ぶかもしれない。

……と、編集長 GO羽鳥が去年の記事で書いていたので全コピペしたで候。というのも、私(あひるねこ)はアクタスのアの字も知らない超ACTUS初心者なのだ。そのため、中からどんな代物が出てくるかまったく予想がつかないでござるよ。ドキドキ……。

・ACTUSのオシャレ福袋

2種類あるアクタス福袋のうち、今回開封するのはスウェーデン語で「リビング」を意味する『LEVANDE(レヴァンデ)』だ。気になるお値段は税込1万5400円となかなかのもの。インテリア雑貨や暮らしを彩るアイテムが入っているらしいのだが……。

とりあえず、羽鳥も去年言っていたようにトートバッグとしてイイ感じ!

さっそく開けてみっぞ。

・ACTUS「LEVANDE(1万5400円)」の中身

・Kahlerのフラワーベース(made in ポルトガル)
・Ferm Livingのコットンバスケット(made in インド)
・Papercollectiveのポスター(made in デンマーク)
・Papercollectiveのフレーム(made in イタリア)
・ACTUSオリジナルのコットンブランケット(made in インド)

うおお……。

よく分からんが、でら意識高ぇ。

・ほとばしる意識

ポスターとフレームはすでに一体化しているため、実質の中身は4点ということになる。4点で1万5400円とは金額的にも相当な意識の高さではないか。では一つずつ見ていこう。まずはこのフラワーベースから。

フラワーベースって、たぶん花瓶だよな……。

おお! けっこうデカイ!!

このシリーズはボーダーが特徴らしく、すべて職人の手仕事によって作られているそうだ。たしかにハンドメイドならではの温かみが感じられる。花を活けても、オブジェとしてそのまま飾っても絵になるとのことだ。

ふむ。

さあ、続いてポスターいこう。福袋の中に絵が入ってるなんて、さすがハイセンス福袋である。シンプルなデザインなので部屋のインテリアとも合わせやすいのではないか。ちなみにこれ……。

どうやら向きが逆だったらしい。

正解はこっち。

うむ、たしかにこっちが正しいな。

続いてコットンバスケットなんだけど、あ、これトートバッグじゃなくてバスケットなのか! てっきりオシャレなトートバッグかと思ったよ。

普通にエコバッグとして使えそうだけど……なになに? 「ハンガーや洗濯ばさみを入れておくツールバッグとしてぴったり」……ってマジかオイ! たかが洗濯ばさみを入れるのにこんなオシャレな必要があるのかよ!! ウチ100均のだよ!? 意識高すぎんだろ!

まあ、たしかにマチがたっぷりあって、さっきのフラワーベースもすっぽり入っちゃうけどね。

んで。

最後がこちらのコットンブランケットである。

天然素材で作られたベージュのヘリンボーン柄も、やはり意識の高さを感じざるを得ない。ハーフサイズで持ち運びにも便利なため、ピクニックマットとしても活躍するんだとか。

とりあえず……去年の羽鳥のように使ってみるか。

うん! うんうん!! インドの夢が見られそうだ!!!

おやすみなさ〜い!

完 –

参考リンク:アクタス「ACTUS福袋 2020」
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ! →「2020年福袋特集」

タイトルとURLをコピーしました