【2018年福袋特集】史上最強に黒くて細い「EMODA(エモダ)」の福袋に四苦八苦! あまりの難易度に「おまえ誰だよ」ってヤツが召喚された

未分類
この記事は約2分で読めます。

うかつに手を出すべきではなかった。何のことかって「EMODA(エモダ)」の1万円福袋(税込1万1000円)のことである。

スタッフのお姉さんや、お店の佇まいからして「過去最高級のギャル度だな……」とは身構えていたが、まさかここまで難易度が高いとは思わなかった。はっきり言って、甘く見ていた。開封すると……

黒一色! 商品数は6点だが、とりあえずは……

コレはくべ!

……って……

細っ!

ほぼタイツ!!

でもはけた。

ここにニットをあわせてみたら……

ふむ……

う〜む……

パーカーは……

ん〜〜……

ダウンは……

〜む、なんだろう。カッコイイというか……。それはそれで良いのだけれど、難易度が高いというか、かわいらしくならないというか、ギャルっぽくならないのである。

そりゃモデルの私(レイらん)の設定年齢が30歳なのだからギャルっぽくならないのは当然であるし、実年齢は40歳のオッサンなのだから「ギャルっぽく」だなんて厚かましいにも程があるのだが、エモダに対して私が勝手に期待していたのは “ギャルさ” である。

しかし……

残り2つは……

いかにもギャル風……!!

これを着たら……

鏡の向こうには……

ギャル……

…ではなく、

絵に描いたようなオカマ(40)がいた。

<完>

参考リンク:EMODA(エモダ)
Report:GO羽鳥
メイク:RAAR(ラール)
Photo:Rocketnews24.
★こちらもどうぞ! → 「2020年福袋特集」

タイトルとURLをコピーしました