【困惑】てんや、マクドナルドみたいな新商品を発売してしまう / チーズをなぜかポークで挟んだ『ダブルチーズポーク天丼』さん、登場

未分類
この記事は約3分で読めます。

ハイパーエクストリーム天丼チェーンこと俺たちの「てんや」が繰り出す新年一発目の新商品は、正月休みで なまった感性に喝を入れるかのような過激なものとなった。というか、もはや天丼ではないナニカと表現した方が正しいかもしれない。

簡単にご説明しよう。2枚のポークの間にチーズを挟んで揚げたという、その名も『ダブルチーズポーク天丼』! てんやよ、一つだけ言わせてくれ。それマックや。マクドナルドにありそうなヤツや。通称ダブチや。さすが俺たちのてんや、新年早々やってくれる……。

・安定のてんや節

毎度毎度、真っ当な新メニューのバーターでワケの分からない代物をブチ込んでくる我らがてんや。今回の『ダブルチーズポーク天丼』に至っては、事前の商品説明の時点ですでに意味不明であったことをハッキリ記しておきたい。

「2枚のポークの間に、チェダーチーズをサンドした『チーズインポーク』に、チェダーチーズとパルメザンチーズを配合し、マヨネーズを隠し味に加えた『マヨチーズソース』をかけたダブルのチーズ。」

お前は一体何を言っているんだ? 上の文をもう一度よく見てみろ。カタカナ多すぎんだろ。ここは日本が誇る日本の食、天丼の店ではなかったのか。とは言え、こういった “荒ぶり” を悦とする者にとっては何ともたまらぬ展開だ。いざ、ダブチ天丼としゃれ込むとしよう。

・ポークで挟まれたチーズ

『ダブルチーズポーク天丼』は税込720円。そこに半熟玉子が付くと770円であるが、どうやら玉子付きがデフォらしいので50円追加しておいた。玉子は別皿で提供され、一緒に黒胡椒も付いてきたぞ。お好みでかけてくれとのこと。

肝心のダブチ天丼は予告通り、大きなポーク天(?)が2枚横たわっている。まあ天ぷらにしてしまうと何が何だか分からないのはいつも通りとして、箸から伝わる衣の厚み的に、たしかに豚肉が2枚重なっているようだ。

・想定以上

そこへガブリとかじりつくと……お、おお。これは! 思った以上にチーズチーズしてやがる……!! 外からかけられたチーズソース、そして中からトロッと出てくるチェダーチーズの波状攻撃によって、口の中が一気にチーズの香りで満たされるのだ。

チーズ濃度でいうなら、個人的にはマックのダブチを遥かに上回っているように思った。さすが自ら『ダブルチーズ』を名乗るだけのことはある。ただし、相変わらず豚肉がどこにいるのかはよく分からん。この辺は去年の『すて~きなビーフ天丼』とまったく同じだな。チーズと衣と、たぶん肉みたいな感じである。

よってこの『ダブルチーズポーク天丼』は、天丼と同じくらいチーズが好きな人にこそオススメだ。チーズ好きを納得させるだけの、十分な説得力を持っているのは間違いないと言える。むしろ、チーズ感を和らげてしまう半熟玉子や黒胡椒の存在が、私(あひるねこ)には余計に感じられてしまった。

・さらなる進化

これまでいくつもの奇天烈なメニューを世に放ち続けてきた てんや。今回のマクナル化によって彼らは、ついにネクストステージへ足を踏み入れたのかもしれない。そう、ここまで来れば何でもありだ。来月あたり、いきなりビーフストロガノフを天丼にしていてもおかしくはないだろう。今年も要注目である。

参照元:天丼てんや(PDF)
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

タイトルとURLをコピーしました