【傑作なんだ】CGアニメ「スター・ウォーズ / クローン・ウォーズ」と「反乱者たち」はもっと評価されてイイ

未分類
この記事は約6分で読めます。

2019年12月20日、映画「スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け」が公開された。周囲の人の感想やネット上の評価を見てみると「評論家はイマイチ」だが「ファンは大絶賛」といったところだろうか。私(P.K.サンジュン)は純粋におもしろかった。

さて、スター・ウォーズファンならば誰しも「お気に入りのタイトル」があることだろう。特に「帝国の逆襲」あたりは根強い人気を誇っているが、もし私がお気に入りのタイトルを問われたら、ずるいことを承知で「クローン・ウォーズ」と答える。それくらいCGアニメ「クローン・ウォーズ」と「反乱者たち」は最高傑作なのだ。

・最高傑作と確信

壮大なスター・ウォーズの世界は、実写版映画だとEP1「ファントム・メナス」からEP9「スカイウォーカーの夜明け」までが、いわゆる “スカイウォーカーサーガ” に位置付けられている。おそらく「スター・ウォーズを全部観た」=「実写映画9本を全部観た」とお考えの方も多いと思うが、ちょっと待って欲しい。

アナザーストーリーの実写版映画「ローグ・ワン」や「ハン・ソロ」は当然として、実はスター・ウォーズの世界はルーカスフィルム公認のストーリーが多く存在する。中でも私が最高傑作だと確信しているのが、CGアニメ「クローン・ウォーズ」と「反乱者たち」だ。

View this post on Instagram

Young Padawan Ahsoka Tano's Jedi training was forged on the battlefields of the Clone Wars.

A post shared by Star Wars (@starwars) on

・1番知りたいエピソードが満載

時系列的に「クローン・ウォーズ」はEP2「クローンの攻撃」とEP3「シスの復讐」の間が舞台となっている。ということは、だ。まだまだ多くのジェダイが生きている時代のストーリーなので、実写版だとチラッとしか映っていないジェダイたちがメチャメチャ活躍しているのである!

ハッキリ言って、マグロでいえばこの時期は大トロの部分。考えてもみて欲しい。ヨーダは当然として、メイス・ウィンドゥ、ルミナーラ・アンドゥーリ、キット・フィストー、プロ・クーン……などなど、伝説のジェダイ・マスターたちが、実際に! ライトセイバーを持って!! 敵と戦うのだッ!!

View this post on Instagram

#StarWars #SpotlightOfTheWeek – Kit Fisto: Nautolan Knight.

A post shared by Star Wars (@starwars) on

「クローン・ウォーズ」は2008年公開の映画「クローン・ウォーズ」がプロローグとなっており、その後テレビアニメでシーズン6まで制作されている。このシーズン6まで制作されているという事実だけでも、ファンからの人気がどれだけ高いかおわかりいただけることだろう。

・アナキンの良さがわかる

ちなみに「クローン・ウォーズ」の主人公はアナキン・スカイウォーカーで、パダワンの「アソーカ・タノ」と共に分離主義者たちとの激闘が描かれている。そこに先述したジェダイたち、さらにはクローンたちをメインにしたストーリーが加わる格好だ。

きっと読者の中にはアナキンのことを「結局はダークサイドに堕ちた愚か者」とお考えの方もいらっしゃることだろう。私もそう思っていた……クローン・ウォーズを観るまでは。確かにクローン・ウォーズでも、アナキンは独善的で危うい気配を感じる描写が多い。

View this post on Instagram

Happy birthday to the Chosen One, Hayden Christensen! #StarWars

A post shared by Star Wars (@starwars) on

一方でジェダイとして高潔な魂を持っている(いた)こともまた事実で、彼の情熱と使命感が “最強のジェダイ” と称された戦闘能力の高さと共に描かれている。「スター・ウォーズが好きなのにクローン・ウォーズを観ないのは損している」とまで断言してしまおう。

・やや暗い反乱者たち

その続編の「反乱者たち」は、EP3「シスの復讐」からEP4「新たなる希望」が舞台となっており、こちらはシーズン4で完結している。「反乱者たち」も「クローン・ウォーズ」に勝るとも劣らないクオリティで、めちゃめちゃファンからの評価は高い。

EP3からEP4の間ということは、帝国が誕生しダース・ヴェイダーが猛威を振るっていた時代である。当然かなり暗い作風ではあるが、どうにかして生き延びたジェダイたちや、帝国になんとか抗おうとする反乱軍たちの生き様は涙なしには観られない。こちらもズバリ、傑作だ。

View this post on Instagram

Bring home the fourth and final season of #StarWarsRebels July 31.

A post shared by Star Wars (@starwars) on

その他にも「幼少期のボバ・フェット」や「ダース・モールのその後」さらには「マスター・サイフォ=ディアス(クローンを発注した人!)」などなど、スター・ウォーズファンなら絶対に知りたいエピソードが「クローン・ウォーズ」と「反乱者たち」では描かれている。

・CGアニメだからこそ

もしかしたらアニメそのものに拒否反応がある方もいらっしゃるかもしれないが、個人的には「スター・ウォーズの世界観を描くには、むしろ実写よりCGアニメがベスト」だと思う次第だ。しかもこれらはルーカスフィルム制作……! つまりスター・ウォーズの “正史” だということになる。

無論、スター・ウォーズファンならば「クローン・ウォーズと反乱者たちが傑作なんて常識」とお思いのことだろう。だがしかし、これだけ良質な作品なのに「知ってる人全然いねえ」と感じたこともあるハズだ。両作品ともにもっともっと評価されてイイ。

なお「クローン・ウォーズ」及び「反乱者たち」の視聴は、DVDレンタルかディズニーデラックスをオススメする(何年か前はhuluでも配信されていた)。全ての実写映画とも複雑に絡み合う作品だから、どちらも観て損はしない。むしろスター・ウォーズファンを名乗るならば、絶対に押さえて欲しいタイトルだ。

執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

タイトルとURLをコピーしました