コメダ新作「ベリー黒みつシロノワール」と「黒みつミルクコーヒー」を食べてみた / これはナイスな苺の食べ方を知った

未分類
この記事は約3分で読めます。

デニッシュパンに苺ジャムを合わせたらどうなるか。ほとんどの方はすぐにどんな感じか想像することができるはず。デニッシュパンに黒みつを合わせた場合もまたしかり。では、苺と黒みつ同時に合わせたら……?

言われてみれば、なかなかに謎なのではないでしょうか。どちらも割と定番の味なのに、同時に味わうのはレアな気がします。どうでしょう。どんな味か気になりませんか? なりますよね? 

・ベリー黒みつシロノワール

2020年1月20日から全国のコメダ珈琲店にて提供が開始された「ベリー黒みつシロノワール」を食べれば、この好奇心を満たすことができます。お値段はノーマルサイズが税込み750円~770円で、ミニサイズは税込み550円~570円。

今回はシロノワールのほかに、同じく黒みつを使った「黒みつミルクコーヒー」も新登場。こちらはホットとアイスを選ぶことができ、お値段は税込み480円~620円。なお、どちらも店舗によって扱いが無かったり、値段が違ったりします。

まずは「ベリー黒みつシロノワール」から。ホカホカのデニッシュの上にソフトクリームが乗っているのはいつもの通りですが、今回はソフトクリームの上から黒みつがかけられています。

そして、デニッシュの間に苺ジャムが塗られており

表面にトッピングされているのは、ココアファンティーヌとチェリーと砂糖。

・めっちゃ合う

今回は折角なので、私(江川)なりの食べ方をご紹介しつつレビューしていきましょう。一切れ別皿に移し、くっついているデニッシュをバラします。そして、適当にトッピングもろともソフトクリームをぶち込みます

ぶち込んだら、開いたデニッシュを閉じます。シロノワールはいつもデニッシュの間と表面に何かしらのフレーバーが配置されているので、こうすることでいい感じに混ぜられるという考え。お行儀はよろしくないかもしれませんが、そんなこと気にしたら負けです。

食べてみると、これは知らなかった……。なるほど、黒みつと苺の相性は実にいい。どんな感じかというと、ぶっちゃけどこまで行っても黒みつと苺の味。混ざった結果別の何かに進化する的なことはありません。

ただ、苺の酸味が黒みつの素朴な甘さを引き立て、黒みつの甘さが苺のフルーティ感を増強する感じ。これはいいコンビですよ。フレッシュな苺にも、黒みつをぶっかけて食べてみたくなりました。

はちみつじゃ多分こう上手くはいかなかった気がします。黒みつなのが鍵ですね。もしかして中部や関西方面では定番だったりするのでしょうか? 今まで生きてきて、初めての組み合わせでした。良いこと知った感。

・ヤツを思い出した

続いて「黒みつミルクコーヒー」にいってみましょう。コメダのHPには「まろやかな口当たりのミルクコーヒーと、ほんのりやさしい黒みつのハーモニーをお楽しみいただける商品」とあります。これは、ミルクコーヒーに黒みつを入れた感じなのでしょうか。

飲んでみると……どこかで似たようなものを飲んだことがある感。この甘さに全ステータスを極振りした感はとてもよく似ている。そうこれは……

_人人人人人人人人人人_
> マックスコーヒー <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

完全に一致するというわけではありませんが、近いものを感じます。いい勝負ができるのでは。さすがコメダ、真顔でどこかタガが外れた感じを出してくるので油断なりません。

ということで、2020年最初のコメダの新作はこんな感じ。シロノワールはかなりグッドです。もしかしたら構成的に甘すぎる印象を抱くかもしれませんが、なかなかどうして。スルッといけます。大きいサイズでも余裕で食べきれちゃいます。黒みつミルクコーヒーは、甘いのが大好きな方向け。

参照元:コメダ珈琲
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

タイトルとURLをコピーしました