【偶然か?】マクドナルドが『ごはんバーガー』を発表した日に吉野家が「定食のご飯おかわり24時間無料」を発表 → ぶっちゃけ狙ったのか吉野家に聞いてみた

未分類
この記事は約3分で読めます。

これは偶然なのか? ──本日2020年1月28日、マクドナルドが『ごはんバーガー』を発表し、吉野家が同日づけのリリースで「定食のご飯の増量・おかわりを24時間無料にする」と発表した。マクドナルドの『ごはんバーガー』は2月5日から販売で、吉野家は1月29日からと実施日は異なるものの、正式発表の日はまったく同じ

念のために言っておくと、本日は「ご飯の日」でも「ライスの日」でもない。にもかかわらず、ご飯にまつわる新サービスの発表日が丸かぶり。ってことは……もしかして……もしかして……これは吉野家の意思表示だろうか? 

ご飯の市場のシェアは渡さすかボケ! そっちが来るっていうなら、こっちも受けて立つぞコラ!! まずは『定食のご飯の増量・おかわり24時間無料』砲で迎撃じゃああああ!!」

──って感じなのか?

・マクドナルド「ごはんバーガー」販売の意味

考えてみれば、マクドナルドの「ごはんバーガー」発売は、ご飯ものを扱う外食チェーンにとってはライバルが増えるのと同じ。お世辞を抜きに考えれば、歓迎すべき事態ではないはずだ。

なぜなら、消費者が「あ〜ご飯もの食べたい」って気分の時に、今後はマクドナルドも選択肢に入ってくる可能性があるってことなのだから。たとえば、今までご飯モードのときは「吉野家いくか? やよい軒いくか?」くらいだったのが、そこに「マックいくか?」も入ってくるということ。

やめてくれ! と思っている外食チェーンは少なくないだろう。相手が外食産業の巨人と言われたマクドナルドだけに、そうなるのは当然と言えるかもしれない。そして、危機を感じたら対策を講じるのが自然の流れ。

吉野家にとって、その1つが「定食のご飯おかわり24時間無料」……ではないのか? そもそもマクドナルドは正式発表の前にTwitterで「ごはんバーガー」の発表を匂わせているし、飲食業界の人が「どうやらマクドナルドがお米のハンバーガーをやるらしい」的な情報を事前につかんでいても何ら不思議ではない。

だから、吉野家は発表日をあえてぶつけてきた……ってことか? それはつまり……宣戦布告!?

・中の人に聞いてみた

気になったので、吉野家の “中の人” に聞いてみた。すると……

中の人「それは偶然ですね(笑)。マクドナルドさんの『ごはんバーガー』は存じ上げませんでした」

──見事なほどの、完全なる否定。当初は「仮に言葉でははっきり認めなかったとしても、“多少は意識してました” 的なニュアンスを感じさせる回答なのではないか?」と予想していたのだが……完全にアテが外れてしまった。予想外ではあったが、空気的にめちゃくちゃ偶然感が出ていたので、おそらくそうなのだろう。

それにしても、まさか『ごはんバーガー』の存在自体を知らなかったなんて……と、個人的には少し残念な気持ちになったものの、テンションの上がる情報も教えてもらったので、それを以下に記載しておきたい。

「ご飯のおかわり無料は、朝定食はもちろん『牛すき鍋膳』など鍋も対象です。もちろん、何杯おかわりしても無料になります」

参考リンク:吉野家(PDF)、Twitter @McDonaldsJapan
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

タイトルとURLをコピーしました