【100均検証】セリア、キャンドゥ、ワッツに売ってた iPhone用液晶保護フィルム(ガラス)を10種類試してみたら、圧倒的なのが2つあった

未分類
この記事は約4分で読めます。

つい先日、「ダイソーに売っていたiPhone用の液晶保護フィルム(ガラス)を片っ端から使ってみたら、文句なしにスゴイやつが2つあった」なる記事を書いたのだが、深く反省すべき点もあった。それは……

世の中、ダイソーだけではない……ということ。

そこで今回は、大手100円ショップチェーンであるセリア&キャンドゥ&ワッツに売っていたiPhone用液晶保護フィルム(ガラス)を片っ端から購入&検証してみた。ダイソーを超える商品はあるのだろうか?

【セリア】

ファンデ・皮脂がつきにくい強化ガラスフィルム

硬度9Hのガラスなだけでも嬉しいのに、それに加えて「ファンデ&皮脂がつきにくい」ときた。なんとも欲張りな商品だなぁ……と思って裏返してみたら、なんとまさかのYAMADA(山田化学)製品! モノとしては可もなく不可もなく。中身が「ガラスだけ」ってのは、少し寂しい。 






液晶保護強化ガラス

シンプルイズベスト。YAMADAと同じく、こちらも中にはいっているのはガラスだけ。だが、モノとしては非常に良いモノであると私は思った。硬度9Hのガラスのフチもキレイだし、ラウンドエッジの0.33mmだし、ど真ん中ストレートな「ガラスカバー」だ。これを選べばまず大丈夫。



液晶保護強化ガラス ブルーライトカット

上記「液晶保護強化ガラス」のブルーライトカット版がこちら。ゆえに、「これを選べばまず大丈夫」という感想も同じであるが、できたら液晶画面を拭くウェットシートなども付けてほしかったなぁ……。それが付いていたら満点だった! なお販売元は、大阪のロイヤルパーツ株式会社。




【キャンドゥ】

ガラスフィルムブルーライトカット

かなり最強。というのも、100円なのに、ウェットシートにドライシート、さらにホコリ取りシールにガイドステッカーまで付いてくるので、充実度はダイソー以上!! モノ自体も、硬度9Hの厚み0.33mmのラウンドエッジと完璧。ただ、ガラスのフチの仕上がりが少しだけ雑な気がする……けど合格!






指紋防止

その名の通り、指紋は一切つかないマット系のフィルムであるが、ガラスではなくシリコン樹脂。こればっかりは好みだが、個人的にはガラスに勝るものなしと思っている。しかしながら、フィルムであっても硬度は3Hの実力を誇っているとのこと。薄さを求める人ならコレだ。なお山田。






【ワッツ】

衝撃吸収

ガラスではなくPET素材のマット系フィルム。なんでも110gの鉄球を1.5mの高さから落下させても液晶画面は割れないらしいのだが、やっぱり個人的にはガラスじゃないと不安なんだよなぁ……。なお、指の滑り感は非常にグッド。なんならガラスよりもよく滑るし、指紋も付かないぞ。






フチまで全面保護

薄めの強化ガラスにフチが付いているガラスフィルム。そのフチがラウンドエッジになっているので、画面を全面保護するのがウリとなっている。なお、なんとこちらもYAMADA商品! ダイソーにも同じような商品があったが、正直、このタイプならダイソーの方が上かなぁ……。山田、スマン!!





光沢液晶画面保護フィルム

キャンドゥに売っていた「指紋防止」の光沢バージョン。それゆえ、販売元もYAMADA(山田化学)。モノとしてはガラスではなくシリコン樹脂のフィルムであり、硬度は3Hとのことであるが、いかんせんガラスの9Hに比べると頼りない。こればっかりは好みだが、個人的にはパスである。








ハーフミラーフィルム

画面をOFF状態にするとディスプレイが鏡になるという画期的な商品なのだが、正直、あまりオススメできない。たしかに鏡にはなるのだが、貼り方が下手だと歪みまくるわ、指の滑りは最悪だわ、画面も見にくくなるわで良いとこなし。ブルーライトも軽減しているとのことだが……うーむ。











液晶保護強化ガラス

最強きました。クリーニングクロス&ホコリ吸着シール付きなうえに、0.33mmのラウンドエッジ強化ガラス。指の滑りも申し分なく、貼る時の「気泡が入りにくい」も本当だった。ガラスのフチも美しく、はっきり言って1000円くらいの商品と遜色ない。現時点でのナンバーワンがコレ!








──以上10点。順位をつけるとしたら1位がワッツで買った「液晶保護強化ガラス」で、2位がキャンドゥで買った「ガラスフィルムブルーライトカット」てな感じ。どちらを買っても「これで全然オッケーじゃん!」と満足できることだろう。交換時の参考にしていただければ幸いである。

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む

タイトルとURLをコピーしました