【ポケモンGO】GOバトルリーグ、ついに開幕! とりあえず10戦して感じた3つのこと

未分類
この記事は約4分で読めます。

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 寒さで手がカチカチになっていないかな? 最近、お兄さんはトレーナーバトルを挑まれることが多いんだけど、困るのが屋外でプレイしてるときなんだ。1回勝って終わると「勝ち逃げ」って言われるし、負けるとモヤモヤするからね! 暖かくなったらいくらでもやってやんぞ!! コンチクショー!

それはさておき、2020年1月30日、ついに「GOバトルリーグ」が開幕した。いきなりぶっ放すけど、GOバトルリーグ超楽しいィィィイイイイ! ドキドキするゥゥゥウウウウ!! 今回はお兄さんがとりあえず10戦してみて感じたことをご報告するぞ。ズバリ、まだ余裕で間に合う!

・プレシーズンが開幕

GOバトルリーグとは「トレーナーバトルがオンラインマッチングにより、世界中のトレーナーと対戦可能になる機能」のこと。対戦成績に応じて「アイテム」「ほしのすな」「特別なポケモン」などが手に入る、ポケモンGOの新機能だ。

今日から始まったのはプレシーズン、いわば “調整期間” である。このプレシーズンが終了した後「スーパーリーグ」「ハイパーリーグ」「マスターリーグ」の順で、シーズン制のGOバトルリーグ戦が開催される見込みだ。

参加方法などについては以前の記事をご確認いただくとして、今回はとりあえず10戦を戦い終えた率直な感想を述べていきたい。

・その1: 対戦相手のレベルの差が激しい

10戦を終えてお兄さんの対戦成績は7勝3敗。ぶっちゃけ、スーパーリーグはかなり育っている方なので「無双しちゃうんじゃね?」と思っていたが、意外とそうでもなかった。朝イチに5戦した際は初戦こそ余裕の勝利であったものの、残り4戦はどれもかなりいい勝負。全員かなり育て上げている印象だった。

ところが5キロ歩いてからの5連戦は連勝街道まっしぐら。「ちゃんと育ててるな」という印象のトレーナーは1人くらいしかいなかったので、対戦相手のレベルの差は激しいと見ていいだろう。どんな相手と当たるのか? 個人的には猛者の方がドキドキして楽しい。

・その2: 育ててないと話にならない

当然と言えば当然だが、スーパーリーグ用のポケモンを育てていない相手には負ける気がしないし、おそらく負けないハズ。CP1500付近にいる「アイアント」や「キノガッサ」を適当に使っているようでは、今後かなり厳しい戦いになることだろう。

ついでに言うと「こりゃ、ハイパーリーグ用のポケモンも育てないとヤバいな」と感じた次第だ。お兄さんはハイパーリーグ用のポケモンにほぼ手を付けていない。ほしのすなや厳選の問題もあるが、このまま放置していると後々泣くハメになると確信した。

・その3: 最低3体育てれば意外とイケる?

10戦して感じたのは「育ててるトレーナー半分、育ててないトレーナー半分くらい?」ということ。さらに言えば、育てているトレーナー相手でもポケモン同士の相性が勝負の行方を左右するから、最低でも3体育成しておけばそれなりに戦えるのではなかろうか

ガチ勢のように何十体育てろとは言わない、とりあえず3体育てればいい勝負ができるハズ。勝つと負けるでは楽しさが全ッ然違うから、ぜひともこの機会に3体でイイので各種リーグ用のポケモンを育成しよう。育てるべきポケモンについてはシリーズ「トレーナーバトルの鬼」を参考にして欲しい。

ここ数カ月、お兄さんはGOバトルリーグのためにポケモンを育成してきたが、端的に「育てておいて良かった」と感じている。厳選のため足を棒にして歩き、そして泣きながらほしのすなを突っ込んだが、後悔は1ミクロンもない。……むしろ楽しすぎる! 愛情を注いだポケモンたちは、必ずや君の力になってくれることだろう。

というわけで、いよいよ開幕となったGOバトルリーグ。こういうのは負け続けると本当につまらないので、まだ手付かずの人はとりあえず3体だけでも育成して欲しい。勝つとメッチャ楽しいから! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. c1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)

タイトルとURLをコピーしました