これはチキンカツの化け物やでぇ…! 大阪屈指のデカ盛り料理「天保山チキンカツ」に挑んだら身も心も砕けた

未分類
この記事は約4分で読めます。

貴方が飲食店を営んでいたとしよう。もし自分の店でデカ盛り料理を出すとしたら、どんなメニュー名を考案するだろうか。筆者なら「富士山盛り」とか「エベレスト盛り」とか大きさが伝わるような商品名にすると思う。やっぱり「山」=「デカイ」だしね。

そして今回チャレンジする爆盛りグルメは、その名もズバリ「天保山チキンカツ」。確かに山の名前は付いているが……天保山といえば日本で二番目に小さい山なんですけど!?

・小さな小さな山

以前の記事で詳しく紹介したこともあるように、大阪にある天保山といえば高さ4.53mという超プチサイズの山だ。ぶっちゃけ山というよりは小高い丘くらいの大きさで、デカ盛り料理のメニュー名に冠するような山だとは思えない。

大阪だから「通天閣盛り」とかなら分かるけど、「天保山チキンカツ」って(笑)。ぶっちゃけ余裕で完食できるでしょ(笑)。

これは勝ったも同然。過去のデカ盛りチャレンジで成功を収めたこともある筆者は、意気揚々とお店へと足を運んだ。その先に地獄が待ち受けているとは露知らずに……。

・モンスター現る

やってきたのは大阪市港区にある「赤丸食堂」。夜の7時くらいに訪れたのだが、店内は盛況そのもの。家族連れから仕事帰りの人まで客層は幅広く、地元の人から愛されている店だということが分かる。

それはさておき天保山チキンカツだ。山盛りのライスとセットになったマンガ盛り定食(1270円)というのがあるみたいなので、そちらにチャレンジすることにした。

筆者にとってチキンカツは好物中の好物。それをデカ盛りで食べられるとは幸せなことよ。早く来ないかな……早く……

??? いま何か見えたような……

霧の中から、突如モンスターが姿を現した。何切れあるのか数える気すら起きないほど高く積まれたチキンカツ。これが天保山チキンカツの正体だというのか!? 日本で二番目に小さい山とは一体……。

そしてチキンカツ以上に衝撃的なボリュームの、マンガ盛りご飯。霧の正体はコイツが発する大量の湯気である。まさにマンガでしか見たことのないサイズ。三次元の世界に生きる筆者に、これをどうしろと!?

・味は文句なし、だが……

30分以内に完食すればオリジナルTシャツがもらえるとのことだったので、ダメ元でトライしてみることに。30分かぁ……。

内心「無理やん?」と思ったが弱音を吐いても仕方ないので、とりあえずチキンカツから食べてみる。

うん。普通にウマイ。いや普通以上にウマイ。しっかりと肉に下味が付いており、ザクザクとした食感の粗めの衣、本格的な洋食屋の味を思わせるデミグラスソースも良きである。できれば君とは普通のボリュームで出会いたかった。

たらればを言っても始まらないが、たぶんチキンカツだけなら30分あれば完食できると思う。いつもデカ盛り系の記事では同じようなこと書いてる気もするが、やっぱりネックはご飯なんだよなぁ……。

・心を折られる

それにしてもボリュームが尋常ではない。食べても食べても減ってる感じが全然しないのだ。全力でアタックしているつもりだが、傍から見れば「ホンマに食べてんの?」と突っ込まれても仕方ないような分量が残り続けている。

時間の経過と共に、今回ばかりは挑んではいけない相手に挑んでしまったのではという思いが募る。ヒクソンの道場に殴りこみをかけた某プロレスラーの気持ちが少し分かったような気がする……。

減らないチキンカツ。減っていく残り時間。そして無情にも……

タイムアップ。すまんが今回は強敵すぎた。すまんやで。

・余った分は持ち帰りOK

ちなみに食べ切れなかった分は持ち帰り用パック(無料)をもらえるので、残りは家で食べてもOK。

余った分だけでチキンカツ弁当が完成。タイムアタックは失敗に終わったが、筆者的には翌日の昼食代まで浮いて文字通り美味しい結果になった。良いのか悪いのか。

残念ながら「天保山チキンカツ」の圧倒的な破壊力に屈してしまった今回のチャレンジ。しかし人間は負けて強くなるもの。今回の敗戦をバネにして、次こそはデカ盛りチャレンジを仕留めたい。

・今回紹介したお店の情報

店名 赤丸食堂
住所 大阪市港区磯路2丁目6-3
時間 11時~22時
休日 水曜日、第2・4火曜日

Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.

タイトルとURLをコピーしました