「そして誰も来なくなった」新型コロナウイルスがマサイの村に与えた影響 / マサイ通信:第346回

未分類
この記事は約2分で読めます。

スパ! いますぐそこにある危機は大量発生したバッタかもしれない。しかし、事実上、すでに影響が出ている危機といえば、ほかでもない新型コロナウイルスだ。間接的にだが、我が村、今月、大ピンチだ。

何が起きたのか説明する前に、お願いから2年半前に書いた記事「マサイ族とチャイナマネー」を読んでほしい。中国人観光客が多いって内容なんだけどな、その記事の最後に、オレはこう書いている。

もしもこの先、中国人観光客が激減したら……と考えると、ちょっと怖いものがあったりする」ってな。それが今、現実のものとなっているんだ。

・毎月平均10人の観光客

オレたちの村には、世界各国から観光客がやってくる。どれだけの数かというと、平均して、月に10人……くらいだ。彼らからは「村への入場料」を徴収し、さらに「おみやげ」を買ってもらい、村のみんなの収入源となっている。ライターのオレは原稿料があるから、また別だけどな。

ともかく、村に観光客が来てくれないと困るんだ。貴重な貴重な収入源。だが、新型コロナウイルスが発生してから、観光客がグンと減った。聞くところによると、ケニアの空港のチェックが厳しいとかなんだとか……。

詳しくはよくわからんけど、事実としてあるのは、オレの村に来る観光客が激減しているってこと。1月なんて、たったの6人しか来なかった。もちろんその中に中国人はいなかった。そして、今月、2月にいたっては……

0人……!!

今んとこ、0人。観光客、ゼロ。こんなの、ないぞ。こんなの、なかった。前代未聞の「誰もこねえ」状態だ。まあ、逆に言えば、誰もこないからマサイの村は安全とも言えるのだが……来月もこうだと、本当にヤバイぞ……。

ともあれ、オレにできることといえば、神様に祈るしかない。一刻も早く終息してくれってな。そんでまた、みんなが普通にマサイの村に遊びにこれるようになりますように、ってな。オレは祈るよ。神にね。オレセリ。

Report:ルカ(マサイ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

« 前の話へ | 第1回から読む

タイトルとURLをコピーしました