君は「551蓬莱で中華ちまき」を注文する贅沢を知っているか? 今なら『豚まん』も『餃子』も東京でも買えるが…

未分類
この記事は約4分で読めます。

551蓬莱における『豚まん』の存在感はあまりにも大きい。関西圏以外の方に説明すると、ポルトガル代表におけるクリロナ、エジプト代表におけるサラーと同等かそれ以上と言えばいいだろうか。つまるところ、“絶対的エース” のひと言には収まり切らない絶対的エースである。

そんなスーパー看板商品が君臨しているがゆえに、551蓬莱ではどうしても他の商品がスルーされがち。焼売だって美味いし、餃子だって美味いにもかかわらずだ。そして……

私個人的にイチオシなのが中華ちまきである。551蓬莱が扱っていることをご存知だっただろうか? 中には当然知っている人もいるだろうが、豚まんやアイスキャンデーに比べたらどうしても知名度は劣る。……というわけで紹介したい。

・値段は豚まんの2倍

まずは値段から。551蓬莱の中華ちまきは1つ380円(税込)だ。絶対的エースの豚まんが2つで税込380円、つまり1つ190円であることを考えたら、ちまきは豚まんの2倍ということになる。ではその分サイズが大きいのかというと……正直なところ、そんなことはない。

重量では豚まんの方が上。パッと見た感じも、豚まんよりひと回り小さい印象は否めない。全体のサイズ感としては、「コンビニのおにぎりくらい」というのがわかりやすいだろうか。

ただし、ちまきの具材はコンビニのおにぎりの具とは比較にならない存在感を放っている。全体に占める具材の割合なら、ちまきの方が明らかに上だろう。

その具材は、基本的に3パターン。「豚肉&栗」「鶏&うずら」「海鮮」で、価格はどれも同じだ。食べ方も同じで、蒸し器・せいろを使うかレンチン。詳しくは説明書を見てほしい。

で、味はというと……こればっかりはどうしても主観的になってしまうが、「王道のザ・中華ちまき」である。香ばしさがなんとも言えず、ふっくらもちもち。1度たべたら不思議とまた食べたくなるという点では、豚まんと同じだ。

豚まんを購入するときと大きな違いがあるとしたら、「覚悟」だろうか。先に述べたとおり豚まんの2倍なので、そうそう買いまくれるものではない。なにより、豚まんだって十分に美味い。それを理解している中で、あえて中華ちまきも重ねて注文するというのは……まさに贅沢である。

・今は新宿でも買えるが……

ちなみに、551蓬莱の店舗は関西にしかない。その中でも、出来たてホカホカの中華ちまきが買えるのは限られている。私が551蓬莱に聞いてみたところ、新大阪エリアであれば「新大阪中央口店」と「駅マルシェ新大阪店」。難波エリアだったら「南海難波駅」と「戎橋本店」など。

中華ちまきを扱っていない店舗だって多いのだ。またお店の人によると、温める前の状態のみ売っている店だってあるらしい。早い話が、551蓬莱の本場・関西でも「中華ちまき」は結構レアということ。少なくとも、豚まんに比べれば簡単に買えるわけではない。

それが現在(2020年2月27日時点)、実は新宿の小田急百貨店でも購入できる

View this post on Instagram

どうしても新宿に行かなあかん用事があって行ったら、小田急に551が来てた。期間限定の催事的なアレ。 新型コロナの影響か会場は人が少ない気がするけど、551の前だけ行列できてる。さすが551。

A post shared by 和才雄一郎 (@yuuichiro_wasai) on

というのも、公式ホームページの催事情報を見ると……

スズラン前橋 2020年 2月19日(水)〜2月24日(月)
新宿小田急 2020年2月26日(水)〜3月2日(月)
広島福屋 2020年3月5日(木)〜3月10日(火)
京王新宿 2020年3月5日(木)〜3月10日(火)

そう、551蓬莱が催事で期間限定の出店をしている……のだが! ご存知のとおり、現在は新型コロナウイルスが猛威を振るっている。先日は政府が全国規模のイベント自粛を要請したこともあって、551蓬莱の出店も予定通り行くかどうかは分からない。

なにより、「今の状況を考えたら新宿のように人が多い場所へ行くことを避けたい」って人は多いだろう。安心してくれ。中華ちまきは通販でも買える。家から一歩も出ずに味わえるぞ。

また、豚まんだって通販で買えることも併せて記載しておこう。551蓬莱は関西限定のイメージが強いため、通販という発想がなかった人だって多いのではないか? 

実は私がそうで、30年以上551蓬莱の豚まんを食っているにもかかわらず、今まで知らなかった。実家(関西)に帰ったときだけ食べられるご褒美だと思っていた。それがあまりにも悔しかったので、中華ちまきと絡めて記事にした次第である。「君は贅沢を知っているか?」なんて自慢っぽいタイトルになってしまったのは、悔しさの裏返しである。許してほしい。

参考リンク:551蓬莱「中華ちまき」 「オンラインショップ」、NHK
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

タイトルとURLをコピーしました