【糖質バイオレンス】BROZERS’の「トマトスパゲティーバーガー」が激ウマデンジャー

未分類
この記事は約3分で読めます。

ウマいものは糖質で出来ている──。認めたくはないが7割くらいは正解であろう。確かに米もパンも麺もお菓子も糖質で出来ていて、実際にウマい。さらに厄介なのが、焼きそばパンに代表される「糖質 × 糖質グルメ」もこれまたウマいという事実である。

今回ご紹介するのは日本におけるハンバーガーショップの老舗にして名店、人形町「BROZERS’(ブラザーズ)」が期間限定で販売している『トマトスパゲティーバーガー』だ。激ウマだけどデブまっしぐら……まさに糖質バイオレンスな一品である。

・期間限定メニュー

ハンバーガー好きならば誰もが知る名店中の名店、人形町のBROZERS’。ここ数年で急増したハンバーガーショップの中には同店出身者のオーナーも少なくなく、まさに日本ハンバーガー業界の草分け的な存在だ。

BROZERS’のカッコいいところは、安定感抜群のレギュラーメニューにあぐらをかかず、常に期間限定メニューで攻め続けているところ。じゃなきゃ『トマトスパゲティーバーガー』なんて危険なメニューは生まれまい。普通に考えたら頭がおか……おっと、誰か来たようだ。

・ウマいに決まってる

さて、その『トマトスパゲティーバーガー』は2020年3月31日までの期間限定メニューで価格は税抜き1400円。ブラザーズ全店共通メニューとなっており、店舗だけではなくデリバリーでも注文可能となっている。

メニューにある全メニューがガチガチにウマいだけではなく、学生時代に購買で見かけた「ナポリタンパン」のウマさもまた鉄板。そういう意味でBROZERS’の『トマトスパゲティーバーガー』はウマいことが決まり切っている。もはや問題は「どれだけウマいかのか?」だ。

また、店員さんによれば「チーズとマッシュルームのトッピングがオススメです」とのことだったので、今回は言われるがままにオーダーした。さあ、来いトマトスパゲティーバーガー。俺に「デブになっても本望です」と言わせてみろ──。

・食べてみた

到着したトマトスパゲティーバーガーはスパゲティーの分、通常のハンバーガーよりもだいぶうず高い。なんという糖質マウンテン……! ググっと押し潰して口に運ぶと……!!

View this post on Instagram

トマトスパゲティーバーガー。単なる炭水化物バイオレンス。

A post shared by P.K.サンジュン (@p.k.sanjun) on

うむ、ウマい──。というか、ズルい。BROZERS’基準のサックリバンズの食感と、むっちり甘めのスパゲティーが合わないハズがないではないか。トマトスパゲティーとは銘打っているものの、実質的にはナポリタンと考えて間違いなく、チーズもマッシュルームも最高にウマい。

さらにはパティの旨味も後追いでやってくるなんて、こんなの卑怯もいいところである。端的に言ってトマトスパゲティーバーガーは「ナポリタンパンの最終進化系」であると同時に糖質バイオレンスなハンバーガーであった。デブになっても本望です……!

というわけで、BROZERS’のトマトスパゲティーバーガーは危険なウマさだから、興味がある人はぜひ1度ご賞味いただきたい。その際、それぞれ150円のチーズとマッシュルームのトッピングをお忘れなく! 絶対に入れた方がおいPよ!!

参考リンク:BROZERS’
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

タイトルとURLをコピーしました