【現場】いち早くトイレットペーパーを大量入荷した東京・品川の「イオン」の現在の様子をたしかめてた

未分類
この記事は約2分で読めます。

新型コロナウイルスの影響で、マスクが不足している。デマ情報の煽りを受けて、トイレットペーパー・ティッシュペーパーなどの紙製品の品薄状態が発生。イオンをはじめとする大型スーパーでは、店頭に大量の商品を陳列して、顧客の不安の払拭に乗り出している。

その現場を見たいと思い、私(佐藤)はネット上で話題になったイオン東雲を訪ね、他のイオングループの店舗を確認するために、練馬の店舗も訪ねた。さらにNHKのニュースで報じられた品川の店舗にも訪ねてみると、トイレットペーパー不足の混乱はやや落ち着いたように見えるが、いまだ購入数に制限をかけていることがわかった。

・ニュースで報じられた品川の店舗

2020年3月3日にNHKニュースの首都圏版が報じたところによると、イオンは品川の店舗(イオンスタイル品川シーサイド)に特設の売り場を設けて、背丈を超えるほどの高さに商品を山積みし、トイレットペーパーを求める人に対応している。現在もうずたかく商品を陳列しているのだろうか?

りんかい線品川シーサイズ駅を出てすぐの店舗に入ってみると、販売状況はいくぶん落ち着いているように見える。

地下1階の日用品売り場には、トイレットペーパー・ティッシュペーパーの販売スペースが設けられている。だが、イオン東雲の店舗のように、 “壁” と化すほどの在庫量ではなく、一般的なスーパーマーケットの陳列在庫と同等か、それより少し多い程度だ。しかも購入数はトイレットペーパー・ティッシュペーパーともに1人1点までとしている

少し心細い気もしたのだが、昼前の段階で商品を買い求める人の列はなく、混み合ってるという様子もなかった。どうやら、この界隈では商品がすでに行き届いき始めているのかもしれない。

マスクの不足はまだまだ続いているが、トイレットペーパーをはじめとする紙製品の不足は、少しずつ解消されつつある。怪しいデマに惑わされることなく、必要な分だけを購入するように心がけよう。ネットオークションやフリマアプリの高額商品を買う時は、今一度冷静な判断を

参照元:Twitter @nhk_shutoken
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

タイトルとURLをコピーしました