【衝撃】ゲームアプリ『ウマ娘』、事前登録のまま2年が経過 / でも、諦めるにはまだ早い理由

未分類

また1年が経ったか。私(中澤)はこの時期にそんな実感を覚える。え? 年度末でもうすぐ入学式シーズンだからって? 違う違う

2年前の3月25日、スマホアプリ『ウマ娘 プリティーダービー』の事前登録が開始したのだ。当初2018年冬に配信が開始される予定だったこのアプリ。しかし、アプリはいまだに公開されず気づけば2年が経過しているのである

もはや放ったらかしなんじゃないか? そう思いながら久しぶりにサイトを見ていたところ、衝撃的な情報が目に飛び込んで来た

・『ウマ娘 プリティーダービー』とは

2018年の春アニメで放送された『ウマ娘 プリティーダービー』。スペシャルウィークやサイレンススズカなどの競走馬を美少女化したアニメである本作は、春アニメの中でもかなり人気が高かった作品である。

何を隠そう、私も全話一緒に走り抜けた1人で、個性豊かなウマ娘たちがスポ根上等とぶつかり合う熱いレースには思わず拳を握りしめたものだ。予定通り春アニメ終了の2カ月後に公開されていたならば、アプリも順当にヒットしただろうことは想像に難くない。

・絶望を越えて

その証拠にサイトを見ると、事前登録人数は25万人を突破している。だが、アプリの公開予定が延期されるうちに、ウマ娘コンテンツプロデューサーの石原章弘氏が Cygames を退職。ネットでは絶望の声もあがった。それが2019年5月頃のことである。

もはや事前登録をしたことすら忘れている人も多いかもしれない。それどころか、アプリの存在自体をなかったことにしている人すらいるかも。だがしかし! ああだがしかし!! 希望はまだ潰えていないかもしれない

・アプリについてのニュース

なぜならば、2019年末に公式サイトでアプリに関するニュースが配信されていたのである。そこに書かれている内容はこうだ。

「開発中のゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』ですが、2020年に皆様へお届けできるよう、スタッフ一同鋭意開発中です。

お待ちいただいている皆様にはご心配をおかけしておりますが、よりよいものをお届けできるよう尽力しておりますので、今しばらくお待ちください」(アプリ『ウマ娘プリティーダービー』公式サイトより引用)

──なんと、スタッフはいまだに全力疾走中だったのである! な、なんてこったァァァアアア!!

もはや「天皇賞(春)」以上のロングランになっているアプリ『ウマ娘』の開発。とは言え、コンテンツ自体は、ショートアニメ『うまよん』が7月に放送決定していたり、ヤングジャンプでの新コミカライズ『シンデレラグレイ』の連載が予告されていたりと動きは盛んだ。

はたして、アプリ『ウマ娘』はここから末脚を発揮することができるのか? レースの行方は神のみぞ知る。

参照元:アプリ『ウマ娘プリティーダービー』公式サイト
執筆:中澤星児
(C) Cygames, Inc.

タイトルとURLをコピーしました