3月25日に横浜を発ったダイヤモンド・プリンセス号、最後のメッセージは「感謝」

未分類
この記事は約2分で読めます。

2020年2月より新型コロナウイルス感染症に対する検疫体制のため、横浜港に長期停泊していたダイヤモンド・プリンセス号。ついに3月25日、全ての作業を終え横浜港から出港したのだが、その前日にメッセージを発信していた。

長期停泊の末、ダイヤモンド・プリンセス号が発した感謝の気持ちをさっそくご紹介したい。

・ありがとう日本

ダイヤモンド・プリンセス号が長期に渡り停泊していた横浜港を出港する前日・3月24日に筆者が様子を確認しに行ったところ、客室などの明かりを用いて「# ARIGATO JAPAN ♡」というメッセージを発信していた。

大型豪華客船として人気だったダイヤモンド・プリンセス号だが、最近では新型コロナウイルスの集団感染に関する話題でしか名前を見なくなってしまった。

所有・運営元がイギリス・アメリカの会社なため、日本国内の一部の人から検疫などを日本が対応していることについて不満が上がることもあった。

日本生まれ、イギリス・アメリカ育ちのダイヤモンド・プリンセス号。当面は運航されず改修作業などに入るようだ。綺麗になったらまた、たくさんの人々に素敵な旅の時間を提供してほしい。

・長期停泊から出港へ

2020年2月6日──ダイヤモンド・プリンセス号が横浜港に停泊を開始してから3日後には、上から下まで多くの客室に明かりが灯っていた

乗員・乗客の下船が進んでいた2月23日には、下の方の客室の明かりが少し灯っているだけとなっていた。上の方の客室の方から下船していったのだろうか。

横浜港を出港する5日前・3月20日には消毒・清掃作業のためだろうか、再び上の方の客室も含めて多くの明かりが灯っていた。

そして3月25日の14時ごろ、横浜港を出港したのだ。

今度日本へ里帰りするときは、無事に航海を終えられるよう祈っている。

Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.

タイトルとURLをコピーしました