【コロナの影響か】TOHOシネマズ日本橋の上映ラインナップに異変 → ネットの声「もはや拷問」「最高」「豪華すぎる」…でも心配なのは “アレ”

未分類
この記事は約3分で読めます。

「異変」といっても、映画ファンにとってはある意味で「嬉しい異変」と言えるだろう。──と同時に、もどかしい「ジレンマ」も生むことになるかもしれないが。

なんの話かと言うと、東京・日本橋にある『TOHOシネマズ日本橋』では4月3日(金)から、映画史に燦然(さんぜん)と輝く名作をブッ込みまくった豪華ラインナップを上映するのだ! 

控えめに言っても最高すぎるだろ コレェェェ!!!! と歓喜してしまう作品は、次の通りだ。

・TOHOシネマズ日本橋 4月3日(金)~上映作品

・ジョーカー
・マッドマックス 怒りのデス・ロード 
・パシフィック・リム
・ローマの休日
・ジョーズ
・E.T
・ゴッドファーザー
・他(直近の公開作など)

いかがかな……!?(ハァハァ)歴史に残る名作たちが一堂に会している このスゴさ、おわかりだろうか……! これらの作品をシネコンの大画面で、しかも1日中 見られるなんて、最高すぎるだろォォォォ!!!! 

この豪華すぎるラインナップにネット上の映画ファンたちの間では「大乱闘スマッシュブラザーズみたい」「最高」「完全に名画座」「映画のオールスター戦」「もはや拷問」と話題になっている。

・他の映画館でも

こうした “異変” は日本橋の劇場だけなのかというと、そうではない。例えば、同じ東京にある六本木ヒルズの劇場では……

『ジョーカー』『パシフィック・リム』『ローマの休日』『ジョーズ』『E.T』に加え、『サウンド・オブ・ミュージック』『ウエスト・サイド物語』が並んでおり、ミュージカル感がやや強めのラインナップとなっている。

一方、大阪の梅田にある劇場では『ラ・ラ・ランド』『ボヘミアン・ラプソディ』『グレイテスト・ショーマン』と、まだ記憶に新しい近年の傑作がすでに上映中だ。

・「新型コロナ」による公開延期の影響か

それにしても、なぜ各劇場でこのような上映作品が並んでいるのか? その理由についてTOHOシネマズはロケットニュース24の取材に答えなかったが、新型コロナウイルスの影響で新作映画が次から次へと公開延期となっているので、その “穴埋め” という可能性もある。

「新型コロナ」は まだ収束の兆しがない。つまり、新作映画は当面公開されなさそうなので、もしかしたら今後は全国各地にある映画館でも同じような現象が起きることになるかもしれない。

・心配なのは「3つの密」

さて、平時なら間違いなく「TOHOシネマズ日本橋」の劇場に入り浸る……いや、むしろ住民票を届けて移住するレベルだが、やはり心配なのが新型コロナウイルスへの感染リスクである。ご存じの通り、政府などは密集・密着・密閉の「3つの密」を避けることで感染リスクを低くするよう呼びかけている。

「TOHOシネマズ日本橋」によると、4月3日(金)以降は当面、一席ずつ空けての鑑賞となるらしいので「密着」「密集」は回避できそうだが、映画館という性質上「密閉」は避けられない。

う~む、これはどうしたものか。行きたい……だがしかし……ジレンマである。なんとも映画ファン泣かせな状況だが、鑑賞を検討している人には慎重な判断と行動を心がけてほしい。

参照元:TOHOシネマズ日本橋
Report:ショーン
Photo:RocketNews24.

タイトルとURLをコピーしました