Amazonに2000円ほどで売ってる空気のサンドバッグ「エアースタンディングバッグ」の使用感を検証した結果、最後の最後で…

未分類
この記事は約3分で読めます。

前から気になっていたモノがある! それは、空気を膨らます系の据え置き型サンドバッグ(?)だ。正式名称は「エアースタンディングバッグ」というらしいのだが、どんな使用感なのか数年前から気になっていた。

もしもバリバリ使えたら、外出自粛の救世主になるのでは!? 家の中でキックボクシングのジムでの練習みたいなことができたら、ストレス解消にもってこい! ということで買ってみた!! 使用感、どうなんだーっ!?

・2000円を切る商品も

コレ系の商品はAmazonに山ほど売っていて、価格は2000円前後てな感じ。私は2699円で購入したが、まったく同じ商品が1530円で売っていたりも。「エアースタンディングバッグ 160cm」でAmazon検索したらゴロゴロ出てくるので比較してみると良いだろう。

・組み立て方に注意

さっそく開封してみると、本体とエアーポンプが入っている……だけで、説明書などは入っていない。よって、とりあえずエアーポンプでペコペコと膨らますことにしたのだが、これが失敗だった。というのも……

本体の下の方、オモリのかわりに水 (もしくは砂)を入れるところがあるのだ。水を入れるってことは最初からわかっていたのだが、いざパンパンに膨らませてから水を入れようとしたら……

狭い我が家、これがけっこう大変な作業になってしまった。なので、最初に水や砂を入れてから空気を入れるようにした方がスムーズに組み立てられる気がする。

・使用感は?

水も入れ終え、ドシリと自立した本体は実に立派。まるで部屋の中がキックのジムになったかのよう! 高さは160cmとのことだが、思っていたよりも大きく感じる。身長172cmの私が使っても違和感のないスケールだ。これで本物のサンドバッグのように使えたら最高なのだが……

まずはパンチ。

当たり前かもしれないが……

「タターン!」的な素早いワン・ツー的な連打はできない。起き上がりこぼしのように返ってくるところを、タイミングよくバウン・バウンと打ち込む感じだ。しかしそれでも、「ジャブ、ジャブ、ジャブ……」あるいは「ストレート、ストレート、ストレート……」と無心で打ち込んでいると気持ち良い。

続いてはキックだが……

ストレス解消にはなりつつも……

「蹴ってる感」が乏しい感じ。最強に思い切り蹴り込んだとしても、脚が痛くなることもないし、「バウ〜ン」とコミカルなサウンドを奏でながら戻ってくる。なんだか空気と戦っているようだ。実際そうなのだが、なんだかムナしい……。

と思ったら!

お……!?

これは……!

タイミングよくキックを連打する「連蹴り(れんげり)」の練習にはもってこいじゃないかコレ! ちょうど連蹴りの練習したかったんだよオレ! なんなら「連蹴り専用バッグ」として使うのもイイかな……と思っていたのだが!!

翌日……

しぼんでいた……。

いや、でも、ビーチボールとか浮き輪とか、だいたい空気入れる系のモノってこうなるジャン? 自然に抜けちゃうのは仕方ないよね……と、

優しい気持ちで空気を入れ直したのだが……

2時間半後には……

やや萎えで……

5時間後には……

立て! 立つんだジョ〜!!

んで、最終的には……

ダメだこりゃ~!

<完>

参考リンク:Amazon検索「エアースタンディングバッグ 160cm」
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24

タイトルとURLをコピーしました