久々にガンプラを作ろうとしたら、「プラモデル用液状接着剤」が簡単に買えない代物となってて驚いた……

未分類
この記事は約2分で読めます。

長時間同じ場所にいることのできない男、それが私(佐藤)だ。1カ所にとどまっていると、そわそわして落ち着かなくなる。自宅でもつい食事を買いに出かけたくなってしまうのだが、先ほど食事を済ませたばかり。出かける理由がない。そこで私は、私を騙すための妙案を実行することにした。

約30年ぶりくらいにプラモデルを作ることにしたのである。しかもガンプラ! しかもJR東日本とコラボした「ガンダムJR東日本専用機 Ver.」である!! ところが肝心のアレがない。そう接着剤だ。

フィギュア専門店が多数出店している、東京・中野ブロードウェイのある模型屋さんで話を聞くと、「オタクの聖地」と呼ばれるここ、中野ブロードウェイでも売っていないのだとか。なんてこった……。

・接着剤がない

とりあえずプラモを買ってきた段階で、接着剤が必要なことはわかっていた。だが、あえて購入して帰らなかった。なぜなら、私が子どもの頃は、プラモに接着剤が付属していたからだ。銀色のチューブに入った接着剤。

安全ピンか何か、先の尖ったモノで封を切り、少しずつ液を小出しにして使うタイプのチューブ。油断すると、ドバっと出て大変な事態になってしまうアレ。おそらく30代後半から40オーバーの男性ならよくご存じだと思う。世代の人には “ガンプラあるある” のはずだ。

ところが、プラモを開封してみると、接着剤がついてない!

これも時代の流れか……。やっぱり接着剤を買ってこないといけないのか。きっと中野ブロードウェイならあるはずと思い、模型屋に入ると売っていない。店主に聞くと、ブロードウェイのどこにも売っていないというじゃないか。あのプラモ用の液状接着剤が……。

店主いわく、近くになると新宿西口のヨドバシカメラのホビー・おもちゃ館にあるのでは? とのことだった。う~ん、そこまで行くのが面倒くさい。諦めるか……、いやいや、何でも揃う100円ショップならひょっとしたらあるかも。

・昔はそこらへんで買えたのに……

いろいろ物色してみたところ、プラモ作りにふさわしそうなヤツがあった。「強力瞬間接着剤 (ハケ付き)」(110円)。

コレコレ! フタをあけるとハケが付いているヤツ。

ハケなら、パーツの接着面に塗りやすく、接着剤の液だれが少なくてキレイに仕上がる。昔はどこの街にも小さな模型屋があって、プラモ用接着剤なんて簡単に購入できたのに……。塗料や薄め液、塗装用の筆の類も手軽に買うことができた。今はアマゾンなどの通販が主流なのだろうか。

いずれにしても、家でできる楽しみのひとつ。中高年は昔を思い出し、若い世代には新しい楽しみとして、プラモデルをオススメしたい。

Report・イラスト:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

タイトルとURLをコピーしました