人生で初めて静岡の名店「さわやか」のハンバーグを食べに行ったら、トンでもない勘違いをしていることに気付かされた

未分類
この記事は約3分で読めます。

「さわやか」と聞いて、ハンバーグが思い浮かぶ人は静岡県とゆかりのある人かもしれない。私(佐藤)もその名を何度となく耳にしたことがある。『げんこつハンバーグの炭焼きレストラン さわやか』の名を。

2020年3月中旬のこと、まだ外出自粛要請の出る前に、たまたま長い休みを取ることができたので、積年の夢だったさわやかに行くことができた。人生初さわやか、そこで私は自分が勘違いしていることを知ることとなった。さわやかのハンバーグってそうだったのーーー!?

・夢、叶う

さわやかは、静岡県のみで店舗を展開する、ハンバーグ・ステーキのレストランチェーンである。「美味い」と風の噂で聞いていたが、何しろ都内に店舗がなく、その味をたしかめるには静岡県まで足を延ばす必要がある。休みの折、名古屋に行く道すがら浜松で新幹線を降りた私は、ついに店舗に足を踏み入れた。

聞くところによると、店舗や時間帯によっては何時間か待つこともあるらしい。だが幸いその時はランチ時を過ぎていたおかげで、私は入店と同時に席に着くことができた。注文するのは、看板メニューのげんこつハンバーグ(ランチ250グラム 税込1210円)だ。

噂に聞きしハンバーグ。静岡の人々の心を鷲掴みにし、お店によっては途方もない長い行列を形成するハンバーグ。一体どんな味なのだろうか? 提供を待つ間に、テーブルには紙が敷かれる。この紙は、端を持って油跳ねを防ぐためにも使うそうだ。紙に描かれたさわやかマップを見ると、県内の店舗がひと目でわかる。こんなにお店があるのか~。

感慨深くマップを眺めていたら、ジューッ! というサウンドを響かせて鉄板登場! ハンバーグが来たッ!

待ってましたと思ったら、私のイメージのハンバーグと形状が違う! コレがげんこつハンバーグなのか? 写真で見たのよりもデカいのは気のせいか?

すげえデケエ! 写真撮りたい! と思ったら、提供したスタッフが目にもとまらぬ速さでカットした!!!!

ちょっと待って! たぶん、状況が飲み込めてないと思う、うん。この店で、いや、今この瞬間、さわやかを利用しているすべてのお店のお客さんのなかで、私だけがさわやかのシステムを理解していなかった気がする。うん。

げんこつハンバーグって写真で見ると、鉄板に2個残ってると思うんだけど、アレはもともと1個だったのね。それで、それをカットして2個にしてたって訳ね。

よし、状況理解した。2個だと思ってたのは、1個だったそうです。全然知らなかったよ~ん♪

・「美味し!」の訳

となるとだよ、自分でカットして好きなサイズで食べたいってのが人情じゃない? アレ、自分でカットしちゃダメなの? どうなの? っつうことで、さわやかに電話をして尋ねてみた。以下はそのやり取りの要約である。

佐藤 「お忙しいところ恐縮です。つかぬことをお尋ねしますが、げんこつハンバーグって1個で提供されて半分にされるじゃないですか」

担当 「はい、仰る通りです」

佐藤 「あれ、自分でカットしたいんですけど、それはダメなんですか?」

担当 「ご質問、ありがとうございます。恐れ入りますが、お客様に最適な状態で召しあがって頂くために、スタッフがカットさせて頂いております。スタッフにはハンバーグを美味しく提供するための指導を行っております。何卒、ご理解のほど、よろしくお願いします」

佐藤 「ご丁寧にありがとうございます。妙なことをお尋ねしてすみませんでした……」

1ミリも入る隙がなかった。なるほど、美味しく提供するために、カットして頂いているのか。理解した。

という訳で、図らずもさわやかのげんこつハンバーグが「美味し!」な理由を知ることができた。カットはスタッフに任せよう。そしてただ黙って美味しくハンバーグを頂くべきなのだ!!

・今回訪問した店舗の情報

店名 げんこつハンバーグの炭焼きレストラン さわやか 浜松白羽店
住所 静岡県浜松市南区白羽町636-1
営業時間 11:00~23:00
定休日 年末年始(12月31日、1月1日)

Report・イラスト:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

タイトルとURLをコピーしました