「ヒマワリの種、野生のものと栽培されたものを並べてみた…」同じ50粒でもこれだけ違う

未分類
この記事は約1分で読めます。

ひまわりの種00
ヒマワリの原産地は北アメリカ大陸で、紀元前からインディアンの重要な食糧でしたが、1510年にスペイン人が持ち帰ったことでヨーロッパに普及して行きました。

現代の栽培されたヒマワリは品種改良が重ねられたもので、野生のヒマワリとは種の見た目からして違うとのことです。

種50粒の比較写真をご覧ください。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました