NEXTタピオカと言われている「ハットグ」の冷凍食品を食べてみた → 気になるチーズの伸びっぷりは…

未分類
この記事は約2分で読めます。

来〜るぅ〜きっと来るぅ〜と言われながら、なんだかんだ「ハットグ」はタピオカほどまで爆発的人気になっていない。一応ハットグについて簡単に説明しておくと、これは韓国発のチーズドッグのこと。たとえ未経験だとしても、チーズがビョーーーンと伸びるさまはテレビで見たことあるだろう。

コリアンタウンである東京・大久保などではよく見かけるが、人気の導火線までいまひとつ。このままだと第1の波止まりで爆売れすることなく終わってしまうかも……なんて思っていたら、スーパーの冷凍食品コーナーに置いてあるのを発見した。もしかしたら知らないところで第2の波が来てた?

・冷食のハットグを買ってみた

というワケで冷食のハットグを購入してみた。値段は598円で3本入り(1本あたり80g)。原産国は韓国で株式会社アサヒコが輸入しているようだ。

商品説明を読んでみると……ふむふむ。パン粉のカリカリ食感、そして伸びるモッツァレラチーズが特徴らしい。テレビで見ていたアレが自宅でできる……そう思うといい歳でもちょっとワクワクするものがある。それではさっそく実食!

・すぐ出来上がり

調理方法はメチャ簡単。袋を少し切り、そのまま電子レンジで温めたらOKだ。

パン粉をカリカリさせたいならば、皿にのせてレンチンして1〜2分冷ますといいらしい。とりあえずはノーマルでいいかな〜なんて思っているうちに……

あっという間に完成である。あとは中に入っているチーズが思い切り伸びてくれるのに期待! まずは一口食べてみると……おおぉぉぉ!

周りはサクサクしていて、パン生地部分はもちもち。そして中にはチーズがトロリンチョ! これだ……これを食べれば……!!

伸びる! すっごい伸びるよ!!

なるほど、なるほど。実は初めてハットグを食べたのだが、これなら映えが期待できる上に味の方も普通に美味いからそりゃNEXTタピオカと言われるワケである。

ちなみに同商品は、チーズの下にソーセージが入っていて2度楽しめる。保存料不使用のため、子どものおやつなどにも良さそう!

・タピオカ強し

ただ、ハットグはタピオカと同じ土俵に立つと少しばかり分が悪い。サッと買えてサッと飲めるタピオカに比べ、外で食べるにはちと抵抗があるからだ。また、持ち運びも気になるところ。買い食いするにはあまり向いてなさそうだし、わざわざ店内に入って食べるにも量が少なめ……のように思える。

そう考えると、ハットグは冷食&おやつ感覚で食べるのに適してそう。後日、他のスーパーを覗くと同商品が大量に仕入れられていたのでこれから本格的な波が来るのかもしれない。近くにハットグのお店がない人、気軽に味わってみたい人は要チェック!

Report:レンチン原田
Photo:RocketNews24.

タイトルとURLをコピーしました