「オンライン飲み会」をやってみて感じたメリットとデメリット / 直接会うより会話が弾む、すっぴんでもセーフ、飲み過ぎる、終わりがないなど…

未分類
この記事は約2分で読めます。

なかなか外に出られない日々が続いている。世情を受けて流行しているのが “オンライン飲み会” だ。飲兵衛はどのような状況でも、飲むことにかける熱量が高いものだなあと感心する。人のこと言えないけどな。

さて記者も先日、Zoomを使ってオンライン飲み会に参加。はじめるまでは「直接会う方が盛り上がるに決まってる」と思っていた。しかしこれが、楽しいのなんのって……。その時の経験をもとに、オンライン飲み会を通じて感じたメリットとデメリットを挙げてみた。良ければ参考にしてくれよな。

・使い心地よし

オンライン飲み会にも色いろな方法があるだろう。以前当サイトで紹介した “たくのむ” もそのひとつだ。記者はWeb会議サービスのZoom(ズーム)を利用。

ほかのサービスと比べた訳ではないので、あくまで個人的な感想になってしまうが、使い心地は良かった。これまで画面越しで飲むことはもちろん、テレビ電話のようなものは全く活用してこなかった記者。そんな初心者マークの意見を以下に箇条書きにしてみた。

【メリット】
意外と画面が気にならず、目の前で話しているような気分になる。
「一生懸命話を聞かねば」という気になり、直接会うよりも話が弾む(気がした)
スマホやPC越しだと、多少スッピンでも気にならない。
自分が好きなものを食べて、飲んでできる。
外食するより安上がり。
なにより自宅なのでくつろげる。

【デメリット】
とにかく飲み過ぎる。
終電など気にしなくてよいため、エンドがない。
部屋が汚いなど、いつもの生活態度がバレる。うまく使えるようであればバーチャル壁紙を使用したほうが吉。
食べ物や飲み物を追加したくても、自分で用意しなければいけない。
外に飲みに行きたくなる。
直接会いたくなる。

・飲み過ぎには気を付けてね

広い目で見れば、デメリットよりもメリットの方が大きいと感じた。もっと言うなれば、敢えて挙げてはみたがそれほどデメリットはない。ただ、いつもの空間に囲まれているからか、リラックスし過ぎてとにかく飲む量が増えてしまう。

ダメな大人代表である記者は、調子に乗って飲んでいたら部屋の中ですっ転んでしまった次第。この文章を書いている今も、その時に打ったお尻が痛いよ……。加えて終電や帰宅時間を気にする必要がないため、終わりがない。記者が参加したメンバー内では、会話が弾み過ぎて誰一人終わろうと言い出す者はいなかった。

要するに、リアル飲みと同じく楽しくて仕方がない。しかしまあ、これを恋人同士でやろうもんなら会いたくて会いたくて震えるだろうなあとは思う。とにもかくにも個人的には、とってもオススメなオンライン飲み。あなたも機会があれば試してみては? 

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

タイトルとURLをコピーしました