【衝撃の結末】上司が母親とオンラインで「サシ飲み」している様子がなぜか流出! うっかり盗み見したらヤバイことになった

未分類
この記事は約4分で読めます。

自宅にいながら誰かと飲める「オンライン飲み会」が流行っている。相手との距離は関係ないため、遠く離れた友人や家族とも気軽に飲み会が開けるのだ。ところが先日、このオンライン飲み会でちょっとした事件が起きてしまった。

簡単にご説明すると、私(あひるねこ)の上司・Yoshioが母親とオンラインで「サシ飲み」している様子の一部始終が、なぜか社内に流出したのである。なんでやねん! ただ、アホな上司でお馴染みの Yoshioと、その母ちゃんのサシ飲み……まあまあ気になるな。

というワケで、うっかり盗み見してしまったのだが……まさかあんな結末が待っていようとは。この時の私は知るよしもなかった。

・母親とオンライン飲み会

2児の父親ながら、アホにかけては定評がある上司の Yoshio。最近流行りのオンライン飲み会に興味を持ったらしく、母親との久々のサシ飲みに初めて利用してみたようだ。このご時世だと会いたくてもなかなか会えないだろうし、Yoshioにしては至極真っ当なアイデアと言えよう。

とそこへ……

Yoshio母、登場……!

・本邦初公開

母ちゃん来たァァァァァアアア! こ、この人が、Yoshioの生みの親……!! 優しそうな雰囲気だが油断は禁物だ。さあ、一体どんな宴が繰り広げられるのか!? おっとまずは乾杯らしい。

「かんぱーい!」

・サシ飲みスタート

ちなみに2人が飲んでいるのは、アサヒビールの新チューハイ『樽ハイ倶楽部 レモンサワー』。35年以上の歴史を持つ居酒屋で超人気のサワーが、ついに缶商品になって登場したのだ。青い缶のプレーン味『樽ハイ倶楽部 大人のサワー』もあるぞ。

「ウメ~~~~」と相変わらず幸せそうな鳴き声をあげるYoshio。お母さんも「これ、居酒屋さんで見たことあるねぇ」と興味津々のご様子である。家にいながらにして居酒屋気分を味わえるという意味では、『樽ハイ倶楽部』はオンライン飲み会にピッタリの缶チューハイと言えるだろう。

・Yoshioのオススメ

さあここで、Yoshioがおつまみに料理を持ってきた。どうやらお手製のから揚げのようだ。Yoshioさんが作ったの? へ~、おいしそうじゃないですか。

Yoshio「『樽ハイ倶楽部 レモンサワー』には、から揚げみたいな脂っこい系の料理がめっちゃ合うんだよ! あとチャーハンとか餃子ね。柑橘の香りが爽やかな『樽ハイ倶楽部 レモンサワー』と、熱々のから揚げの組み合わせがマジ最高! ウメ~~~~~~」

さっきからヤギみてぇだな、このおっさん。しかし、子供のようにはしゃぐ Yoshioを見守るお母さんの眼差しは、心なしかとても穏やかだ。

「あんた、ホントにから揚げが好きだねぇ。昔は『今日の晩ごはん何がいい?』って聞いても、いつだって『から揚げ』としか答えないもんだから、お母さん困ってねぇ。お前をから揚げにしてやろうかってよく思ったものよ」

Yoshio「いやいや、そこは蝋人形でしょ! はははははは!!」

何だよこの会話!

すると今度は、Yoshioの子供の頃の写真が飛び出したぞ。

「そういえばこの前、お姉ちゃんがアルバムの整理をしてたらね、あんたの小っちゃい時の写真が出てきたよ(カメラに近付ける)」

Yoshio「へー! その写真初めて見るかも!! そうだ母さん。なんか姉ちゃんから聞いたんだけど、子供の頃、オレの頭がデカすぎて病院に連れてったってホントなの?

いや、さすがにそれは……

「そんなこともあったねぇ」

あったのかよ!

後日、Yoshioに件の写真を送ってもらった。まあ大きいような気もしなくはないけど……Yoshioの割にはそこまで面白くはなかった。ぶっちゃけ、お母さんのインパクトに持って行かれた感がある。

・大成功

予想に反して(?)終始和やかに進んだ Yoshioとお母さんとのオンライン親子サシ飲み。どうやらそろそろお開きの時間だ。Yoshioさん、いい親孝行ができたんじゃないですか? 私も今度やってみようかな……。ところがこの後! ほろ酔いのお母さんの口から、衝撃的な事実が語られる。

Yoshio「今日は楽しかったよ! じゃあまた!!」

「はーい。Yoshioも体に気を付けなさいね。あ、そういえば今思い出したけど、あんたホントは Yoshioじゃなかったのよ。フフフ(笑)」

え!?

Yoshio「え!?」

「なんかいろいろあってねぇ。最初は〇〇になる予定だったの。お姉ちゃんたちは知ってると思うけど……知らなかった? やだごめんなさい(笑)それじゃおやすみ~

──通信終了。

・まさかの結末

後日聞いた話によると、ほぼ決まっていた名前が漢字の画数等の都合で急きょ変更になり、役所に届ける直前になって今の名前に変わったそうだ。ここでは便宜上「Yoshio」のまま書かせていただくが、分かりやすく例えると、つまりこういうことである。

【悲報】Yoshio、実はToshioだった

– 完 –

※ちなみに言い忘れたが、「GetNavi web」では親父とのオンラインサシ飲み記事が公開中だ。こちらもぜひチェックしてみてくれよな!

参考リンク:樽ハイ倶楽部
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

タイトルとURLをコピーしました