ラーメン二郎のテイクアウトが最高だった / あらゆる束縛から解放された、最も自由な二郎

未分類
この記事は約5分で読めます。

新型コロナウィルスの影響で、多くの飲食店がテイクアウトにシフトしつつあり、自炊をしなくとも従来以上に家での食事が充実してきている。素直に喜んでいいのかは何とも微妙なラインではあるが、一つだけガチに「テイクアウトの方が良い」と思えたものがあった。

それは、ラーメン二郎のテイクアウト。新型コロナ以前から、ごく一部の店舗では「鍋二郎」と称して実施されていたこちら。新型コロナが原因で始めた店舗や、完全にテイクアウトのみにシフトした店舗も。この機会にテイクアウトしてみたところ、滅茶苦茶最高だったぞ!

・詳細は各自

実際にラーメンについて述べる前に1つ断っておかねばならぬことがある。テイクアウト実施店舗については、申し訳ないが各自で探していただきたいのだ。ラーメン二郎は、例えば松屋やマクドナルドのような、全店舗でほぼ同じサービスを提供するスタイルのチェーン店とは違う。

全店舗でサービスの内容を統一しているわけではないのだ。テイクアウトを実施している店舗についても、そもそも実施していることを宣伝していなかったり、抽選式だったり、テイクアウトの内容や値段が違ったり、テイクアウト開始時間が違ったりと共通点はほとんど無かった

また、行列が増えるのはコロナ的にリスクがあるという意見も。ということで、店舗の情報は伏せることにした。多くの店舗は独自にTwitterやHPを持っており、テイクアウトについての記載があったりもする。自宅や職場近くの二郎で実施されていたらラッキー程度でお願いしたい。

・容器持参で

それでは本題に入ろう。筆者が今回テイクアウトした店舗は、容器持参だった。最初から麺、スープ、チャーシューを真空パック的なものにしてくれるところなどもあったので、全店舗で容器持参とは限らない。それぞれ確認してほしい。

今回の場合、鍋なりタッパーなりを持っていくと、そこにサービスでスープをドバドバと入れてくれるスタイル。あくまでお金は麺とチャーシューにしか払っていない。容器が無くても購入可能だが、その場合はスープ無しになる。

自前でスープを用意して、二郎の面とチャーシューを使ったオリジナルラーメンを作っても、それはそれでいいかもしれない。今回はあくまでも二郎を家で食べたかったので、4.6リットルほど入るデカいタッパーを急遽用意。

小脇に抱えて店舗に赴き、麺3人前にチャーシュー1本、そして大量のスープをゲット。

麺は3人前で1セットということだったが、およそ1.5キロほどあって重い。お店の人によると、食べる前に最低でも7分ほど茹でるよう言われた。既に結構な量だが、これが水を吸ってさらに増えるわけだ。

スープはいったいどれくらいあるのかよくわからない。入れてくれる量はお店の人の匙加減。というか、サービスなので入れてくれるだけありがたいというもの。眺めていたが、ニンニクも背脂も相当入っている気がする。見た感じだとおよそ2リットル近い。どうすんだよこんなに……

そして何よりテンションが上がったのは、チャーシューである。購入した店舗では1本1000円だった。自宅に二郎の豚が丸々1本あるというのは、なんとなく精神的に強くなれる気がする。「オレの家には二郎のチャーシューが1本あるんだぞ? わかってんのか?」的な、謎の自信に満ちてくる

・家で食べられるが故の解放感

食べ方については、家なので完全にフリーダムである。好みの量を茹でて、好きに食べる。これが実にいい。二郎というと、ヒリついた空気の中、初心者には意味不明な注文の呪文を唱え、粛々と膨大な量のラーメンを胃に詰め込んで素早く退店する……的な。もはや何かの競技じみたイメージがあると思う。

その辺はなんとなくご存じだろう。実際そういう店舗もそれなりにある。単純に超人気店で、回転率を高めるためだったりする場合が多い。あるいは、独自のルールを作りたがるカルト的ジロリアンが多数通っており、彼らによって秘密結社化が進みまくったニンニク臭い地獄のような店舗だったり。

一方で、注文の仕方も独特の「ヤサイマシマシカラメマシアブラスクナメニンニク」といった呪文じみたものではなく、普通のラーメン屋のように「野菜どうします?」「多めで」「ニンニクは?」「少なめで」のように、会話して注文できる入りやすい店舗もある

どの店舗がどんな具合かは正直入ってみないとわからないため、初見の店舗に行くときにはいつでもそれなりに緊張感がある。二郎というだけで、他のラーメン屋よりも精神的ハードルは多少高い気がするのだ。

しかし、家で食べるならもう何をしていてもいい。量も自由だし、Netflixを見ながらスマホでソシャゲをやるなどして、のんびり食べても全く構わないのだ。後ろで並んでるジロリアンもいないしな。

また、いつかやってみたかった「チャーシューのカタマリをそのままかじる」という、多くの人々が心に秘めつつも実行することなく人生を終えてきたであろう大望も、かなえることができた。ガチにラーメン屋のチャーシューというのもテンション上がる。

それにしても、こんなにリラックスした状態で二郎を食べるのは初めてな気がする。二郎を食べるってのはエクストリームスポーツの類じゃなかったんだな。心に余裕があるからか、いつもより二郎が美味く感じる。量もやや少なめにしたので、「美味いが多くて腹が苦しい」的な問題も回避できる。

家で食べる二郎、マジで最高。一応欠点を挙げるなら、シンクがとんでもないレベルで脂まみれになること。そして、全てを覆いつくすニンニクの香りである。まあ、外出自粛はしばらく続きそうだし問題ないか。もし近所の二郎でテイクアウトをやっていたら、是非ゲットするべきだ。テイクアウトこそ、最高の二郎体験ができる説を主張したい。

Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

タイトルとURLをコピーしました