【おうち時間】発酵させる必要なし!「クイックブレッド」を作ってみた / 漫画『いつかティファニーで朝食を』にも登場

未分類
この記事は約3分で読めます。

マキヒロチさんの漫画『いつかティファニーで朝食を』を読んでから、ずっと気になっていることがある。それは「クイックブレッド」の存在だ。なんでも発酵いらずなパンであるとのこと。時間も30分弱あれば出来あがるというお手軽さだ。材料もスーパーでサッとそろえられそうだ。

となればもう、作る以外の選択肢はない。いそいそとチャレンジしてみたのだが……なんと、簡単なハズなのに失敗! 記者は何故か、昔から粉モンとの相性が悪いのだ。気を取り直して再挑戦してみたところ、無事に完成。自らの反省も含め、作る上でのポイントを以下にまとめてみた。

・混ぜて焼くだけ

ひと口にクイックブレッドと言っても、色いろな作り方があるだろう。記者は冒頭に挙げた『いつかティファニーで朝食を』にのっとってみた。漫画とは多少異なる点はあるが、基本的には材料をそろえて混ぜて焼くだけだ。とってもシンプルである。失敗しどころがないのだが、なぜ失敗したかは後ほど触れるとして、まずは作っていくぞ。

ちなみに、漫画に出てくるレシピを知りたい方は『いつかティファニーで朝食を(2巻)』を参照していただければ幸いだ。

【材料】
小麦粉(もしくは薄力粉):270~300g
きび砂糖:大さじ1~2
ベーキングソーダ:小さじ2分の1~1
バター(できれば無塩):15グラム程度
牛乳:100~150g
ヨーグルト:170~180g
塩:少々

【作り方】

1. 小麦粉と砂糖、ベーキングソーダと塩をボウルに入れる。冷やしたバターを潰すようにして、それらに混ぜ合わせていく。

2. あらかじめ、牛乳とヨーグルトを混ぜておく。あまりシャバシャバし過ぎない程度が良い。

3. 2を1に混ぜる。1の具合を見ながら、ゆっくりと混ぜ合わせていく。

4. 好みでレーズンなどを入れ、手でこねる。オーブンを温めておく。

5. 4をいくつかに分ける。クッキングペーパーの上に並べ、包丁でてっぺんに切れ目などを入れると良し。

6. 210度のオーブンで12分焼く。様子を見ながら前後上下を入れ替えて、プラス6分焼いたら完成。

・ワインにも合うぞ

さて作り方を見ていただくとわかるように、とても簡単だ。しかし気を付ける点があるとすれば生地の状態だろう。記者ははじめ、はかり(スケール)を使ってキッチリ分量通りに作った。なんだか生地が緩めだなと思いつつだ。その不安は的中し、イマイチ膨らまず、べちゃっとした仕上がりになってしまった。

粉や牛乳などの、温度の問題もあるのだろう。よって量ることも大事だが、自分の感覚を信じてほしい。生地が手に吸い付くように、そしてある程度水分は少な目。加えて手で容易にまとめられるくらいがベスト……だと思う。まあ1度や2度失敗したところで、たいした時間はかからないので大丈夫だ。

また記者はこぶし大のサイズにしてしまったため、漫画に記載されている「180度のオーブン」では火の通りが悪いと判断し、210度で焼き上げた。自らがこねて形成したモノの大きさから、温度も調整する必要があるだろう。はじめは180度で焼いておいて、足りないなと思えば少し温度を上げると良いかもしれない。

さあ、できたてアツアツを食べてみよう。手にした感じはズッシリとしていて、食べ応えがありそうだ。半分に割ってみると、小麦の良い香りが漂う。口に入れると、甘さは控えめでとっても優しい。スコーンをモッチモチさせたような食感と、味わいだ。美味しいではないか。

『いつかティファニーで朝食を』では朝ご飯に食べていたが、晩酌のツマミとしても良い。ワインにめちゃめちゃ合うぞ。なにはさておき、発酵ありきなパンを作ろうとするとハードルが高いが、クイックブレッドならば挑戦しやすいだろう。今からでも作ってみてくれよな~! 

参考リンク:新潮社『いつかティファニーで朝食を(2巻)
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

タイトルとURLをコピーしました