【通販可】一蘭から麺が主役の「艶麺」が登場 / 初の平打ち細麺は圧倒的にしっとり滑らかだった!

未分類
この記事は約2分で読めます。


福岡発祥の人気とんこつラーメン店「一蘭」といえば、濃厚かつコクのあるスープはもちろん麺もバリうま。麺専属の職人が長い年月をかけて生みだした麺は、そのまま食べられるほど。替玉をスープに投入する前に、そのままズズッと味わうファンも少なくないだろう。

そんな一蘭が「麺を存分に楽しめる」商品を発売したのはご存知だろうか。商品名は『艶麺(つやめん)』。一蘭初の平打ち細麺で、乾麺でありながら生麺のようにしっとり滑らか、小麦の甘さや香りが際立っているらしい……食べるしかねえだろ! ってことで買ってみた。

・艶麺

艶麺は一蘭の公式通販サイトの他、国内の全店舗、小売店などでも購入可能。ラインアップは「生姜香る特製辛味だれ」「柚子香る再仕込み醤油だれ」の2種類で、私は一蘭らしい赤いパッケージが特徴的な「生姜香る特製辛味だれ」を購入した。2食入りで650円。

作り方はいたってシンプル。沸騰したお湯で麺を2分30秒茹でてから……

よく湯切りした麺を器に盛って「たれ」を投入。

よく混ぜたら……

完成だ。このスピード感、とてもよろしい。3分あればイケる。なんというか、冒頭でもお伝えしたとおり、普段から替玉をスープに浸す前に “そのまま1口味わう” ファンとしては「これで完成」というのがたまらん。麺をまるごと直食いできる日が来るとは……。

さて、本来であれば「味集中カウンター」でいただきたいところ。実は今回、ダンボール等を使ってカウンターを自作しようと試みたが、逆に全く集中できない予感がしたため作成途中で破壊した。余計なことはせずにシンプルに味わいたい。それでは、いただきます。

うむ、うまい。第一印象は、しっとりなめらかな口当たりで、思ったよりもまろやか。ちなみに辛さに抑揚をつけるために、粒の異なる唐辛子をブレンドしているらしい。そんで生姜を加えて旨味や風味もアップしたから、予想以上にまろやかなのだろう。

・あえて具材を追加投入するなら

もちろん、そのままでも十分。ただ、あえて何か具材を追加投入するのであれば……個人的には、心地良い辛味としゃきしゃき食感が楽しめる「メンマ」を推薦する。名脇役であるメンマが本来の実力以上の力を発揮するはずだ。

・麺職人の真価が問われる艶麺

シンプルであるがゆえに誤魔化しがきかない“麺が主役” の艶麺。たしかに乾麺でありながら生麺のようにしっとり滑らか……さすが麺職人が日々研究開発をして生み出した商品であった。

機会があれば、いつもの一蘭ラーメンと一緒に買ってみてはいかがだろうか。職人の本気度に衝撃を受けるだろう。

参考リンク:一蘭公式通販サイト「艶麺」
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

タイトルとURLをコピーしました