【100均検証】ダイソーの水槽用「ガラスクリーナー マグネットタイプ(200円)」が思ってたんと違った

未分類
この記事は約2分で読めます。

100円グッズに過度な期待は禁物である。たとえそれが100円でなく200円であったとしても、絶対に油断してはならないのだ。そんな当たり前のことを……なぜ私は忘れてしまったのであろうか。200円だからか?

ということで今回ご紹介したいのは、ダイソーの「ガラスクリーナー(水槽用・マグネットタイプ)」である。先述のとおり価格は200円。100円の2倍。だからこそ私は安心した。娘が連れてきた彼氏の肩を笑顔で「ポン」と叩くほど信頼していた。ところが……!!

パッケージには、ハッキリと「水槽に付着したガンコなコケも手を濡らさずにお掃除できる」と書いてある。そして私の水槽には……

まさしくガンコなコケが付着していた。

そう、このガンコなコケを落とそうと「ガラスクリーナー」を購入したのである。200円だし、はっきりと「お掃除できる」と書いてある。役者は揃った。疑う余地もなかった。期待というか「当然」だと思っていた。

本体はマグネットになっていて……

持つ側は外、掃除する側は内……とガラスを挟むように使えば「手を濡らさずにお掃除できる」という仕組み。ちなみに、掃除する側の表面は……

いかにもコケが落ちそうなボコボコ構造になっている。

ところがだ。

……

……ん……

……え……

……ちょっと……

ほぼ何も変わってないんだけど……!!

「水槽に付着したガンコなコケ」どころか、付着し始めと思われる「ガンコじゃないコケ」も取れてないぞコレ! 絶対に間違いない商品だと思って2面用に2つも買っちゃった(400円)じゃないかよオイ! マジかよ……!!

おそらくだが、コケ落とす側の「ボコボコ」がポンコツなうえ、磁力も弱いから思うようにコケが取れないのだと推測する。磁石が弱いといえば……

掃除してる最中、何度コンビが離れ離れになったことか……。「200円だから大丈夫」だなんて思わないほうが良いということを再確認した出来事だった。

結局その後、水槽の中に手を突っ込みながらメラミンスポンジで掃除した。思い切り手を濡らして掃除した。だが、まだイマイチ完全にキレイにならなかったので……

再びダイソーにて、よくあるクリーナー(100円)をゲットして、

掃除してみたのだが……

あんま変わらねぇ〜〜〜! これまたイマイチだったぁ〜!! 100円でも200円でもダメなモノはダメ! もう「手を濡らさないでガンコなコケを落とす」だなんて思うのはやめようと思った。ちゃんとしたスクレーパー等でこそぎ落とさないとダメだねコリャ。大反省。

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む

タイトルとURLをコピーしました