【在宅勤務】300円の掃除機を買ってきて机を掃除しました!

未分類
この記事は約3分で読めます。

『ドン・キホーテ』といえばスペインの作家ミゲル・デ・セルバンテスの小説作品ではあるが、日本においては何でも揃うディスカウントスーパーの印象が強い。ドンキは言わずと知れた「驚安の殿堂」。品数が豊富なだけでなく、商品を安く提供するお店として親しまれている。

さて、そのドンキで驚くほど安い商品を見つけてしまった。それはUSB給電の掃除機である。値段を聞いて驚くなよ、税別300円! 300円の掃除機ってどんなのだよッ!? ということで、購入して机を掃除しましたよ!

・値下げしました!

在宅勤務が長く続くと、思わぬものが壊れたりする。私(佐藤)の場合は、USB接続できる電源タップ。それにiPhone用のLightningケーブルだ。それぞれ家と事務所に置いており、今までであれば使用頻度は半々だった。しかし、テレワークで家のものだけを使い続けた結果、感度がおかしくなってしまった。

そこでドンキへ買いに出かけ、電気まわりの商品を物色していたところ、「USBミニ掃除機」なる商品が目に留まった。

だって、お値段なんと……。

値下げしました! 300円+税

通常価格税別998円でも十分安い気がするけど、その3分の1まで価格が下落しているじゃないか! 安い、安すぎる!! “驚安” はダテじゃない!

・いざ、掃除!

もちろん迷わず購入。ちょうどハンディクリーナーが欲しいと思っていたところなので、私にはおあつらえ向きだった。中身は本体とノズルが2種。

本体のキャップを外すと、フィルターを取り外すことができる。フィルターは水洗いも可能で、乾かして繰り返し使用できるそうだ。

ちょうどこういうのが欲しかった! というのも、先日取り寄せた仙台銘菓『霜ばしら』の存在である。とても美味しい飴なのだが、あれを食べるとどうしても机が汚れてしまう。らくがん粉で満たされた缶を開けると、そこらじゅうに粉が散らばってしまうのだ。

ティッシュでかき集めてゴミ箱に捨てる手間を、もう少しスマートにできないか?

それを実現するのが、このミニ掃除機である。

パソコンのUSBポートにコネクタをブッ刺してスイッチオン! 起動時の立ち上がりは大人しい感じだったが、すぐに本気出してきた! お、イイ感じ!

View this post on Instagram

ドンキで買った300円のUSB掃除機

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on

先端のノズルをブラシタイプに替えると、ワイヤレスキーボードの掃除もできた。う~ん、なかなかナイスだ。

総合評価としてこの商品は79点! 評価を上げたのはなんと言っても価格だ。ただ、ややパワーが乏しいがゆえに、大幅値下げに踏み切られた感も否めない。願わくば長持ちして欲しい。在宅が続く限り、この掃除機を使っていこうと思う。おわりです!

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

タイトルとURLをコピーしました