【ポケモンGO】連続イベント「ジェネレーションチャレンジ」ホウエン地方編スタート! 今週の目玉は…

未分類
この記事は約3分で読めます。

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! ブラッキー帽子の色違いピカチュウは捕れたかな? お兄さんはリザードン帽に続き、ブラッキー帽子の色違いピカチュウも家でゲット! こりゃ我が家に色違いピカチュウが住んでいる可能性も出てきたよね。ずっといてください、色違いピカチュウ様!!

それはさておき、4週 + αで開催される大型イベント「ジェネレーションチャレンジ」も3週目の『ホウエン地方編』に突入した。ズバリ、今週の目玉はというと……!

・イベント第3週

4週間以上に渡り絶賛開催中の大型イベント、ジェネレーションチャレンジ。今回お届けするのは2020年5月15日(金曜日)から22日(金曜日)13時まで開催される『ホウエン地方編』の内容だ。

お察しの通り、第3世代『ホウエン地方』のポケモンがジャンジャン出てくるイベントとなっており、内容自体はここ2週間で開催された「カントー地方編」「ジョウト地方編」とほぼ同じと理解していいだろう。まずはボーナスを含む、イベント内容をご覧いただきたい。

・ 野生のエネコやザングースなど、ホウエン地方のポケモンがいつもより多く出現
まれに色違いエネコが出現
・ ホウエン地方のポケモンがレイドバトルにも登場
・ ハスボー、ナマケロ、ツチニン、エネコ、ヤミラミ、クチート、ヒンバス、パールル、ナックラーが7kmタマゴからかえる
・ 野生でレックウザハットをかぶったピカチュウが出現
・ タマゴをかえすのに必要な距離と、相棒ポケモンがアメを獲得するのに必要な距離が半分

まず、今回のイベントで初実装となったのが「色違いエネコ」である。普段からちょいちょい野生で出現するものの、爆湧きするポケモンでもないため、イベント中は気合いを入れてタップし続けたい。また今回も「レックウザ帽ピカチュウ」に色違いが実装されている。

ボーナスはタマゴの距離半分と、相棒のアメの距離半分だから、期間中は結構な勢いでタマゴが割れるハズ。エネコのみならず、普段はほとんど出現しない「ツチニン」も7kmタマゴからかえるので、色違いツチニンを取り逃した人はこの機会に7kmタマゴを割りまくろう。

さらに今週も特別なタスクを3個 × 8セットクリアすると、“ほのおのパンチ” を覚えた「グラードン」がゲットできる。特別なタスクの難易度は決して高くないので、日々コツコツとタスクをこなしていこう。もちろん “色違いグラードン” の可能性もアリだ。

・日本でハブネークは出ない?

なお、予告されていた「ハブネーク」に関しては、現在のところ日本での出現は確認されていない。昨年9月以来の日本登場はどうやらおあずけのようで、激レア「色違いハブネーク」のゲットチャンスはまたの機会になりそうだ。スーーーーン。

最後に現在までに判明しているイベント限定の「フィールドリサーチ」のタスクと報酬をご覧いただこう。

・ トレーナーと対戦する → ワカシャモ
・ ポケモンを交換する → ラルトス
・ おやつを1個あげる → ヘイガニ
・ ギフトを2個贈る → キモリ
・ ノーマルタイプのポケモンを3匹捕まえる → エネコ
・ 相棒と遊ぶ → ハスボー
・ ポケモンを1匹進化させる → ユキワラシ

まとめると、今週の目玉は「色違いエネコ」と「レックウザ帽子の色違いピカチュウ」となるだろう。ハブネークが日本でも出現すれば、目玉はぶっちぎりで「色違いハブネーク」であったが、まずは目の前のエネコとピカチュウを捕まえ続けよう

その他、トレーナーバトル用のミズゴロウを捕まえたり、取り逃しているホウエン地方の色違いポケモンを追いかけたりと、やれることは多くある。引き続き、おうちポケ活が中心のトレーナーも多いだろうが、各自無理のない範囲でポケモンGOを楽しんでいただきたい。それではトレーナー諸君の健闘を祈る!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. c1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)

タイトルとURLをコピーしました