【今さら出会えた】あの『ウエスト』もオンライン販売しとったばい! なぜ今まで気付かんかったのか… 後悔の涙で玄界灘があふれるレベル / 福岡のうどん

未分類
この記事は約3分で読めます。

「フライデー」に付随する言葉と言えば……「ウエスト♪」一択である。間違っても “プレミアム” や “パパラッチ” などではない。答えられなかった人は、ちゃんと覚えておくように。ここ、テストに出るからな! なんのこっちゃ、という方へ。ウエストとは福岡県民にはお馴染みの、うどん屋さんのことだぞ。

福岡に縁ある人間にとって、ウエストのうどんは故郷の味と言っても過言ではない。そのウエストが、だいぶ前からオンライン販売をしてたって知ってた? 資さんうどんにばかり気を取られていて、見逃してたぜ。さっそく注文しなければっ!!

・ウエストは我が家の味

まずは冒頭の「フライデーウエスト♪」について、説明しておこう。ウエストのCMが流れる地域の人にとっては、耳タコの文句に違いない。金曜日は全店で多くの商品が割引になるため、フライデーはウエストに来てという意味なのだ。ただでさえ安いのに、金曜は激安になるんだから、つい行っちゃうよな。

ウエストは1966年、現・福津市に1号店をオープン。福津市は、記者が生まれた宗像市のすぐ隣の市である。なるほど、実家の近所に店舗が多かったわけだ。ウエストの公式サイト情報によると、できたばかりの頃はガラス張りのレストランで、新しいライフスタイルの先駆けだったのだとか。

そんな、しゃれとる感じの店だったとは。とにもかくにも、記者のまわりの人たちは、食事に迷った時は取りあえずウエストに行っていた。土地柄だろう。記者にとって、資さんは親戚のようであったが、ウエストは家族のような関係なのだ。つまり、ウエストは我が家の味ってな感じである。

・出汁がウマい

さて、そんな愛すべきウエストがオンライン販売されているとは。なんでも5年も前から行っているというが(2020年5月現在)、なぜ今まで気付かなかったんだ……! あまりに悲しすぎて、涙で玄界灘をあふれさす勢いだ。まあ、それはちょっと大げさにしても本気で落ち込んだことは事実。

うじうじ後悔しながらも、ネットでポチっと「ウエストの肉うどんセット 4食入り(税込2500円)」を注文する。ものの数日で届いたボックスに、プリントされたウエストのロゴを見ただけで、すでに心がほんわかだ。実家に帰った時のような、そんな感覚だ。

冷凍された出汁や麺、具を解凍しすぐさまいただく。うむ、店で食べるあの味そのものだ。ウエストにはウエストならではの特徴があって、食べた瞬間にわかる味だ。かつおだか、あごだしだかの風味が強いように思う。そこがウマいのだ。また麺が博多うどんにしては、少々硬め。讃岐うどんほどのコシはないが、やわやわではない。 “にゅるにゅる” ぐらいなのだ。

落ち着く。この味はとても落ち着く。これは記者が福岡県民だから、という訳ではないだろう。出汁の力が大きいようにも思うが、日本人であればその細胞に訴えかけるナニかが、ウエストのうどんにはある。あっという間に完食してしまったため、取り急ぎもうワンセット注文することにしよう。フライデーじゃなくてもウエスト♪ 

参照:WEST(ウエスト)オンラインストア
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

タイトルとURLをコピーしました